2005年 8/21 Updated
 

JA1AYC 松本正雄さんのWebサイトDiscover HAM LIFEIRBS(国際郵便料金受取人払い)についてのコラム68=料金受取人払い を読み、これは従来のQSL交換の常識を覆す良い方法と思いました。
早速、自分で使うことができると考えてIBRSを申請してみることにしました。

アメリカから届いたUNITEDの国際郵便受取人払いの封筒。
サイズは21.7×12.1cm

■実際に申請して見ますと、思いのほか簡単に利用できることが分かりましたので、封筒の作り方と申請書の書き方などをここにレポートさせていただきます。DXを愛好される皆さんにお勧めしたい「国際郵便受取人払」の制度です。この機会に積極的に利用されてみてはいかがでしょうか。

用意するものは次の3点です。
(1)郵便物の印刷見本
(2)封筒
(3)申請書 以上の3点です。

■一番厄介なのは(1)の印刷見本の作成です。ここではIllustratorというデザインソフトで作成しました。
具体的な規約は次のゆうびんホームページに掲載されていますから、詳しくはそちらをご覧ください。
(2)の封筒は返信に使用する現物を持参しました。念のため内容物としてはQSLカードが入ることを説明するために、1枚カードも入れておきました。

(3)の申請書は郵便局の窓口に用意されていますから、実際には(1)の印刷見本を制作して封筒、QSLカード1枚、印鑑を持参すれば、その場で申請することができます。

    
 
■郵便物の印刷見本


■この印刷見本を作成するのが一番手間がかかります。

■そこで 期間限定で印刷見本が必要な人の分をボラ ンティアで作成いたします。

SASEを2通お送りいただけば、1通目で印刷見本を作成し、申請の許可が下りたら電 子メールで知らせてもらって、2通目のSASEで、その番号を印刷した用紙をお送りするというのはどうでしょうか。 日置 隆詞

版下作成サービスをすべて終了しました。2005.08.21

 

■IBRSの版下作成サービス(無料)
多くの方にIBRSの問い合わせをいただきました。できる限り版下作成サービスを提供させていただこうと思います。
これから版下作成サービスをご希望の方は、次の情報をメールしてください。

版下をご希望の場合は


 1)配達局の名前(英文)  2)同(和文)  3)氏名(和文)  4)同(英文)
 5)コールサイン  6)郵便番号  7)住所
和文・県名から記載のこと
 8)県名(英文)
これをもとに申請用のデータを作成します。

そして、郵便局から次の番号が知らされたら、もう一度メールをお送りください。

a)承認番号  b)有効期間  c)専用の郵便番号

専用の郵便番号は、郵便局によっては用意されないところもあるようです。 このような試みも、双方向のインターネットマガジンならばこその活動だと感じております。

  読者からのお便り

こんにちは。JH7BZR岩渕と申します。いつも楽 しく読ませて頂いております。 IBRSの情報ありがとうございました。
日置さん のお手を煩わせることもなかろうとWORDで作っ たサンプルを持って行ったところ、何の問題も無く受け付けられました。十分活用させて頂きます。 どうもありがとうございました。
DE JH7BZR & KA1I 岩手県胆沢町 岩渕 ex V63IA & FG/JH7BZR/P jh7bzr@arrl.net http://homepage1.nifty.com/jh7bzr/

  Q & A

 封筒はエアーメールのものを使用するのですか?
 私は無印良品の20枚160円の封筒を使用しています。サイズは葉書がちょうど入る横162ミリ、縦114ミリです。

 版下データをディスプレイで見ているときは料金後納を示す3本の線の太さは同じように見えますが、印刷してみると太さがまちまちです。これってどうすれば直りますか?
 使用しているプリンターの種類によって、そのような不具合が生じているようです。一度機種の違うプリンターでお試しください。なお、版下データは郵政省の示す要件に沿って作成しています。

Q IBRSを利用する利点はなんですか?
 返信用のGSやIRCの過不足を考える必要がありません。また、万が一郵送事故で相手に届かない場合でも。GS、IRCの損失はありません。

Q IBRSの費用はいくらかかりますか?
 申請は無料です。期限は2年間です。受け取る場合は1通につき郵便料金110円+後納手数料15円を支払います(第2地域の場合)。

Q 印刷にはどのようなソフトが必要ですか?
 Adbeのアクロバットリーダーの無料版がインターネット上に登録されていますから、それを入手してインストールして置いてください。版下データの加工は出来ませんが、表示と印刷は無料で試すことが出来ます。

Q 申請から許可まで、どのくらいの日数でできますか?
A 私は申請から許可の書類が届くまで4日でした。完成形の版下データで印刷した封筒を2枚、見本として窓口に届ければ、即日IBRSサービスを利用することができます。

 
■料金受取人払承認申請用紙(左)と料金受取人払承諾書(右)
配達を受け持つ郵便局の郵便課が窓口です。土曜日に郵便局を訪ねましたが、すぐに受け付けてくれました。
利用目的は「その他」として、アマチュア無線業務と記入しました。最小枚数は100枚から。
最長2年が有効期間になります。 (用紙をクリックしますと拡大してご覧になれます)
de JF1GUQ

QTC-Japan.com 2002.03.20
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001