Takashi Hioki , JF1GUQ

[USBポート接続型CWインターフェース]
 
     
 
手作り(JA1CVF製作)のパドル(左)とUSBIF4CW(JG5CBR)の完成品(右)にUSBケーブルを装着したところ

埼玉県所沢市でJARL総会"彩の国総会”が開かれましたので、久しぶりに出かけてみました。総会がはじまる前に何をさておいても隣接のジャンク市会場に出かけました。そこで新旧の無線機やパーツ類を眺めていましたらパソコンのUSBポー トからCWを送出できるインターフェースのキット"USBIF4CW"を見つけました。値段を尋ねると5千円といいます。完成品もあるようですが、「これは面白い!」とキットを選び即座に購入を決めて持ち帰りました。

それから休日がめぐってきてはやる気持ちを抑えながら組み上 げる日がやってきました。小さな蛇の目基板にパーツを載せて配線しますので細かな作業になりますので慎重に進めました。ちょっとしたコツを外さなければ製作に要する時間は1時間ぐらいで十分でした。実際にこのインターフェースを使ってみるとなかなかスマートな運用が楽しめましたので、ここに報告し皆さんの参考に供したいと思います。  

今までもSSTVやRTTY、CWのインターフェースをたくさん製作してきまし た。GSH-PC(SSTV)のインターフェースではオペアンプの中点を取るボ リュームを組み込んだり、ZLogのインターフェースではフォトカプラでアイソレーショ ンを取るようにしたりと、製作者のアイデアに感心しながら、自分でも回り込み対策 に工夫を凝らしてきました。

完成間近の基板にUSBコントローラチップを載せる
基板の裏側、配線の様子
 
     
 
製作キット USBIF4CWの組み立てと実装図
基板にパーツを実装する 部品実装図(参考) 各部品の基板裏面から見た実装位置は図の通りです。破線は裏側(基板表面)を意味します。(キットの説明書から転載)

デバイスマネージャーで”HID準拠デバイス”として認識されていれば成功です。(クリックで拡大します)

今回製作したキットはJG5CBR/1 中茂さんがコー ディネートされているUSBIF4CWという名称のUsbKeyerやEzLogZLogMMTTYMMSSTV ほかに対応したインターフェースです。USBコントローラーチップ Cypress CY7C63001A-PCとフォトカプラを組み合わせたシンプルな構成です。  

USBIF4CWについては私がレポートするよりも数段詳しく以下のURLに紹介されていますので、そちらを ご覧ください。 http://ww4.et.tiki.ne.jp/~nksg/ham/usbif4cw/  

製作は1時間ほどで完成しました。気をつけるところは、LEDの向きと、足の長 さを調整してケースにピッタリになるように加工するところと、パドルを接続する 3.5mmスレレオレセプタクルとKey、PTT端子に接続するモノラルレセプタクルを分け て、間違わないように配線するところくらいです。

付属の実体配線図通りに組み上げ ればOKです。 ノートパソコンのように、RS-232C端子が1個しか実装されていない状態で、トランシー バーの周波数、モードデータを取得しながらzLogでCWのキーイングを行おうとする場合、今まではPCMCIAのRS-232C拡張カードを使用しましたが、このインターフェー スのおかげで高価な拡張カードを用意する必要がなくなりました。 フォトカプラで I/Fとトランシーバの間はアイソレーションが取れていますので、高周波の回り込みにも強いようです。使い心地も満点でUSBIF4CWが大変気に入りました。
 
USBIF4CWの対応ソフトと動作条件 (説明書から転載)
USB Interface for CW・・・パソコンのUSBポートを使用するCWインターフェース

完成したUSBIF4CWインターフェースの外観(キットに同梱のCDから転載)
KEY制御ができる・・・PC側ソフトによるCW/FSKキーイング機能
PTT出力ができる・・・PC側ソフトによるPTT制御機能
パドル入力ができる・・・PC側によるエレクトリックキーヤ機能

[対応ソフトウェア]
・UsbKeyer(CWタッチコーダ:JG5CBR作)   http://ww4.et.tiki.ne.jp/~nksg/ham/usbkeyer/
・EzLog(ロギングソフト:JG5CBR作)       http:ww4.et.tiki.ne.jp/~nksg/ham/ezlog/
・zLog(コンテストロギングソフト:JJ1MED作) http://www.zlog.org/
 Ver.2.0v以上で対応(パドル入力対応(2002/11/04)
・MMTTY(RTTYソフト:JE3HHT作)       http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/mmtty/
・USBIF4CW専用EXTFSK            http://ww4.et.tiki.ne.jp/~nksg/ham/extfsk/
・MMSSTV(SSTVソフト:JE3HHT作)
     http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/mmsstv/
 USBIF4CW専用EXTFSKが必要

[動作条件]
・USBサポートされているWindows OS(Windows98,98Se,Me,NT4、2000、XP)
・パソコンにUSBポートが装備されていること。

[こんな方にお勧め]
・パソコンとリグを連携してスマートに運用したい。
・パソコンのI/OポートはUSBだけ。
・シリアル/プリンタポートは別の機能で使用したい。


[頒布価格]
USBIF4CW 完成品:8,000円 同キット:5,000円

[連絡先]
JG5CBR/1 中茂 睦裕さん (Nakashige Mutsushiro) E-mail nksg@mx4.et.tiki.ne.jp
〒151-0064 東京都渋谷区上原3-26-1-202   http://ww4.et.tiki.ne.jp/~nksg/ham/usbif4cw/
 
USBIF4CWの回路図(参考) (説明書から転載)
 
de JF1GUQ

QTC-JAPAN.COM 2003.06.20
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001