■1日、7〜80件の迷惑メールに悩まされる

5月31日の日経新聞に「総務省が迷惑メール規制強化」に乗り出すと報道されました。私は以前から1日、7〜80件の迷惑メールに悩まされておりました。その対策として最近「Spam Mail Killer」 http://homepage1.nifty.com/eimei/ を導入動作させ,迷惑メールはほとんど削除されて、逆に必要なメールまで削除されていないかと心配になっています。効果抜群です。結果を簡単に紹介して同病相憐れむ方の参考になればと思います。
 
■設定はこのように
設定は、 http://homepage1.nifty.com/eimei/ から「smk2131.lzh」をダウンロードして「LHSA」などで解凍すると「C」ドライブに「SMKset」フォルダーが設けられ、「タスクばーの右端にアイコンが出て起動します。 詳細はフォルダー内のテキスト文書「smksetup」を参照してください。手こずったのは「アカウント登録」で「POPサーバーとユーザー名」を間違え、最初動作しませんでした。
 
■迷惑メールのアドレスを登録する

基本的な動作は次のヘルプファイルにあるように、「Outlook Express ver4.1」でお使いの方もおられると思いますが、迷惑メールのアドレスを登録すること等により、削除するようになっています。 条件設定「通常リストの記述例」が難解ですが、私は単純にアドレスの登録により効結果を得ています。削除条件等の設定例を示しておきますので、参考にしてください。 要は最初からなんでも条件を設定しないで、結果をみて追加することが良いでしょう。

 
必要なメールまで削除されていないかの検証もできますので、「知人リスト」の設定は過去のメールから洗いざらいして登録しておくことと同時にそれらしきメールが削除されたときは徹底した検証が大切です。
 
ヘルプファイル「Spam Mail Killer」Helpから
はじめに
本ツールはスパムメールの削除に重点を置いたメールチェッカー(POPメール専用)です。 メールチェック時に削除条件に該当したメールをサーバー上から自動的に削除します。 また、チェック済みのメールは一覧表で選択して手動で削除することも可能です。
削除条件として以下の項目をサポートします。
キ 差出人リスト(From: 等に関する指定)を使用して削除対象を判断
キ 受取人リスト(To: 等に関する指定)を使用して削除対象を判断
キ 指定アドレス(通常は自分のアドレス)が To: に含まれないメールを削除
キ 日付(Date:)が無いか不正な書式のメールを削除
キ 知人リスト(知人関係の指定)に未登録のアドレスから届いたメールを削除
キ 件名リスト(ヘッダーに対するNGワード指定)を使用して削除対象を判断
キ 件名に「未承諾広告※」「!広告!」「!連絡方法無!」関連が含まれるメールを削除
キ メールサイズが制限値以上のメールを削除
キ キャラクタセットが指定文字コードのメールを削除
キ 本文リスト(本文に対するNGワード指定)を使用して削除対象を判断
キ 件名と本文に2バイト文字が含まれないメール(主に英文メールが該当)を削除
キ 正規表現リスト(Perl5互換のパターン指定)を使用して削除対象を判断
キ 添付ファイルの拡張子で削除対象を判断
キ 複合リスト(複数条件の組み合わせ)を使用して削除対象を判断
キ 拡張リスト(作者制作の複合リスト、編集不可)を使用して削除対象を判断
 
新規に導入された方は、最初に 必須設定 を参照して必要最低限の設定を済まください。
 
■私の削除条件等の設定例
削除条件(差出人リスト)
lightmarvin@annother.com
svruareo@papke.net
ruth@iform.com.au
tkcxpuqv@hotmail.com
YBVCFXWLFBOYIN@email.de
dxsnrrjdigABYN@charlottenc.nefn.com
donna@accessone.com
 
(知人リスト)
ja1fuy@nifty.com
mailto:hiko@mail.pf
vzv21lg@mail6.alpha-net.ne.jp
tomita@funtour.jp
sugawara@jarl.or.jp
kb8nw@barf80.nshore.org
 
(受取人リスト)
yangdo11@ac.mbn.or.jp
ttaka@ac.mbn.or.jp
hirok@ac.mbn.or.jp
ikasas@ac.mbn.or.jp
 
(件名リスト、本文リスト)
!!Viagla
!!SEXUALLY
!!medicine
!!Pharmacy
!!Penis
 
by JA0SC
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2004