★JUNKのバーゲンセールで見つけた! 
 
Windows 10 Proで再生した
HP EliteBook 8440P ノートブックPC
 
HP EliteBook 8440P富士通LIFEBOOK FMVP50ER|
 by Takashi Hioki JF1GUQ/KA8J
 
   
 

いつもの散歩道にあるハードオフ(リサイクルショップ)で変わった催しが行われていました。「本日限りJUNK 30%オフ」というのがそれで、今までそのような機会に巡り合わなかったので「JUNKにバーゲンセールがある」ということに新鮮味を感じました。

Windows 10 Proで再生したHP EliteBook 8440P

店内で物色していると、動作に難ありというHP EliteBook8440P ノートブックパソコンを見つけました。展示棚に置かれた値札は8,000円(税別)でしたが、それの3割引きですから今、決断すれば5,600円で i5CPU、4GBメモリのノートPCが手に入ることになります。

通常JUNKは動作チェックしないで買うのが建前ですが、そのお店には顔見知りになるくらい通っていますので、一言断ってからACコンセントを拝借し、通電チェックでBIOSの更新日を確認しつつ、バックライトの不良が無いこと等、さりげなく品定めしてみました。

大きな傷もなく、キーボードの文字も消えていませんし、ほとんど使用されることなく時間だけが過ぎた感じのEliteBookは2010年のBIOSが搭載されています。商品を確保しつつスマホでHPのサイトから製品情報とアップデートの有無を確認すると、2015年に最終更新のBIOSがあることが分かりました。

 
     
 

 

■メーカーサイトのEliteBook8440Pの製品情報はこちら
 
14.0インチTFT(1,366×768)は持ち歩くのにちょうどよいサイズです。内部を掃除しようと蓋を開けてみましたが、目立つほこりもありません。HDDは取り外されていましたので、これは手持ちの320GBを取り付け、キーボードの下と底面に取り付けられている2GBのRAMモジュールの内1枚を4GBタイプに交換し合計6GBとしています。

再生のめどが立ったところで他にもいつか使うだろうと秋葉原で買っておいたBlu-Rayドライブに交換(中古で1,200円)、メインのPCから最新BIOSデータをダウンロードして、起動用のUSBメモリを制作し、アップデートした後、底面にあるWindows 7Proのライセンス証書を使って新規にWindows 10Pro/64ビットをインストールしてみると、あっけないくらい素直に動き始めました。無線LAN、BluetoothもOSのドライバーでOK。幸運にもバッテリまで生きていました。
 
 
ご覧の様に実験用に使用するには十分な入出力コネクタがありますから、サブ機として活躍させようと思います。
 

HP EliteBook 8440p Notebook PCの概要

軽量、薄型の14.0型ディスプレイ搭載
14.0型ディスプレイを搭載しながら薄さ31.3mm、約2.28kgと軽量化のうえ、標準バッテリで約6.5時間の駆動時間を実現。オフィス内モバイルの用途でもお使いいただけます。卓越した堅牢性とスタイリッシュな外観が大きな特長で、筺体に「HP DuraCase」を採用することにより耐久性を高めています。

インテルR vProテクノロジー対応により、省電力性と高い管理性を実現

インテルR vPro?テクノロジーに対応。省電力、高パフォーマンスを実現すると共に、高い管理性も実現しました。有線LAN接続やワイヤレス接続での遠隔操作やシステム診断、往診、修復などが可能です。さらに、電源をオフにした状態でもリモート管理ができ、ファイアウォールを超えた遠隔設定も実現。システム部門の日々の管理負荷を軽減します。

●仕様はこちらPDF 690Kバイト

 

QTC-JAPAN.COM 2017.12.2
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2017