Makoto Okubo , JA2JSF

ja2jsf@jarl.com
 NEW ⇒ [CT Ver 9.89にエレキ-が付きました]
 
     
  最近 MMTTY を始めました。以前、私がやっていた DOS の HamComm のインターフェー スがそのまま使えることが分かりご報告いたします。

ソフトそのものは Windows ですから使いやすいようですが、ワッチしてみて文字化けなどの変化は感じられません。 しかも HamComm は小文字も対応していますし、#$*% などのキャラクターも当然出まし たが、MMTTY では使えないようです。(私の設定が悪いのかも知れませんが?)

▼ローカル局の勧めもあって、MMTTY をダウンロードし接続方法を調べて見ました。


Transceiver Computer
PTT ---------- SW Tr ---------- RTS (COM-Port 7pin)
FSK ---------- SW Tr ---------- TXD (COM-Port 3pin)
Audio Out --------------------------- MIC (Sound card)

標準的には上記のように接続します。 しかし、最近の COM-Port の無いコンピュータのUSB-Port対応のために、EXTFSK 1.05 が付属されています。

▼この EXTFSK 1.05 では FSK/PTT 出力の変換を行うことができますので、次のように変換 します。


FSK OUTPUT
PTT OUTPUT
[  ] TXD
[  ] TXD
[  ] RTS
[ * ] RTS
[ * ] DTR
[  ] DTR

このように EXTFSK を使えば HamComm Interfaceがそのまま使えます。トランシーバー の音声出力からコンピュータのサウンド・カードのマイク端子へのコードを別に用意すれば即運用可能です。

HamComm Interface の回路


私のコンピュータは、 Windows Me の DOS窓で HamCommを、Windows で MMTTYを運用 できるようになっています。 MMTTY と EXTFSK 1.05 のプログラムは下記のWebサイトからダウンロードできます。 http://plaza27.mbn.or.jp/~je3hht/

 
     
 
de JA2JSF

QTC-JAPAN.COM 2003.08.11
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001