by Hisashi Nakayama,JA1KJW/AK0J

 
     
 
RF-1 HF-ANALYST

RF-1 HF-ANALYSTはAutek Researck(USA)社製、ポケットサイズの小型で便利なのですが全てデジタル表示です。

FREQ(1.2〜35MHz)、SWR、Z(Ω)、L(μH)、C(pF)を測定できます。 すべてデジタルで表示され実際、アンテナを調整する時、周波数とSWRを同時に見たい、表示の遅れもあり見ずらい、何とかSWR信号を探しアナログメータで表示したいと思い検討しました。

結果、その方法として、M型コネクターの所にダミーとして小型のボリュームVR 500Ωを使いSWRを1〜10まで可変できることをデジタル表示で確認する、VRの抵抗Rをテスターで測りました。

SWRの値は 50/R or R/50 で示されます、R=50ΩでSWR=1 25Ωと100Ωの時SWR=2  テスタ-の最小電流測定レンジで基板面をタッチしVRが50Ωの時最小になる点を探します。

****同様にZの値はVRが0Ωの時、電流も最小になりますので間違いのないように注意願います****

基板よりSWR信号を取り出す
結果:写真の位置が良いと判断しました。しかし、メータを入れるとSWRのデジタル値に誤差が出てきますし、電流も 0〜20μA位しか振れないのでメータにアンプを入れデジタル値に影響を与えないようOPアンプの LM358を使用し、10kΩVRを調整して200μAのラジケータで表示できるようにしました。

アンプはLM358を使用し基板に両面テープで張付けました、

B白線がSWR信号、G赤線が5V、C青線がGND、@白線がメータへ(抵抗を入れて振れを調整)。○番号はICのピン番号

 
     
 
■ 改造の詳細を写真で見ると
 
表示部が不安定の為コネクターを外し直結しました。 メータ信号の取り出しは GND端子の隣に穴を開け、信号端子を写真のようにラジケータを取付けました。

 

可変ダミー メータ・アンプ回路
 
私はその後、中身を外してアルミケースに入れました。
 
FINEのつまみは可変範囲が狭く実用性はないので外し、 バリコンは基板から外しボールドライブで減速してFREQ調整が楽になりました。

200μAのラジケータは分解し目盛り板にSWR値を書き張付けました。 パネル面はフリーソフトのJw cadで書き、印刷後 ¥100ショップでラミネートコーティング・フィルムを買い表面に貼り付けてのり付けしました。

10年数年前に買った測定器ですから、最新の製品は回路が変更されているかもしれません。いずれにしましても上記の方法で信号を探し出してください。 アンテナ調整はメータを見ることで調整しやすくなり、SWR値はデジタルで見られます。
 
デザインを一新したRF-1改造
 

RF-1の改造後の内部を見る

RF-1の改造後のサイドビュー
 
 
 
 
de JA1KJW/AK0J

QTC-JAPAN.COM 2009.06.04
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2009