ミズホ通信 ポケットダイポールPAN-62

シュペルトップで性能アップ

By Toru Kato,JG1RVN
 
1.PAN-62の概要
最近FT-817、IC-T81など50MHzを含んだ移動用トランシーバーが大人気です。 50MHzは八木アンテナの使用が多いためFMモードでも水平偏波が良く 使われます。
移動先でも水平系アンテナを使用すると強力に送受信が出来、 さらに付属のホイップアンテナとは違いフルサイズのダイポールは格段に飛ぶことを実感できるでしょう。
そこで、移動運用に、お勧めなのがミズホ通信から発売されている ポケットダイポールPAN-62(\5200)です。

PAN-62の仕様
は表の通りです。
周波数  
50〜144MHz
ロッドアンテナ
10段引き伸ばし(片側全長1.5m)
コネクタ
M型ミリネジ
インピーダンス
52Ω
重量
240g
指向性
8の字特性
V.S.W.R. 
1.5以下

軽くて、とても持ち運びに便利です。インシュレーターの両端にホイップ アンテナをねじ込み、M型のコネクタで同軸ケーブルをつないで ポールに紐で縛って手軽に移動運用で使用できます。 ただし自宅などで使用するときは、ホイップアンテナは雨に弱いため エレメントをワイヤーに変えるなどの工夫が必要です。

2.PAN−62の活用
(1)シュペルトップで性能アップ
PAN-62をチェックしてみたところセンターインシュレーターには整合装置 は入っていないようでした。設置条件によっては、アンテナが平衡で、同軸が 不平衡ですので、同軸ケーブルに漏れた高周波電流が乗ってV.S.W.R.が悪化する ことがあります。この場合、概ね3以下に下がらなくなります。 簡易にこれを防ぐには給電点直前で5D-2Vを直径10cm程度に3回巻いて、 チョークバランにする手があります。今回は手軽な自作バランとして 50MHz用のシュペルトップを紹介しましょう。 これは同軸ケーブルに銅編線を上からかぶせて、同軸ケーブルに乗ろうとする 高周波電流を阻止する形のバランです。

(2)材料

同軸ケーブル5D-2V 
120cmのものを2本
M型コネクター
MP-5(プラグ)を2個
M型中継コネクター
MJ-MJタイプを1個
気工事用ビニールテープ
灰色等を1個
次の材料を取りそろえます 。 同軸は3mほど購入して半分に切って使えば良いです。 え、コレだけでバランできちゃうの?とビックリされるかも しれませんが、できちゃうんです 所要時間は1時間ほどです。

(3)製作方法

同軸を1m20cmに切ったものを2本用意します。 このうち片方はバラン用の同軸ケーブルとして、もう片方は、シュペルトップ の材料として、同軸外皮の銅編線を取り出すのに使います。 片方の同軸ケーブルにカッターナイフで縦方向にスジを入れて切っていきます。 刃による事故を防ぐために軍手着用をお勧めします。 このとき切るのは一番外のビニール被覆だけで、中の銅編線に傷をつけないように、カッターを持った手に神経を集中させて、銅編線にわずかにカッター刃先 が当たるような感じでゆっくりと刃を引いていきます。

30cmくらいずつカット しては同軸ケーブルを送り、なるべく直線状に刃を当てていきます。 刃が通ったら片端から少しずつ被覆を剥きます。 被覆が剥けたら、銅編線を片端から、少しずつ広げるようにして、同軸ケーブル から外していきます。この銅編線はバランになる、もう片方の5D-2Vの外側に かぶせるので、それを計算して、太めに広げて外していくのです。取り出した銅編線は、つぶさないように丁寧に扱います。蝉の抜け殻のイメージですね。バランになる同軸の片方にMP5コネクタを取り付ける準備をします。まだ ハンダはしません。コネクタに合わせて片方の芯線を剥きます。また外皮側は 普段よりも多めに剥きます。このとき同軸のネジ部分を通すのを忘れないようにしてください。
次に外から銅編線をかぶせて、バランになる同軸の外皮側に少量のハンダで 接続します。軍手をして、MP5コネクタを持って、コネクタをハンダ付け します。すると同軸ケーブルに銅編線が上から被った形のケーブル ができます。ここでシュペルトップの長さを決めておきましょう。
50.5MHzの場合、
波長は 300÷50.5= 5.94(m) この1/4波長は 5.94÷4=1.485(m)
同軸ケーブルの波長短縮率約0.68をかけて
1.485×0.68=101cm MP5の根元から101cm分銅編線を密着するように巻き付けていき、余った銅編線はカットして下さい。 ただし、このとき中の同軸ケーブルはそのままでカットしてはいけません。また、銅編線をハンダ付けした反対側は中の外皮編線は「接続しない」点に注意してください。銅編線はMP5を先にハンダ付けした側から電気工事用ビニールテープで巻いていきます。
101cmの銅編線が同軸ケーブルの外側に乗って片方にコネクタがついた同軸ケーブルができたら、もう片方のコネクタを取り付けます。 銅編線のエンドから5cm程度を残して同軸ケーブルをカットします。 そこにMP5のネジを入れてから、MP5をハンダ付けします。

こちら(アンテナ側)は、同軸ケーブルから被せた銅編線は中の同軸の外皮とは接続されていません。 同軸ケーブルのコネクタと銅編線のエンド とは2〜3cm離れていると思います。これがあまり近いと外皮と同軸の コネクタが高周波的に結合してしまいますし、長すぎると、そこから 漏洩電流が生じますので慎重に長さ決めをしてください。

これで完成です。アンテナへは、銅編線が外皮につながっていない方のコネクタを、 リグへは銅編線が外皮につながっている方をMJ中継コネクタを介して同軸ケーブルをつなぎます。マジックでANTとRIGの表示をつけておくと 移動先で迷わなくなります。このシュペルトップはPAN-62以外にも 、50MHzのヘンテナや八木アンテナなどにも活用可能です。

(4)使用感
PAN-62にシュペルトップをつなぎます。ホイップアンテナは1.5mですと 長すぎるので、5(SSB)〜10(FM)cmほど縮めて使うのがコツです。 シュペルトップの追加でV.S.W.R.特性は50〜53MHzまで1.5以下となり、とても安定しました。
ミズホ通信株式会社 〒194-0022 東京都町田市森野2-8-6
秋葉原ではロケットアマチュア無線本館 Tel:03-3257-0019等で扱っています。
 
 レポート&写真:JG1RVN 加藤 徹 (2000.11.28)

(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001
▼関連ページ
■FCZ研究所
■MIZUHO PAN-62

▼バックナンバー
■6mAMポケトラ
■スーパーバラン
■1石ラジオ
■7MHzLPF
■シュペルトップ
■NCA40A
■楽しいQRP
■K2 Power con
■PIXIE2