■Hirotada Yoshiike JA0SC 

[VK9LI 運用第2報 at the Blue Lagoon Lodge]
[VK9LI 運用第3報 at the Blue Lagoon Lodge]
[VK9LI 運用第4報 at the Blue Lagoon Lodge]
ja0sc@ac.mbn.or.jp
 
     
 
島全体図。Lodgeは島の真中くびれ部分のやや下の中央部分です(クリックで拡大写真が見られます)

シドニー北東700km、南太平洋のロードハウ島(南緯31°33'、東経159°51')へお出かけの吉池弘忠さん(JA0SC)から14日午後、DXサービスの状況が届けられました。(編集部)

■VK9LI 運用第 1報 From Lord Howe Island


昨日、13:45Localに島の空港に到着、他の4家族と共にロッジに入り、直ちにシャックのセッティングにかかりました。日本との時差は夏時間の関係で2時間差となっています。

まずロケーションはツバルの時と同じに最悪です。ロッジの南側に4メートルの高さに21MHzのアンテナを立て(ロングパスでやや空間がある)とりあえず運用開始、時に05:45Localで、「ファーストQSO」はJA0FSE、小林OMでした。 JAと10局、SA1局、PY7ZZ、EU2局、SM5EEP、PA0HVFで、その後コールが途絶えたところで第1日の運用を終わりました。

島の季節は夏直前なので、到着時の外気温は25度で暑さを感じるほどした。空港は島のほぼ中央の平地(標高差数メートル)にあり、今回の運用地の「The Blue Lagoon Lodge」はやや北にあり、樹木が高く前回のココス島のようなロケーションとはいきません。
ここは島全体が「World Heritage 世界遺産」となっており、説明によると「植物、鳥、海洋生物、特にすぐれた自然の美しさ」が指定の理由になっています。

シドニーの北東700kmの太平洋上にあるロードハウ島の位置関係。
(JAIA「ハム用ワールドマップ」から転載)
アンテナは今回のために自作した4分の1フルサイズのバーチカルを持参したので、今日1番でセットして飛び具合をチェックしたいと思います。運用スタイルは例によりSSTVを主体にして、合間を見て随時、RTTYを運用したいと考えています。

今回はロングパスが使えますので適時切り替えて運用します。14MHzのアンテナの利用状況にもよりますが、だいたい日本時間の午前中14MHz、午後21MHzの運用を予定します。 その間、島内観光を取りこんで旅をも満喫できればと考えています。

(ロードハウ島にて、吉池 弘忠

 
     
 
空港、双発プロペラ機の前で筆者(JA0SC)
 
■ロッジとアンテナ、ロード島俯瞰図

The Blue Lagoon Lodgeの庭に立てたアンテナ

ロード島俯瞰図(ロードハウ島のホームページから)
de VK9LI , JA0SC
 
QTC-JAPAN.COM 2002.11.14

(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001