■更なる暫定措置とは・・・?
オーストラリアでは、すでにIntermediateクラス(最上級無線工学試験+5Words/pm)のUnrestricted同等化など、将来のモールス試験完全撤廃を視野に入れた過渡期における段階的暫定措置がスタートして久しいです。
国際的に足並みが揃わない現環境下で、所持するVK資格を基にして海外運用を行うオーストラリア人アマチュア達が不利にならないような『過渡期的心遣い』が垣間見られる今回の改訂内容を、『あくまでも単なるご参考・・・』として、日本の皆さんに向けてご紹介しましょう。JAハム界の一部の皆さんが主張される通り、日本には日本独自のやり方があって当然です・・・例え世界からどう評価されようとも。
 
2003年後半にオーストラリア国内各地で行われた公聴会などを通じて寄せられたビギナーからベテランまでの一般アマチュアを含めたさまざまな意見を反映して、今まではHF帯の運用ができなかったLimited(最上級無線工学試験・モールス試験無し)/Novice Limited(初級無線工学試験・モールス試験無し) 資格局のHF帯運用が2004年1月1日から解放されました。
 
今回の改訂によって、オーストラリア国内アマチュア資格所持者すべてがモールス送受能力の有無に関わらずに『それぞれの資格に与えられた運用操作範囲内』で局長として、今までと全く同じ資格別コールサインを名乗ってHF帯でのアマチュア局単独運用操作が可能になった訳です。
 
■CW送受試験は存続・・・
日本国内のハム雑誌記事として『オーストラリアでは2004年1月1日からモールス試験廃止』とか伝えられたそうですが、もしかするとそれはどなたかの勘違いかもしれません。
今回の暫定措置で興味深いのは『モールス試験そのものが撤廃された訳でない』という点です。よって、これからもしばらく続く暫定期間中はコールサイン割り当ては従来通りの『資格別コールサイン』、そして『資格別モールス送受テスト』は1月1日以降も継続されます。
 
監督官庁であるACAによれば・・・モールス試験そのものが廃止されない理由は、モールス符号は『無線/有線通信の原点』とも言える上に、アマチュア無線では現在でも人気のある電波形式の一つ。国際的にはまだまだモールス送受能力にこだわっている国が多い中、『VK資格局が海外で運用許可を申請する折に不利にならないように』、しかし『VK国内では、皆さんCW能力に関係なくそれぞれのやり方でHF運用を楽しんでください!』という現在の過渡期環境下での二足わらじ的要望を満たすための臨機応変暫定策だそうです。
 
オーストラリア国内従事者資格に基づいた各クラスVKライセンスをお持ちの方は、なんの変更も届け出も必要ありません。オーストラリア国籍以外の方でも、海外在住の方でも、現在のライセンス/コールサインのままで今回の変更が自動的に適用されます。
 
▼新暫定措置通達原文抜粋

Morse code proficiency requirement to be removed As a result of an extensive public consultation process, the ACA has decided to discontinue the Morse code proficiency requirement for the amateur service.

This decision was made considering public comments at the meetings and initial analysis of submissions to the discussion paper.
The ACA has amended the amateur radio licence conditions specified in the Radiocommunications Licence Conditions (Amateur Licence) Determination No. 1 of 1997 to reflect this decision.

The amendments will give:
holders of Intermediate and Limited Amateur licences access to the same frequency bands as Unrestricted Amateur licensees; and holders of the Novice Limited Amateur licence access to the same frequency bands as Novice licensees.


The interim arrangements will come into force on 1 January 2004.


【ACAによるFAQはこちら:PDF】
 
▼VK国内では運用操作範囲がアンリストリクテッド局互換の各クラス▼

インターミディエイト級(5W/pm)

リミテッド級(CW試験無し)

1.800MHz-1.875MHz 1.800MHz-1.875MHz
3.500MHz-3.700MHz 3.500MHz-3.700MHz
3.794MHz-3.800MHz 3.794MHz-3.800MHz
7.000MHz-7.300MHz 7.000MHz-7.300MHz
10.100MHz-10.150MHz 10.100MHz-10.150MHz
14.000MHz-14.350MHz 14.000MHz-14.350MHz
18.068MHz-18.168MHz 18.068MHz-18.168MHz
21.000MHz-21.450MHz 21.000MHz-21.450MHz
24.890MHz-24.990MHz 24.890MHz-24.990MHz
28.000MHz-29.700MHz 28.000MHz-29.700MHz
50.000MHz-54.000MHz 50.000MHz-54.000MHz
144.000MHz-148.000MHz 144.000MHz-148.000MHz
420.000MHz-450.000MHz 420.000MHz-450.000MHz
↓SHF帯以上は省略
 
▼VK国内ではノビス/ノビスリミテッド級も運用捜査範囲は同じになりました▼

ノビス級(5W/pm)

ノビスリミテッド級(CW試験無し)

3.525MHz-3.625MHz 3.525MHz-3.625MHz
21.125MHz-21.300MHz 21.125MHz-21.300MHz
28.100MHz-28.600Mhz 28.100MHz-28.600Mhz
144.692MHz-145.208MHz 144.692MHz-145.208MHz
146.000 MHz-148.000MHz 146.000MHz-148.000MHz
433.000MHz-435.000MHz 433.000MHz-435.000MHz
438.000MHz-440.000MHz 438.000MHz-440.000MHz
 
※日本のアマチュア制度との足並みが揃っていない現段階ですと、相互運用協定を利用してVK運用許可を取得する日本の4級・3級資格者にもVK従事者資格に基づいたリミテッド/インターミディエイト級と同等の新HF帯運用操作範囲が許されるとは限りませんのでご注意ください。受け取った運用許可証をチラっと眺めて制限事項が付記されていなかった場合は、お礼以外の余計なことを言わずにニコニコとその場を立ち去るに限ります(笑)

通常は、あくまでも『局免許状の記載事項詳細』を眺めて判断する窓口の担当係官の裁量によりますので、運用許可証(ライセンス)に許可条件/制限事項(最大出力や運用可能周波数など)が付記される場合があります。

50W以上の出力でHF〜UHF以上までの各バンド/CWを含む各モードが網羅されている局免許状でしたら制限事項は付かないと考えて差し支えありません。上級資格者なのに出力電力が10Wだったり、バンドやモードが少ししか記載されていない局免許状を見せてしまった場合が要注意です。

不明な点があったり、どうしても納得がいかない場合は窓口係官に質問/交渉するなど・・・状況に応じて上手にお立ち回りください。
【もう少し詳しいことは>>>JARA】
 
de VK1ARA