海外の話題》 アマチュア無線の世界にようこそ VERON  
 Hiromichi Fukuda, JA1IFB/KA1Z
 
     
 
ロゴ・マーク
今回はPB2THans Blondeel Timmerman さんを IARU第1地域の会長にお送り出したオランダ・アマチュア無線連盟のお話です。オランダと日本とは約400年の長きにわたる文化と経済の国際交流を続けてきた歴史があります。日本は江戸時代末期に医学、化学や製鉄、造船技術など西欧文化をオランダから吸収しました。短くとも約2世紀経過した現在、趣味の世界とはいえ、新しい視点からオランダのアマチュア無線に接するのも意義深いことと思います。

本年1月にヨーロッパ地域のアマチュア無線家達の指導的立場に着任したPB2T、Hans さんは IARU第1地域の会長として、ア マチュア無線の将来を青少年に託そうと、ヨーロッパ地区の学校訪問およびエレクトロ ニクスの講座を開き、青少年の啓蒙活動を精力的に始めました。この方策により、次世 代への展開が期待され、オランダ・アマチュア無線連盟を日本のみなさんへ紹介する良 い機会と考えました。

オランダ・アマチュア無線連盟から、オランダのホーム・ページに記載されるニュ−スを和訳してqtc-japan.com へ紹介する許可、承認をこのほど頂きました。承認メールに「説明はオランダ語で書かれておりますが、平易な文脈と明確な文章ですから、内容を理解頂けるものと信じております」との注釈付きで、オランダ・アマチュア無線の歴史、現状および今後解決すべき課題を盛り込んだ、一枚のDVDが添付されてきました。

オランダ・アマチュア無線連盟の紹介用DVDジャケット

写真は「アマチュア無線の世界へようこそ」の題目から始まる解説を掲げたVERON発行のアマチュア無線紹介DVDのジャケットです。マルコニー時代から始まり、近代通信、デジタル通信技術、アマチュアTV、世界的コンピュータ通信ネットワークなどの分野で今なお新しい挑戦が続いている、アマアチュア無線の活動を余すところなく紹介しています。さらに、VERONはラジオ技術に関心の薄い方々に、「いかにしてアマチュア無線に興味を持って頂くかを模索しながら、これからも新規参加者に向けてアマチュア無線への処方箋を発行続ける計画です」という意思表明で結ばれています。

注: VERON, Vereniging voor Experimenteel Radio Onderzoek in Nederlandの略称。
オランダにおけるラヂオ実験研究連盟とでも訳せば良いのでしょうが、単純に理解しやすいオランダ・アマチュア無線連盟としました。

 
     
 
オランダ・アマチュア無線連盟
VERONはオランダにおける8,000名のアマチュア無線家とSWLからなるアマチュア無線のための世界で最も由緒ある非営利団体であります。それぞれ1916年と1926年に結成の古い伝統を有するNWR,NVRおよびVUKAの各連盟が合併して、1945年10月21日に発足し、IARU第1地域に所属しています。
オランダの国土はドレンデ州をはじめ12州あり、州境に関わり無くオランダ・アマチュア無線連盟はA01からA067(A050、A058およびA061、A65は欠番)までの63支部を設定しています。支部所属の会員により選出された63名の支部長が毎年1回開催される支部長連絡会議で活動方針の議論を行い、最終的に中央本部が関係官庁、議会および次のようなクラブと緊密に連携しながら、色々なアマチュア無線に関する業務を行っています。
 
Benelux QRP Club・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・QRPクラブ
CAMRAS: C.A. Muller Radio Astronomie Station・・・・・・・・・・・・・・・・ミューラー宇宙局
DIG-PA Diplom Interessen Gruppe, Sectie Nederland・・・・・・・・アワード・ハンター・クラブ
DARES: Dutch Amateur Radio Emergency Service・・・・オランダ・アマチュア無線非常通信サービス
IPARC: International Police Association Radio Club・・・・・・・・・・国際警察ラジオ・クラブ
MARAC: Marine Radio Amateur Club・・・・・・・・・・・・・海洋移動アマチュア・ラジオ・クラブ
NAFRAS: Netherlands Airforce Radio Amateur Society・・・・・・・・オランダ空軍ラジオ・クラブ
SRS: Surplus Radio Society・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・サープラス・ラジオ連盟
VRZA: Vereniging voor Radio Zend Amateurs・・・・・・・・ アマチュア・ラヂオ・オペレータ協会
 
日本では思いつかないアマチュア無線クラブが上述した連携先に名を連ねています。議会とも話し合えることから、オランダにおけるVERONの存在が明確に認知されているのでしょう。しかし、国土の約30パーセントが海抜ゼロ・メートル地帯というオランダの宿命を背負っているため、不幸にして災害に見舞われた場合、VERONは非常通信網の一翼を担うことになるものと考えられます。このお国の事情を踏まえると、連携クラブの選定と顔ぶれ、その役割が容易に理解できるのではあるまいか。
 
▼ PI9A
コールサインも鮮やかななPI9A移動局

代表モデルのお話をしましょう。オランダの PI9A クラブ局は世界のアマチュア無線界で最も機動性を誇るアマチュア移動局です。DXペディション以外はグリッド・ロケータJO33FBから毎日432MHzで運用を行っています。

単なる無線機を担いでの移動ではなく、アマチュア無線交信に必要な無線機、アンテナ類および発電機の重装備を車両に搭載した写真のような色彩豊かな改造バスが移動局そのものです。

 
別トレラー上に建てたアンテナ・タワー群 230/400V、45kWディーゼル発電機
 
  PI9Aクラブ移動局の自作アンテナの内訳
運用時期
アンテナ
周波数
MHz
エレメント
スタック
参考モデル
通常期
No.1
144
11
4
K5GN
No.2
432
36
4
K1FO
No.3
HF
-
-
試験用
コンテスト
No.1
144
11
4
K5GN
No.2
144
11
4
K5GN
No.3
432
36
4
K1FO
PI9Aクラブ移動局のオペレーション・デスクの様子
 
オランダのアマチュア無線活動の特徴ある実践編を紹介しましたが、PI9Aは自作アンテナといい、写真からバスの網棚に無線機を収納している様子、裸の大型メーターや自作のアンテナ整合器など、これらの構想を立案し、実施した結果が一目瞭然です。その上、16名の優秀な技術力を有するアマチュア・オペレータはまたオランダの北東部ドレンセ州の州都アッセンで毎年開催するハム・フェアーを通じ、近隣アマチュア無線家達とその家族への交流、気配りも伺わせ文武両道の構えです。昨年度2008年の風景写真を2枚紹介します。
 
アッセンでのPI9A主催ハム・フェア アイ・ボールQSO用広い歓談スペース
 
▼ オランダ無線連盟の公式ニュース
報道 オランダ無線連盟からのアマチュア無線に関するニュース、活動状況および災害非常通信は各地域にある約50のクラブ局がオランダ全地域を対象として、主に144MHzのFM電波に乗せて会員へ伝達されています。通常の日は夜8時から、また、土曜、日曜日は昼間の11時近辺でニュースが流され、車で移動中の会員にもニュースが伝達されるよう配慮されています。VERONのクラブ局、PI4AAが最近流したニュース内容を紹介しましょう。
 
JA1RLに相当するVERONのクラブ局のロゴ・マーク
 

@ ダイレクト・コンバージョン・トランシーバー
A フリーゼ・ラジオ・アマチュア・クラブからのお客様
B ジョン・コルバー博物館の見学記
C 評議会の意見を纏める方法
D 今月のXYL活動状況
E VERON本部からの短信
F 懸賞論文の審査
G アマチュア無線従事者試験について
H 新刊書の紹介と読書評
I 最新技術の紹介と解説
J オランダ・アマチュア無線家によるDXペディション

 
 
ドイツ・ネーダーランド・アマチュア・ターゲ(DNAT)
「お隣さんへの架け橋」を合言葉に、国境を挟んだオランダの町とドイツの町のアマチュア無線家とその家族が集う、毎年8月第4木曜日から3泊4日のドイツとオランダ・アマチュア無線の日があります。海外からの参加者との交歓会、各種の報告、アマチュア無線機の展示即売会、日用品もあるフリーマーケット、ARDFやモービル・コンテストに参加ができる、楽しいクラブ・ミーティングの場です。ビールを呑みながら「この帽子はおドイツのだ、オランダ」なんて落語並みの会話が弾んでいそうですね。
 
DNATのロゴ・マーク  開催地バットベサイムの一風景
 
開催予定地のバットベサイムはドイツ・ハノバーから西に向け車で約2時間の地点にある写真のような美しい町です。アメリカではコネチカット河をまたいでバーモント州とニューハンプシャー州のアマチュア無線家が参加する「ツイン・ステート・ハム・クラブ」がありますが、国境を越えたアマチュア・ミーティングはDNATがただひとつと思われます。
 
 受付「ツムベルグビルト・レストラン」  開会パーティー会場ベルケメヤーホテル
 
ミーティングの内容
@ アマチュア無線機器の自作のすすめ
A DXペディションニュース
B YL活動報告、DARCとVERONからの伝達事項
C 10回以上参加者の表彰、前年度最も社会に貢献したアマチュア無線家へ「ゴールデン・アンテナ賞」授与(ベサイム市長のご挨拶を併せてお読みください)
 
 電磁ループ・アンテナの実験風景か?  災害時のハシゴ・フィーダの実験か?
 
D 144MHzを使用した、22時開始の「夜間フォックス・ハウント」?
E ARDF フォックス・ハウント、自転車を使用した「モービル・コンテスト」
F 展示即売会、フリーマーケット
 
 フリーマーケット風景  協賛リッターシェンケ日用品マーケット
 
G 開会パーティーとグッドバイ・パーティー
H グリルド・チキン・ランチとハム・パーティー
 
「ゴールデン・アンテナ賞」についてベサイム・タウン市長からご挨拶
ドイツにはアマチュア無線の心意気が見つかる場所があります。そこは直ぐオランダに 国境を接している「バッド・ベサイム」と呼ばれ、約2,000名のアマチュア無線家が8月末ヨーロッパ全土からドイツ・ネーダーランド・アマチュア・ターゲ、DNATに参集する会議場です。1982年以来、社会へ貢献したアマチュア無線家に、バッド・ベサイム・タウンが授与する「ゴールデン・アンテナ賞」がアマチュア無線家の心意気を示すDNAT式典行事の呼び物の一つになってきました。P40,VU2,I,ON,PA,HB9,DLなど13ケ国、20名のアマチュア無線家が、事故や天災により生命、財産の消失の危機に直面している人たちを、個人的且つ無私で自分の危険を顧みずに、緊急無線通信を確保し適切な無線連絡を行いながら、人命救助に貢献したことにより「ゴールデン・アンテナ賞」を受賞しています。 
 
もし貴方が、人道的な立場からアマチュア無線技術を社会へ還元しているアマチュア無線家またはグループをご存知でしたら、バッド・ベサイム・タウンへお知らせ下さるようにお願いします。IARU第一地域会長、DARCおよびVERON会長からなる経験豊かな紳士、淑女によりご提案の審査を行い、「ゴールデン・アンテナ賞」受賞決定者には、バッド・ベサイム・タウンがDNAT参加のための旅費、交通費を全額負担いたします。
 
ここで、バッド・ベサイムの市長として皆さんへDL4SVDL6DBお二方の受賞者をご紹介したい。
DL4SV,ジョージさんは深夜、弱い遭難通信を傍受、直ちに遭難通信の送信者と交信したところ、暗礁の多いイタリア・メシナ海域を舵が故障して航行不能になっていたヨット「ノスタルジア号」の信号であることを確認しました。彼は警察へ駆け込み、遭難情報はドイツ陸軍経由イタリア沿岸警備隊へ直に伝達され、船員救助に貢献しました。
DL6DB、ゼルデルさんは1999年8月に発生したトルコ大震災の時、ドイツとトルコの激震地とをアマチュア無線で結び、被災者とドイツに住む親類、知人との安否確認、状況連絡また救援物資輸送のための道路情報を関係先に紹介し、災害救援に尽力しました。お二方はこれらの功績により「ゴールデン・アンテナ賞」を授与されています。
 
 受賞者DL6DB,ゼルデルさん  受賞者DL4SV、ジョージさん
 
あとがき
金細工、ダイアモンドやチューリップ、風車風景などから、豊かなオランダ・アマチュア無線連盟の経営について想いを巡らしながら送付された資料を読み進みました。しかし、予期に反して、本稿は自然災害に対する基本的な連盟の厳しい取り組みの紹介となりました。日頃、筆者はアマチュア無線の大切な事項を棚に上げていましたから、紹介しましたDNAT関係者の社会に貢献した方々への暖かい表敬と対応に接しただけでも、オランダ語解釈に挑戦した甲斐があり幸せです。
 
 アムステルダム市街地の写真で、1974年2月家族へ宛てた絵葉書
 
オランダへ渡航した経験が無く、オランダ通詞かカピタンに面会する機会も少なく、それゆえ、オランダ語習得は不可能とされていた日本の古い鎖国時代に、科学、文化を吸収するため、蘭学習得に超人的な挑戦をされた先人達がおられました。あれから二世紀後、アマチュア無線に関する技術知識、オランダ局との交信経験も有し、その上、英語、ドイツ語やフランス語、スペイン語がテレビ・ニュースや街角のカンバンに溢れ外国語に慣らされている昨今、アマチュア無線に関するオランダ語は案外身近にあり親しみやすい言語といえましょう。
 
 一見のどかで有名なオランダの風車風景  色々な歴史を秘めたコンテスト局のQSL
 
オランダのアマチュア無線を紹介したDVDの話に戻りましょう。DVDのジャケット に50語からなる内容説明が記載されています。眼を等速度で移動させ3回文章を眺めました。なんと、30単語が今まで覚えてきた外国語の知識からその意味を類推することができ、初めてのオランダ語でも英語の素養がある方なら、DVDのオランダ語の題目程度ならは容易に理解できるのではないかと推測します。しかしながら、お医者さんに「最近ストレスのかかることをしましたか?」と問われるほど、英語の注釈つき蘭和辞典を片手にやせ我慢の連続でした。
 
オランダ・アマチュア無線連盟、VERONから送  付されたDVDは相当な分量のアマチュア無線に 関する記事と写真が納められており、時間をかけて 読み解いて行く積りです。まずは「蘭学事始」第一 歩を踏み出しところです。

この紹介文を終わるにあたり、快く取材を許可して下さったVERON会長デンケンさん、ならびに蘭 和辞典の選択に親切な助言を頂いた駐日オランダ大使館、経済部の方へ心から厚くお礼申し上げます。 (おわり)

出典: DVD、Welkom in de wereld van radioamateurs、
     VERON       

    www.veron.nl
    www.dnat.de/de/index.htm 
    www.pi9a.nl
 
de JA1IFB/KA1Z
 

QTC-JAPAN.COM 2009.04.20
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2009