海外の話題 ドイツ連邦共和国の16州とDARCの24地域

 by Hiromichi Fukuda  JA1IFB/KA1Z

【DARC本部のキールからバウナタルへ大移動】
【ドイツの「アマチュア無線博物館」(AFM)】
【ドイツのVFDB (通信、郵便会社のアマチュア無線クラブ)】
     
  ▼ ドイツ連邦共和国の16州とDARCの24地域

ドイツ連邦共和国は、フランス(F)、スイス(HB9)、ルクセンブルグ(LX)、オーストリア(OE)、チェコ(OK)、ベルギー(ON)、デンマーク(OZ)、オランダ(PA)およびポーランド(SP)の9ヶ国に囲まれた、16州からなる連邦国家である。それぞれの州が地方自治を行い、通常は州の傘下に郡、市町村があるが、ベルリンとハンブルグはそれ自体でひとつの州を形成しています。昔の豪族が築いた地方ごとの文化と伝統を大事にしており、ドイツのアマチュア局からのQSLカードに地方の領主や豪族の幟旗*が誇らしげに印刷してある通りです。 * のぼり-ばた

DARCが分割した地域地図

他方、ドイツのアマチュア無線では少し様子が異なり、DARCはQSLカードの転 送地域を左の地図へ示したように、ドイツ 連邦共和国の16州ではなく、24の地域 へ分割、設定しました。

Z地域は前回紹介したVFDBへ指定され、 各地域に共存しています。なお、J指定地域 が地図から抜け落ちていますが、理由は分 かりません。

地図に示されたアルファベット24文字が DARCのQSLカード転送上、発送日の   順番と送付先DOKのプリフィックスにな ります。この基準にしたがったDARCの QSLカード転送方式が今回の話題です。

■ DARC会員の年会費

ドイツのアマチュア無線家達が日常のハム活動を円滑に楽しめるよう、クラブ会員の代表としてDARCをIARUおよび諸外国のアマチュア無線連盟と個人では困難な交渉や、ドイツ国内の活動を支援してもらうため、最新版ではないが、2005年度支払った年会費を紹介しましょう。クラブ会員の生活環境に応じて、負担可能な適正年会費が設定されています。

 

 

DARC会員の年会費                                 2006.1.1まで有効
年会費単位=ユーロ
会費分類
要 件 明 細
年会費
01
 18歳以上の会員
66.00
02
 18歳未満の会員
24.00
03
 CQ DL誌を購読しない第2の家族会員
18.00
04
 CQ DL誌を購読しないVFDB所属の会員
12.00
05
 学童、学生、職業訓練生および18から27歳までの兵役兵士
24.00
07
 CQ DLを購読しない眼のご不自由な方
18.00
08
 身体のご不自由な方
24.00
09
 CD-ROM、HPのみ閲覧する海外からの居住者
36.00
注:会費分類06は欠番

しかしながら、洋の東西を問わず身近な問題として、アマチュア無線家はQSLカードの交換をいかに速く、安くできるかに興味があるのではなかろうか。DARCはドイツの地方自治体が国内に分散して存在することに着眼し、果敢にQSL転送対策を行いました。

 
     
 
■ DARCのQSLカード転送法の改善
1972年10月にDARC本部をバウナタルへ新築した際に、ドイツ・ミュンヘン支部にあったQSLビューローも同時に移転し、DJ1MC、エルンストさん考案によるQSLカード転送 業務の電子化と仕分作業の機械化に踏み切ることにしました。次表が業務改善後の差異分析です。
 
新旧QSL転送業務の差異分析表                     JA1IFB/KA1Z
項  目
手作業仕分
電子化機械仕分
差異分析
 男性責任者    (名)
1
1
増減なし
 女性DX担当   (名)
2
2
増減なし
 女性国内担当  (名)
8
7
1名省力化
 パソコン      (台)
0
6
設備投資
 QSL参照情報量
?
175,000局
仕分作業の効率化
 仕分機       (台)
0
2
設備投資
 問合連絡法
電話、文書
メール、PDF、文書
事務簡素化
 QSL発送頻度
毎月
毎月
増減なし
 年間処理枚数
2,400,000
5,000,000
倍増
       
DARC本部にあるQSLソーター(紹介済み)
ミュンヘンでは各地域からの発送されるQSLカードをDARCの会員が仕分けていました。すでに各地域にQSLカードが2から3ヶ月滞留しており、今後、何か不具合が起こる可能性を抱えながら、規則通りに処理を続けていた。

バウナタルへの移転後は、先ず国内QSLカードの仕分作業を機械化、海外向けは手作業とQSL仕分作業および発送業務を分割しました。

その間に、引続き各地域の協力を得て、会 員名とコールサインを入力したDARC データバンクを整備した。現在は、発 送QSLカード梱包に磁気テープおよび  CMC-7読み取りコードを取り付け、 さらに発送業務の迅速化と作業を確実に している。

すでに20年も経過しています  が、アマチュア無線家とDARCの役員が 協力して独自のQSLカード転送方法を創り出しました。
 
 Distrikt−Ortsverbands−Kenner(DOK)について
DOKは「地域―町村―地域の世話役」という日本語訳にしました。日本のJCCとJCGを一緒にしたアマチュア無線家が居住する地域を示す整理番号をDOKということができます。運営上、DARCはドイツを24地域に分割し、さらに会員の申請により、狭い地域を管理するそれぞれのDOK整理番号を割り振りました。地域には24名の世話役を、1,194ヶ所のDOKには1,194名の専門家、世話役、有能な相談役を配して、会員への連絡とQSLカード転送作業を行っています。
 
日本における記念局8Jに似た特別地域局に「Sonder DOK」が会員の申請により別枠指定され、2008年12月現在、10ヶ所の特別DOKがあります。また、前回「海外からの話題」で紹介したVFDB会員は、彼らの居住地域には関係なく、別枠Z-DOKの指定を受け、現在、94個のZ−DOKが各地域内に重複、共存しています。その他、遠隔操作の無線局と宇宙通信局にもDOKの割り当、指定があります。
 
そうして、上に掲載した地図のアルファベット文字をクリックすれば、「貴方のご近所の有能な相談相手」として、各地域およびDOKの世話役の氏名、住所、電話番号およびメール・アドレスが即座に分かる仕組になっています。同様に各地域のホーム・ページにより「ハンブルグ州におけるDARC地域相談窓口」および「町村の世話役整理名簿」などと記載、説明も調べられます。このDOKを採用したQSLカード転送方式がDARCの基本を示す最大の特徴です。
ドイツの地域区分とDOK番号一覧表                         JA1IFB/KA1Z
Distrikte
Region
DOK
Distrikte
Region
DOK
 Baden
A
A01-A53
 Rheinland-Pfalz
K
K01-K56
 Bayern-Ost
U
U01-U30
 Ruhrgebiet
L
L01-L31
 Berlin
D
D01-D27
 Saar
Q
Q01-Q21
 Brandenburg
Y
Y01-Y43
 Sachsen
S
S01-S70
 Franken
B
B01-B43
 Sachsen-Anhalt
W
W01-W38
 Hamburg
E
E01-E39
 Schleswig-Holstein
M
M01-M36
 Hessen
F
F01-F76
 Schwaben
T
T01-T21
 K-Aachen
G
G01-G56
 Thuringen
X
X01-X48
 Mecklenburg-Vorpommern
V
V01-V30
 Westfalen-Nord
N
N01-N61
 Niedersachsen
H
H01-H66
 Westfalen-Sud
O
O01-O055
 Nordrhein
R
R01-R34
 Wurttemberg
P
P01-P61
 Nordsee
I
I01-I58
 Sonder-DOKs
-
0-10
 Oberbayern
C
C01-C37
 VFDB
Z
Z-01-Z94
:* 将来、入手したQSLカードのDOKを摺り合せするため住所を原語のままにしました。
 
■ QSLカード転送の流れ
ドイツでは残念ながらQSLカードが日本のようにシャックへ郵送されてきません。QSLマネージャーと呼びましょうか、DOKの各世話役が主催する「たそがれ会」または「アマチュア無線クラブ・ミーティング」の会員全員が一堂に会した所でQSLカードの受け渡しが行われます。QSLカードを入手したいアマチュア無線家達はこれらの会合に出席する必要があります。時間と経費のかかるQSLカードの受渡を会員に委ねている点は時間の浪費とも思えますが、たった一枚のQSLカードから互いに話が弾み、アマチュア無線活動の活性化が始まる利点があります。
 
グリッド・ロケーターとDOK番号を明確に記載した典型的なDL2DXのQSLカード
DOKの各世話役には確実に仕事をこなせる技術、事務処理に精通したアマチュア無線家が選ばれております。

DARC QSLビューローから下記発送日程表通り毎月定期的にQSLカードが転送されますが、世話役はカードの処理枚数を基に会合の開催日の調整、その他、届出により代理出席者の許可など仕事進行の権限も持っています。
2008年11月QSL発送実績(左欄)と2009年 1月度発送予定表(右欄)               KA1Z
 
DARCビューローのQSLカード仕分け作業は、毎週5日間、午前7時から午後3時半の実働7時間30分です。年間240日の作業により処理量は500万枚を記録しています。DARC QSLビューローからの発送予定表はDARCのホームページに公開され、会員とDOKの世話役はこの予定表を参考にして、ミーティングの開催を計画すれば都合が良い訳です。

新しくDARCへの入会また脱会の届書やQSLマネージャーの問い合わせ、苦情の申し入れは、メールとPDF指定様式に沿い全て電子処理されており、DARC QSLビューローは迅速に対応しています。 左に紹介する写真のようなスタンプを特別DOK用に有償で作成してくれ、フィールドデーなどで無線設備の設営に忙しい折には大変重宝です。
 
QSLカードの受渡の流れをまとめれば次のようになります。(JA1IFB/KA1Z)

DARCへ届いたQSLカードはDOK別に仕分け、予定に合わせ24地域へ宅急便で送付。DOKの世話役1,292名は各自の担当3ヶ所のアマチュア無線クラブに赴き、「たそがれ会」または「クラブ・ミーティング」に出席し、QSLカードの受渡を行う。 単純計算では一人の世話役が3ヶ所で毎月約500枚のQSLカードを処理します。

QSLカードの大きさは170-220g/u 重量の紙で作成し、 ,
最大 10.5×15.0 cm
最小 8.5×13.5 cm のカードである。

なお、SWLはDL-L01/1695071、DL-N01/1502345などのDOK番号 が明示されたSWL番号をDARCから指定され、SWL達のQSLカードは通常のアマチュア局と同じ取り扱いにより転送されますが、DARCの非会員には残念ながらQSLカードの転送サービスはありません。

 
■ おわりに
ドイツのアマチュア無線クラブDARCが実施しているQSL転送方式を調べて見ました。独立精神の旺盛な地方自治体がまんべんなく点在している国勢を基に、QSL転送業務の一番時間と経費が嵩むアマチュア無線家個人への配送を、地域と町村の世話役に委ねた方式は経費削減と会員の全員参加型のアマチュア無線活動おも促進することから、大変高く評価されます。

QSLカードの受渡が行われる「たそがれ会」や「クラブ・ミーティング」の席では、世話役が自分の机にDOKの表札を置き、にこやかな顔で出席者達へサービスしている風景写真がドイツのアマチュア無線家のホーム・ページで良く紹介されています。しかしながら、一般会員にすれば、一々QSLカードを受け取るためにミーテイングへ出かけるのは、時間とガソリン代が掛かり面倒この上ない話です。また、DOKの世話役にとってQSLカードの転送作業が1年、2年と定常化すれば、彼らの本業との時間割、宅急便の規格に合わせた荷作り、QSLカードの一時保管への配慮など負担がかかり、家族の手前苦しい立場に立たされることが考えられましょう。

DOK番号の記載がない海外アマチュア無線家から着信するQSLカードの仕分けもさることながら、会員参加型のDARC運営を理解しても、このDARC方式にはまだ改善すべき諸問題があるように思われます。     (おわり)
 
出典:
www.darc.de     
Wie kann ich Mitglied werden?
Die Distrikte im DARC     
Ostverbande im DARC              
Das DARC QSL−Buro Information     
Information fur Kurzwellenhorer(SWL)     
Die QSL−Vermittlung、CQ DL Feb. 2001
 

QTC-JAPAN.COM 2008.12.30
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2008