2019年12月31日以前の記事はこちら  

  OVERSEAS NEWS 2020.04.07


Icom、新型IC-705トランシーバの発売の遅れを発表 
          

     ≪Icom Announces Delay in Delivery of New IC-705 Transceiver ≫

ARRL 04/06/2020 Icom has announced that delivery of the new IC-705 HF ? 430 MHz all-mode 10 W transceiver, which was scheduled to be released in March, has been pushed back to later this year because the coronavirus pandemic has delayed the delivery of some components. “We are sorry to share this disappointing news,” Icom said, “and as soon as we have more information, we will post it on our website and social media pages.” Many radio amateurs had made reservations for the IC-705.


Icomは、コロナウイルス大流行が一部の部品の納入を遅らせたため、3月にリリース予定だった新しいIC-705 HF - 430 MHz全モード10 Wトランシーバーの納入が今年後半に延期されたと発表しました。「この残念なニュースを共有して申し訳ありません」と、Icomは言いました、「そして、我々は多くの情報は私たちのウェブサイトやソーシャルメディアのページに投稿します。多くのアマチュア無線家がIC-705の予約をしています。


 

  OVERSEAS NEWS 2020.04.06


国際マルコーニデー2020はキャンセルされました 
          

     ≪International Marconi Day 2020 has been Canceled≫

ARRL 31/2020 The annual International Marconi Day (IMD) ham radio operating event that was set to take place on April 25 has been canceled because of the coronavirus pandemic. The 24-hour amateur radio event celebrates the birth of Marconi on April 25, 1874. Sponsored by the Cornish Radio Amateur Club, which operates as GB4IMD, International Marconi Day features participating stations operating at sites having a personal connection to Marconi, including places where he set up transmitting and receiving stations.


4月25日に開催される毎年恒例の国際マルコーニデー(IMD)のハムラジオ運用イベントは、コロナウイルスの大流行のために中止されました。24時間アマチュアラジオイベントは、1874年4月25日にマルコーニの誕生を祝います。GB4IMDとして運営されているコーニッシュラジオアマチュアクラブが主催する国際マルコーニデーは、マルコーニと個人的に接続しているサイトで運営されている参加ステーションを備えています。


 
 OVERSEAS NEWS 2020.03.16
 

▼ ARRL W1AWへのツアーとゲスト訪問を中断
   ARRL Suspending Tours and Guest Visits to Headquarters, W1AW


ARRL 03/13/2020
As part of efforts under way to help protect the health and safety of ARRL Headquarters employees and volunteers from the impacts of the coronavirus, ARRL has decided to suspend all tours and guest visits to Hiram Percy Maxim Memorial Station W1AW and ARRL Headquarters, effective Monday, March 16. Out of an abundance of caution, this suspension will be in effect until further notice.

We apologize for any inconvenience this may cause to our members and their guests who had been planning to visit us in Newington, Connecticut. We feel, however, that this is a necessary precaution and is in keeping with the guidance being provided by federal and local health professionals.

We appreciate everyone’s patience and understanding as we all endeavor to deal with this difficult public health situation.

 
コロナウイルスの影響からARRL本部の従業員とボランティアの健康と安全を保護するための取り組みの一環として、ARRLはハイラムパーシーマキシム記念ステーションW1AWとARRL本部へのすべてのツアーとゲスト訪問を中断することを決定しました、3月16日(月)発効。十分な注意を払って、この停止はさらなる通知まで有効になります。 コネチカット州ニューイントンに訪問予定の会員とそのゲストには、ご迷惑をおかけしますが、お詫び申し上げます。しかし、これは必要な予防措置であり、連邦および地方の医療専門家によって提供されるガイダンスに従っていると感じています。 私たちは皆、この困難な公衆衛生状況に対処するよう努める中で、皆さんの忍耐と理解に感謝します。
 

 
 
 OVERSEAS NEWS 2020.03.16
 

▼ デイトン・ハムベンション2020中止
     

    Dayton Hamvention Announces Cancelation of 2020 Show


ARRL 03/15/2020
For the first time in its 68-year history, Dayton HamventionR will not take place this year, due to concerns about the coronavirus outbreak. The glum news was not entirely unexpected, given widespread cancelations of public gatherings and a national state of emergency.

“The Hamvention Executive Committee has been monitoring the COVID19 pandemic. We have worked very closely with our local and state health departments. It is with a very heavy heart the Hamvention Executive Committee has decided to cancel Hamvention for this year,” Hamvention General Chair Jack Gerbs, WB8SCT, said in announcing the cancelation on March 15. “This decision is extremely difficult for us, but with around 2 months until the Great Gathering we felt this action necessary. More specific details regarding the closure will soon be posted. Thank you for your understanding in this time of international crisis.

” The Dayton Hamvention cancelation comes less than a week after the International DX Convention in Visalia, California, called off this year’s show. The Dayton Amateur Radio Association (DARA) sponsors Hamvention.

Since 2017, Hamvention has been held each May at the Greene County Fairgrounds and Expo Center in Xenia, Ohio. The international gathering attracted more than 32,000 visitors in 2019.

Hamvention’s announcement has caused the cancelation of other associated events. These include Contest University, the Contest Dinner, and the Top Band Dinner.

68年の歴史の中で初めて、コロナウイルスの大流行に関する懸念のため、今年DaytonHamvention®は開催されません。騒々しいニュースは、大衆の集会の広範囲にわたるキャンセルと国家の非常事態を考えると、完全に予想外ではなかった 。

「ハムベンション実行委員会は、COVID19パンデミックを監視しています。私たちは地元および州の保健部門と非常に緊密に協力してきました。ハムベンション実行委員会は今年のハムベンションをキャンセルすることを決定しました」と、ハムベンション総裁のジャック・ジャーブス、WB8SCTは、3月15日にキャンセルを発表したと述べました。グレートギャザリングの2か月前、この行動が必要だと感じました。閉鎖に関するより具体的な詳細は間もなく掲載されます。今回の国際的な危機についてご理解いただきありがとうございます。」

Dayton Hamventionのキャンセルは、カリフォルニア州ビサリアでの国際DXコンベンションが今年のショーを中止してから1週間もたたないうちに行われます。Dayton Amateur Ra??dio Association(DARA)はHamventionを後援しています。

2017年以来、ハムベンションは毎年5月にオハイオ州ゼニアのグリーンカウンティフェアグラウンズアンドエキスポセンターで開催されています。国際的な集会には、2019年に32,000人以上の訪問者が集まりました。

Hamventionの発表により、他の関連イベントがキャンセルされました。これらには、コンテスト大学、コンテストディナー、トップバンドディナーが含まれます。
 

 
 OVERSEAS NEWS 2020.03.05
 

▼ デイトンハムベンションは5月15日〜17日開催
     

   Dayton Hamvention Officials Keeping an Eye on Coronavirus Situation


ARRL 03/03/2020
With Dayton Hamvention® 2020 a little more than 10 weeks away, Hamvention officials say they are closely following the coronavirus (COVID-19) situation. Show organizers will post updates as the May 15 ? 17 event nears, but they’re optimistic that coronavirus will not be an issue.

“At this time, the Hamvention Executive Committee has been in contact with the Greene County Public Health Department, and we do not anticipate any impact because of this issue,” a March 3 Hamvention statement said. The Greene County Public Health Department reports that no cases of COVID-19 have been confirmed in Ohio.

“Greene County Public Health is working closely with the Ohio Department of Health and the Centers for Disease Control and Prevention, and are prepared to respond, should there be a community spread of COVID-19,” the Hamvention statement noted. “The current risk to the general public is very low. Travel advisories are in effect, and can change anytime, so please see the CDC Travel Advisory webpage before traveling.

” The Hamvention advisory pointed out the best ways to prevent becoming infected or spreading the virus.

・Wash your hands often with soap and water, or use alcohol-based hand sanitizer.
・ Avoid touching your mouth, nose, or eyes.
・ Cover coughs/sneezes with your arm or a tissue.
・ Avoid exposure to others who are sick.
・ Stay home if you are ill and avoid close contact with others.
・ Get adequate sleep and eat well-balanced meals to ensure a healthy immune system.
・ Clean and disinfect frequently touched objects and surfaces.

 
デイトンハムベンションの職員がコロナウイルスの状況に目を光らせている 03/03/2020 デイトンHamvention R2020少し以上の10週間離れて、Hamvention当局は、彼らが密接にコロナ(COVID-19)の状況を次のようしていると言います。ショーオーガナイザーは、5月15?17日のイベントが近づくと更新を投稿しますが、コロナウイルスが問題にならないことを楽観視しています。

「現時点では、ハムベンション実行委員会はグリーン郡公衆衛生局と連絡を取り合っており、この問題による影響は予想していません」と3月3日のハムベンションの声明は述べています。グリーン郡保健局は、オハイオ州でCOVID-19の症例は確認されていないと報告しています。

「グリーン郡公衆衛生局は、オハイオ州保健局および疾病管理予防センターと緊密に協力しており、COVID-19が地域に広がった場合に対応する準備ができています」とHamventionの声明は述べています。「一般の人々に対する現在のリスクは非常に低いです。旅行勧告は有効であり、いつでも変更できるため、旅行前にCDC Travel AdvisoryのWebページをご覧ください。」

Hamventionアドバイザリは、感染またはウイルスの拡散を防ぐための最良の方法を指摘しました。

・石鹸と水で頻繁に手を洗うか、アルコールベースの手指消毒剤を使用します。
・ 口、鼻、目に触れないでください。 咳やくしゃみを腕や組織で覆います。
・ 病気の人への暴露を避けてください。
・ 病気の場合は家にいて、他の人との密接な接触を避けてください。
・ 健康な免疫システムを確保するために、十分な睡眠を取り、バランスの取れた食事を食べてください。
・ 頻繁に触れる物体や表面をきれいにして消毒します。

オハイオ州保健局もCOVID-19に関する有益な情報を提供しています。
デイトンハムベンションは、オハイオ州クセニアのグリーンカウンティフェアグラウンズアンドエキスポセンターで5月15日〜17日に開催されます。
 

 
 
 OVERSEAS NEWS 2020.02.29
 

▼ 英国の通信規制当局は、2文字の コールサインサフィックスを付与するポリシーを終了します
 UK Telecoms Regulator Ends Policy of Granting Two-Letter Call Sign Suffixes


ARRL 02/28/2020
UK telecommunications regulator Ofcom has said it no longer will issue two-letter suffix call signs to Full Licence holders. Since mid-2018, radio amateurs attaining the highest-class license have been able to apply for “short”call signs such as M5xx. The policy has provided a major incentive to upgrade. Ofcom said call signs with only two letters in the suffix are only available to applicants who previously held them. The change in policy affects the granting of old amateur radio call signs issued prior to World War II, but it does not affect call signs Ofcom has already issued. ? Thanks to Southgate Amateur Radio News.

 
英国の通信規制当局Ofcomは、もはやフルライセンス保有者に2文字のコールサインを発行しないと言いました。2018年半ば以降、最上級のライセンスを取得した無線アマチュアは、M5xxなどの「ショート」コールサインを申請することができました。このポリシーは、アップグレードする大きなインセンティブを提供しています。Ofcomは、サフィックスに2文字しかないコールサインは、以前に保持していた所持者にのみ利用可能であると言いました。ポリシーの変更は、第二次世界大戦前に発行された古いアマチュア無線通話標識の付与に影響を与えますが、Ofcomがすでに発行したコールサインには影響しません。サウスゲートアマチュアラジオニュースより
 

 
 
 OVERSEAS NEWS 2020.02.22
 

▼ 122 GHzで新しい世界距離記録を獲得
 
         New World Distance Record Claimed on 122 GHz


ARRL 02/21/2020
A new world distance record of 139 kilometers (86.2 miles) is being claimed by radio amateurs in northern California. This tops the record of 114 kilometers set in 2005 by WA1ZMS and W4WWQ, according to the Distance Records on the ARRL website.

The February 17, 2020, contact was between Mike Lavelle, K6ML, on Mount Vaca (CM88WJ75ON) at 835 meters (2,739.5 feet) above sea level, and Oliver Barrett, KB6BA (at 1225 UTC), and Jim Moss, N9JIM (at 1250 UTC), both on Mount Umunhum (CM97BD18VJ) at 1,016 meters (3333.3 feet) above sea level.

Lavell reports the dew point was -11 °C, the air temperature was 15 °C, the path loss was about 225 dB, and atmospheric loss was approximately 0.35 dB/kilometer.

“CW was used, 122 GHz signals were very weak (7 dB above the noise in 22 Hz; -13 in 2500 Hz equivalent) with [fading] down to the noise floor,” Lavelle told ARRL. “Dishes were aligned on 24 GHz (71 dB above the noise) prior to [moving] to 122 GHz; we heard signals right away on 122 GHz.” The stations employed 60-centimeter satellite TV dishes and ran “somewhat less than half a milliwatt” on 122 GHz, Lavelle said.

 
北カリフォルニアのアマチュア無線家は、139 km(86.2マイル)の新しい世界距離記録を主張しています。ARRLウェブサイトの距離記録によると、これは2005年にWA1ZMSとW4WWQによって設定された114キロメートルの記録を上回っています。

2020年2月17日の接触は、海抜835メートル(2,739.5フィート)のヴァカ山にあるマイクラヴェル(K6ML)と、KB6BAのオリバーバレット(1225 UTC)およびN9JIMのジムモス(1250) UTC)、両方とも海抜1,016メートル(3333.3フィート)のUmunhum山(CM97BD18VJ)にあります。

Lavellは、露点が-11°C、気温が15°C、経路損失が約225 dB、大気損失が約0.35 dB /キロメートルであることを報告しています。 「CWが使用され、122 GHzの信号は非常に弱く(22 Hzでノイズより7 dB上、2500 Hzで-13 dB)、ノイズフロアまで[フェード]しました」とLavelle氏はARRLに語りました。「料理は、122 GHzに[移動]する前に24 GHz(ノイズより71 dB高い)で調整されました。122 GHzですぐに信号が聞こえました。」Lavelle氏によると、これらの放送局は60センチの衛星テレビ用ディッシュを使用し、122 GHzで「0.5ミリワット未満」を実行しました。
 

▲マイク・ラヴェル K6MJ
 
 OVERSEAS NEWS 2020.02.14
 

▼ 衛星通信トランシーバーIC-SAT100紹介ビデオ
 
               日本語字幕付き


アイコム株式会社Icom Inc
緊急時や通信インフラのない場所でも、送信ボタンひと押しで同時に複数の相手に音声を送ることのできる衛星通信トランシーバーIC-SAT100の特長やメリットについてわかりやすく背t名したビデオです。Icom UK(英国)による製作で、日本語字幕が付いています。
日本語字幕付きは以下のURLをクリックしてご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=kOM31zl8CeM

IC-SAT100製品ページ
https://www.icom.co.jp/lineup/products/IC-SAT100/


 
 OVERSEAS NEWS 2020.02.08
 

▼ World Amateur Radio Day
 
         Date:April 18, 2020  Time: All Day


International Amateur Radio Union
Every April 18, radio amateurs worldwide take to the airwaves in celebration of World Amateur Radio Day. It was on this day in 1925 that the International Amateur Radio Union was formed in Paris.

Amateur Radio experimenters were the first to discover that the short wave spectrum???far from being a wasteland???could support worldwide propagation. In the rush to use these shorter wavelengths, Amateur Radio was “in grave danger of being pushed aside,” the IARU’s history has noted. Amateur Radio pioneers met in Paris in 1925 and created the IARU to support Amateur Radio worldwide.

Just two years later, at the International Radiotelegraph Conference, Amateur Radio gained the allocations still recognized today???160, 80, 40, 20, and 10 meters. Since its founding, the IARU has worked tirelessly to defend and expand the frequency allocations for Amateur Radio. Thanks to the support of enlightened administrations in every part of the globe, radio amateurs are now able to experiment and communicate in frequency bands strategically located throughout the radio spectrum. From the 25 countries that formed the IARU in 1925, the IARU has grown to include 160 member-societies in three regions. IARU Region 1 includes Europe, Africa, the Middle East, and Northern Asia. Region 2 covers the Americas, and Region 3 is comprised of Australia, New Zealand, the Pacific island nations, and most of Asia. The International Telecommunication Union (ITU) has recognized the IARU as representing the interests of Amateur Radio.

Today, Amateur Radio is more popular than ever, with more than 3,000,000 licensed operators! World Amateur Radio Day is the day when IARU Member-Societies can show our capabilities to the public and enjoy global friendship with other Amateurs worldwide. We have provided a poster for World Amateur Radio Day. Any club may download it and use it to promote WARD in their area. The poster comes in two sizes: 61cm x 91cm and a small (A4) flyer.

 
世界アマチュア無線の日
毎年4月18日、世界中のアマチュア無線家が、世界アマチュア無線の日を祝うために電波を利用しています。国際アマチュア無線連合がパリで結成されたのは1925年のこの日でした。

わずか2年後の国際無線電信会議で、アマチュア無線は、今日も認識されている割り当て、160、80、40、20、および10メートルを獲得しました。IARUは設立以来、アマチュア無線の周波数割り当てを守り、拡大するために精力的に取り組んできました。世界中の賢明な行政機関の支援のおかげで、アマチュア
無線は、無線スペクトル全体に戦略的に配置された周波数帯域で実験し、通信することができます。

1925年にIARUを設立した25か国から、IARUは3つの地域に160の会員団体を含むように成長しました。IARUリージョン1には、ヨーロッパ、アフリカ、中東、および北アジアが含まれます。リージョン2はアメリカ大陸をカバーし、リージョン3はオーストラリア、ニュージーランド、太平洋島国、およびほとんどのアジアで構成されています。国際電気通信連合(ITU)は、アマチュア無線の利益を代表するものとしてIARUを認識しています。

今日、アマチュア無線はこれまで以上に人気があり、3,000,000以上のライセンスを受けたオペレーターがいます! 世界アマチュア無線の日は、IARUメンバー協会が一般に私たちの能力を示し、世界中の他のアマチュアとのグローバルな友情を楽しむことができる日です。 世界アマチュア無線デーのポスターを提供しました。どのクラブでもそれをダウンロードし、それを使用して自分の地域でWARDを宣伝できます。ポスターには、61cm x 91cm と 小さな(A4)チラシの 2つのサイズがあります 。

グループは 、TwitterおよびFacebookでハッシュタグ#WorldAmateurRadioDayを使用して、ソーシャルメディアでのWARDアクティビティ を促進する必要があります。IARUは、このページにすべてのWARDアクティビティをリストします。WARDアクティビティをリストするには 、K1ZZのIARU 秘書 David Sumnerにメールを送信してください。 4月18日は、アマチュアラジオのすべてが、私たちが教えるのに役立つ科学、私たちが提供できるコミュニティサービス、そして私たちが持っている楽しさを祝い、世界に伝える日です。

世界アマチュア無線の日である楽しさと教育に参加することを願っています!2020年のテーマは「社会へのアマチュア無線の貢献を祝う。」されます EchoLinkの世界会議とIRLP 9251は、午前12時4月19日まで午前12時から土曜日4月18日に世界アマチュア無線の日を祝うの助けになるだろう番目。特別なイベントコールサインはW7Wになります。チェックインできることを願っています。ー Tom AF7J
 

World Amateur Radio Dayのポスター
 
 OVERSEAS NEWS 2020.02.08
 

▼ IARUが新しいウェブサイトをデビュー
 
         International Amateur Radio Union


ARRL 02/05/2020
The International Amateur Radio Union (IARU) has completed the makeover of its main website and the three regional websites ? all with the same basic design. The three regional sites can be accessed directly from the IARU home page. All of the updated pages are organized to broadly mirror the structure of the International Telecommunication Union (ITU) and its related regional telecommunication organizations. The IARU regions are Region 1 ? Europe, Africa, the Middle East, and Northern Asia; IARU Region 2 ? The Americas, and IARU Region 3 ? Asia-Pacific. The Region 2 web page is available in English or Spanish. Each page offers a look at recent IARU news and events. ? Thanks to IARU Secretary David Sumner, K1ZZ.

 
国際アマチュア無線連合(IARU)は、そのメインウェブサイトと3つの地域のウェブサイトの変身を完了しました - すべて同じ基本的なデザインで。3 つの地域サイトは、IARU のホーム ページから直接アクセスできます。更新されたページはすべて、国際電気通信連合(ITU)と関連する地域通信組織の構造を広く反映するように編成されています。IARU リージョンは、ヨーロッパ、アフリカ、中東、北アジアの 1 地域です。IARU 地域 2 ? 南北アメリカ、および IARU リージョン 3 ? アジア太平洋。地域 2 の Web ページは英語またはスペイン語で利用できます。各ページでは、最近の IARU のニュースやイベントを確認できます。? IARU長官デビッド・サムナー、K1ZZに感謝
 

 
 
 OVERSEAS NEWS 2020.01.15
 

▼ Sultan of Oman Qaboos Bin Said,
                A41AA, SK  
 
        


01/14/2020
The Sultan of Oman Qaboos Bin Said, A41AA, died on January 10. He was 79. The Diwan of the Royal Court has declared 3 days of mourning, with the flag flown at half-mast for the next 40 days. The sultan was the patron and sponsor of the Royal Omani Amateur Radio Society (ROARS) and its A47RS club station. He had been the Sultan of Oman since 1970.

オマーン・カブース・ビン・サイードのスルタン(A41AA)は1月10日に亡くなりました。彼は79歳だった。王立裁判所のディワンは3日間の喪を宣言し、旗は次の40日間半旗を掲げた。スルタンは、ロイヤルオマーンアマチュア無線協会(ROARS)とそのA47RSクラブステーションのパトロンとスポンサーでした。彼は1970年からオマーンのスルタンだった。

オマーン・カブース・ビン・サイードのスルタン(A41AA)
 OVERSEAS NEWS 2019.12.30
 

▼ AMSAT CW Day is January 1
 
            AMSAT CWの日は1月1日です


ARRL 12/27/2019
AMSAT CW Activity Day 2020 will take place on January 1, 2020 (UTC), sponsored by AMSAT. All radio amateurs are invited to participate in the annual event ? in 2020 being held in memory of Larry Brown, W7LB, and Keith Pugh, W5IU. Participation is easy: Operate on CW through any Amateur Radio satellite on New Year’s Day. Straight keys or bugs are encouraged but not required. If you use AO-7, observe the QRP rules currently in effect for the 45-year-old satellite. ? thanks to AMSAT Senior Advisor Ray Soifer, W2RS .

AMSAT CWアクティビティデー2020は、AMSATが主催する2020年1月1日(UTC)に開催されます。すべてのラジオアマチュアは、ラリー・ブラウン、W7LB、キース・ピュー(W5IU)を記念して開催される2020年の毎年恒例のイベントに参加するよう招待されています。参加は簡単です:元日に任意のアマチュア無線衛星を介してCWで動作します。ストレートキーまたはバグは推奨されますが、必須ではありません。AO-7 を使用する場合は、45 年前の衛星に対して現在有効な QRP ルールを確認してください。? AMSATシニアアドバイザーレイ・ソイファー、W2RSのおかげで
 

 
 
 OVERSEAS NEWS 2019.12.21
 

▼ SharkRF デジタルホットスポットopenSPOT・3
      
built-in battery, hardware transcoding


SエストニアのSharkRF社がニューモデルのopenSPOT・3がまもなく発売します。この新しい製品は、主にアマチュア無線用に設計されたバッテリ駆動、ポータブル、スタンドアロンのデジタルラジオインターネットゲートウェイ(ホットスポット)です。openSPOT3、Wi-Fiインターネットアクセス、デジタルトランシーバーを使用して、デジタルラジオネットワーク上で他の人と話すことができます。価格は249ユーロ、日本への送料はDHLにて30ユーロ、支払いはクレジットカード、PayPal。 openSPOT・3のWEBサイトはこちら


互換性のあるデジタル無線プロトコルとネットワーク
・DMR(ブランドマイスター、DMRplus、DMR-MARC、フェニックス、XLX、TGIF)
・ D-STARR (DCS、REF/DPlus、XRF/エクストラ、XLX)
・ システムフュージョンR/C4FM (FCS、YSFリフレクター)
・ NXDNR (NXDN リフレクター)
・ P25 (P25 リフレクター)
・ ポクサグ(ダップネット)
・ APRSR メッセージングおよびロケーション データ転送(APRS-IS)

組み込みのハードウェアトランスコーディング(例:DMRでD-STARRラジオ、D-STARRネットワーク上のDMR無線と話す)でクロスモードをサポートします。 製品仕様はこちらをご覧ください。
 
バッテリー内蔵のopenSPOT・3
 

≪主な機能
・ 10時間の動作を備えたリチウムイオン電池を内蔵(追加の省電力で拡張可能)
・ クロスモード動作で最高の音声品質を得るためのハードウェアトランスコーディング* を内蔵
・ 内蔵の拡張範囲Wi-Fiと無線アンテナ
・ 可聴ステータストーンの内蔵ビーパー
・ Webベースの簡単かつ高速なクイックセットアップ
・ 追加のハードウェアは必要なく、コンピュータなしですぐに動作します
・すべての付属品は、openSPOT3を起動して実行する必要があります(USB-Cケーブルと充電用の120V / 230V USB電源)
・ 極端な高速ブートアップとUSB電源耐性を備えたお客様の車両でも24時間365日の連続使用を目的として設計
・ オンラインで利用可能なユーザーマニュアル
・ 電子メール/コミュニティフォーラムでの公式サポート付き2年間の保証**
・ 構成と監視用の Web インターフェイス
・ 開発者向けのドキュメントを含む HTTP/WebSocket API
・ オープンソースサーバーアプリケーションを使用して独自のプライベートラジオネットワークを作成する

*ハードウェアトランスコーダを使用しているクロスモードのリストは、ここで見つけることができます。 **内蔵バッテリーの長い保証期間は1年間です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2000-2020