海外の話題》 HAM RADIO 2009 のカタログ入手と行き方

 by Hiromichi Fukuda  JA1IFB/KA1Z

 
     
 

2009年3月25日付のDARCニュース速報版に今年6月に開催される、世界三大ハム・イベントのひとつHAM RADIO の発表がありました。翻訳しますと次のようになります。ハムトロニクスは普通名詞になったらしく、何か新鮮な印象を受けます。

国際アマチュア無線展示会
ハムトロニクス − エレクトロニクス、インターネット、コンピューター

2009年6月26−28日
フリードリスハーフェン・メッセ会場

HAM RADIO のカタログ類の入手法

@ www.darc.de ウエブ・サイトを開く、ホーム・ページ上欄、HAM RADIO 2009案内の赤枠内(クリック場所はどこでも良い)をクリック、詳しい案内画面をモニターに読み込む。

 

A 画面左欄のHAM RADIOのロゴ下にあるアメリカ国旗をクリック、英語ページを表示する。
B 画面上部のメニュー・バーから、 をクリック、表示されるメニュ  ー・バーのOrder Catalogueをクリック。

次表のような説明があり、申し込み様式が続きます。様式に必要事項を記入してメール送信します。無料の展示会説明資料も、Order Brochure をクリックして請求できますが、今回発表された案内書にはHAM RADIOへの入場料の記載はありませんでした。追加案内を見守っておきましょう。

     案内書、カタログ類の申し込み先〈参考〉

項 目
 HAM RADIO カタログ請求  HAM RADIO 資料請求
住 所
 Messe Friedrichshafen    
 Customer Service  
 Neue Messe 1  88046 
 Friedrichshafen
 同左
電 話
 +49 7541 708-404  +49 7541 708-405
FAX
 +49 7541 708-110  +49 7541 2405
担当者
 Kerstin Natusch  Kerstin Natusch
送付手数料
 送料込み 7.00ユーロ  無料
 
     
 
HAM RADIO への行き方
 
HAM RADIO案内書によれば、海外参加者のために次の3種類の旅程を推奨しています。参加を計画中の方々はフリードリスハフェンの知名度がないため、日本の旅行社と良く相談して、航空機で現地入りをする旅程@かAをお勧めします。
 
@ 日本(航空機)→ドイツ・フランクフルト(航空機)→フリードリスハーフェン (シャトル・バス)→展示会場
 
A 日本〈航空機〉→スイス・チューリッヒ(航空機)→ フリードリスハーフェン  (シャトル・バス)→展示場
 
B 日本(航空機)→スイス・チューリッヒ(タクシー)→クロテン(汽車)→ローマンスホルン(フェリー)→フリードリスハーフェン(シャトル・バス)→展示場
 
ボーデン湖に就航するフェリーボート
無線雑誌「CQ VFDB」から引用

チューリッヒ空港からタクシーを利用してクロテン駅までは、10分、約7ユーロでしょう。ローマンスホルンから写真のフェリーでボーデン湖を観光しながら、フリードリスハーフェンへ渡るB案も考えられます。

しかし、クロテン駅はプラットホームのみの駅ですから、夕方、疲れている折には汽車の乗り違えと寝過ごす可能性もあり一人旅には少し冒険かも知れません。 (おわり)

 

 
出典: 2009年3月25日付、DARCニュース速報版     CQ VFDB 2007年3月号
 
 
 

QTC-JAPAN.COM 2009.03.26
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2009