海外の話題》  でいとん・れぽると 2009

 by Hiromichi Fukuda  JA1IFB/KA1Z

 
     
 

▼ デイトンからフリードリスハーフェンへ

日本の大きなお祭りや夏の盆踊りで人気を集める「金魚すくい」に使う紙を貼り付けた「シャモジ」のような道具を「ポイ」と呼ぶらしい。今回は水に濡れて直ぐ破けるポイに似たお話です。2008年のデイトン・ハムベンションで、ウイスキーを飲み交わした、あるドイツのアマチュア無線家が呟いた「これからは若い者にDARC*1を任せよう」に触発されて、ドイツを含むヨーロッパ地域のアマチュア無線を研究して見る決心をしました。この辺りは本誌「デイトン発、夢よフリードリスハーフェンに」詳しく、併せてお読みください。


手探りでヨーロッパ地域のアマチュア無線に関するニュースをすくい上げるため、写真は昨年の2008年 8月から新しく購入または最新版へ買い替えた辞書類です。金魚すくいの網「ポイ」の金枠にあたる大事な要素になります。イタリア・アマチュア無線連盟への取材許可がイタリア震災の影響を受け遅れており、イタリア語辞書は未購入ですが、写真左2段目のウエッブスターのスペイン語辞典はミネソタ州ミネアポリスを、デイトンからの帰り道ぶらぶら観光している際に買い求めました。これらを懐にしてフリードリスハーフェン「HAMRADIO」*2へ参加しようと考えています。

* 1 DARCはDeutsche Amateur Radio Clubの略称
* 2 HAMRADIOはドイツで6月に開催される世界三大ハムフェアーのひとつ

 
     
 
ミネソタ州ミネアポリス
アメリカ50州の中、ミネソタ州は筆者が訪問した35番目の州に当たります。独自の決めにより、その現地に2時間以上滞留したことを以って、1エンティティ、1州訪問 と数えています。今回デイトンからの帰途、東京成田への乗り継ぎを利用して2日間ミネアポリスへ、有名な「モール オブ アメリカ」近郊のホテルに宿泊しました。モールから路面電車、バスともダウンタウンまで、また街中での乗車料金が敬老料金で安いため、心置きなくミネアポリスとセント・ポールのダウンタウンを歩き回りました。
 
ミネアポリスの路面電車の5番街駅ビル セント・ポールのランドマーク・ビル
 
ウエッブスター・スペイン語辞典
これらの町では石造の伝統的な建物から、道路をまたいで架けた両側のビルをつなぐ歩道橋など近代建築が共存する美しい、落ち着いた佇まいを見せています。

左上の写真の「割り肌」で飾られた豪華な外構建築を印象深く眺め、工期3ケ年は掛かるかも知れませんが、不思議と重厚な建物の建設工事に挑戦して見たい気分になりました。

本誌の記事、「新しい波 Radio Arcala OH8X」を翻訳する時に、最近のインターネット 用語を解説したスペイン語辞典の必要性を痛感して いたため、ミネアポリスの書店でずっしり重たい写真の辞典を一冊入手しました。

17万語を収録したスペイン・英語辞典です。さらに、インターネット関連1万語を解説しているというこの辞典は、漂白紙に大きな文字フォントで印刷されおり、高齢者にもやさしい、翻訳仕事に欠かせない道具と思います。また、14.99ドルと大変お手軽な価格で買いい求めることができました。
 
あとがき
アメリカを離れるにあたり、ホテルの部屋でデイトン2009の課題を消しこみながら、大晦日ではありませんが、静かにこの1ケ年を振り返って見ました。ドイツ・フリドリスハフェンへ参加して、ドイツ語で書かれた技術資料を理解しようとドイツ語の習得を志ざしたことが今どうなっているのか? 日本の企業で実施するPDCA(Plan−Do−Check−Action)です。
 
一年の勉学の末、毎朝7時頃からAFM(アマチュア無線博物館)、DARC(ドイツ・アマチュア・ラジオ・クラブ)とVFDB(通信・郵政会社のアマチュア無線クラブ)の各ホーム・ページのニュ−スに等速で目を走らせ、ニュースの大意を理解可能な程度の読解力と分りました。

IARU第一地域の出来事を把握するために、オランダ、フランスとスペイン語を補習しましたが、今後の課題として、ヨーロッパのアマチュア無線誌を読みこなして、彼らの製作実験を追試する力を養うことです。

しかし、ヨーロッパのビジネスマンから見れば、ヨーロッパの水がかかると直ぐ破けそうな「ポン」で危なかしいでしょう。救いは今回ドイツで会う予定のヨーロッパの無線連盟の役員さん11名と取材交渉を通じて、少しは気心が通じていることであるまいか。

本誌QTC-Japan.comのレポーターとして、「HAMRADIO」取材許可を収得済みで、読者のみなさんへどんな楽しい話題をお伝えできるか、どんな類のニュースをドイツですくい上げると「現状のポイ」が破れるのか、是非試してみようと考えています。   (訪独を前にして)
         
 
 
 

QTC-JAPAN.COM 2009.06.21
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2009