海外の話題》  でいとん・れぽると 2009

 by Hiromichi Fukuda  JA1IFB/KA1Z

 
     
 

2009年5月15日、デイトン・ハムベンションのARRL−EXPO会場で正真正銘の宇宙飛行士、W5KWQが握手とサイン会を開催していました。千載一遇のチャンスとばかりに、さっそくアマチュア無線家達の長い行列に加わり、彼のサイン入り記念写真を頂いてきました。筆者はWACとWAZのたった3枚のアワードしか持ち合わせておりませんから、それらの隣へ飾る積りです。


 
     
 
リチャードさんは永年の夢であった宇宙船での生活を2008年10月に実現させました。ロシアのソユーズから国際宇宙ステーションへ乗り込み、環境に対する化学実験を 担当する傍ら、SSTVモードで宇宙から多くの地上局と交信を楽しみました。彼と握手する前に衣服は正しましたが、残念ながらどんな挨拶をしのかは覚えておりません。
 
W5KWQ、リチャード・ガリオット さん。右側はARRL職員のK1STO、ロザリー・ホワイト さん W5KWQ、リチャード・ギガリオット さんと握手する筆者JA1IFB/KA1Z 福田さん 
 
 
 
 
         
 

QTC-JAPAN.COM 2009.06.12
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2009