デイトンハム・レポート(1)
 

  May 18,19 & 20, 2006・Hara Arena, Dayton, Ohio

QTC-Video From DAYTON 2007
デイトンハム・レポート(2)
 
     
 

■好天に恵まれたデイトン・ハムベンションにアマチュアが集う!

5月18日(金)、オハイオ州デイトンのHaraアリーナで世界最大のハムの祭典「ハムベンション2007」が開幕、屋内展示500、屋外の巨大Fleaマーケット2500、各種フォーラムなどが目白押しのビッグイベントが開幕しました。午前8時、フレアマーケットが開場、行列を作って待っていたアメリカのアマチュアが珍品を目指して洪水のようになだれ込み、ハムベンション2007の華やかな始まりです。

写真の右下”NEXT"をクリック


屋外会場では、前日から噂の新製品、アイコムのコンテスターのためのIC-7700、ヤエスのFT-450FTM-10RVX-3Rなど、ケンウッドTS-480TH-255などが展示されて
脚光を浴びました。3日間とも好天に恵まれて穏やかなハムベンション日和に、大勢のアマチュアでにぎわいました。

ARRLはEXPO 2007を開催し、書籍の販売、DXCCカードチェッキング青少年サービスなどのイベントを笑顔の職員総出による会員サービスに終始。入場料は25ドル、前売りが20ドルでした。入場者数は推定2万5千人。Haraアリーナでの開催は、公式ガイドブックに2008年(5月16日〜18日)、2009年(5月15日〜17日)、2010年(5月14日〜16日)と発表されました。

Haraアリーナは入り口を入って右側がハムベンションの抽選ブース。左側がアメリカ・ICOMのブースが定位置。後方はKENWOODのブースがあり、TM-V71Eを発表。そして出口左側にBuddipoleのブースが取ってありました。オーナーのBuddさん(W3FF)にカメラを向けると、にこやかにポーズを取ってくれましたが、昨年までの小さなスペース比べて3倍は大きくなった感じ、売り上げが大幅に増えた様子で、ファンの一人としてうれしい限り。息子さんのChrisさん(W6HFP)と共に客の応対に大童でした。

ノースホールはYAESUブランドのバーテックス・スタンダードがFT-2000、VX−3R、FM-10Rなど展示して勢いがあり、恒例のYAESU帽子の配布に長い行列ができていました。東京から宣伝課長の黒崎さんが張り付いて説明に当たるなど、これまでにない態勢で臨んでいました。

ICOM IC-7700の英文カタログはこちらのPDFファイルをクリック  

プラスチックのケースに収まったIC-7700

ノーマークのアイコムの新しいHFトランシーバーが参考出品されると知ったのは、ふとしたことから開幕前夜でした。他のメーカー各社が事前発表に踏み切る中、関係者の口が堅かったことになります。ベールを脱いだのは”THE CONTESTER'S RIG”と銘打ったIC-7700でした。

残念ながらプラスチックのケースの外からの撮影になり、きれいな写真は取れませんでしたが、ホテルに戻ってインターネットで検索すると、RigPixなどに掲載されていました。

HF〜
50MHz帯をカバーするコンテスター向けのトランシーバーで出力200W、フロントパネル左下(マイク端子の右側)にUSBポートが2つあり、ひとつはUSBメモリドライブ、もうひとつはUSBキーボードをつないでPSK31やRTTYを運用できるらしいと推測。なにわともあれ画期的な無線機の販売が間近の印象を受けました。
上の「PDF」を開くにはAdobe Reader(フリーウェア)のダウンロードとインストールが必要です。

Let's Get Together @ Dayton 2007 !

Let's Get Together @ Dayton 2007 ! "を7K1NAQ/KY7V小山さんと共に主宰するWB6Z/JE1PTZ古谷さんは、『毎月 1万円程度の飲み代を節約して"も、1年に一度はデイトンに行きませんか?一度行ったら翌年も必ず来たくなる不思議な"HAM Radio"の魅力があります。行って楽しいことだけは保証します!』とにっこり!
古谷さんの命名になる”なんちゃってアンテナ”が人気を呼びました。KU4ABのSQシリーズアンテナはカタチがおもしろくて日本人ハムに大好評!6mバンドから430MHzバンドまで各種取り揃え、手ごろな価格と頑丈なつくりに興味をそそられました。

「ほしいね」となんちゃって・あんてな(KU4AB)に見入る古谷さん(左)とJQ3DUE池田さん

『今年の開催期間中は好天に恵まれ、一方、毎年端折っていたライト・ パターソン空軍基地のPresidential Hangerを皆さんを訪れることもでき、 また例によって新しい「なんちゃって・あんてな」も見つけることができ、 当然あちらこちらの新製品は触り倒し、例年通りHeil Sound / W2IHY では『カモねぎ』状態を如何なく発揮しました。

あと365日一生懸命にお仕事して、Dayton Hamvention 2008では 皆様と遊び倒すことを目標としたく思います。』と語っていました。

 
     
 

ハムベンション・フリークが今年も存分に楽しみました。

 

デイトン・ハムベンションが大好きなアマチュアが集結しました。帽子にFCCのコールサインつけた日本人ハムの皆さんです。ほかにNL7T、NA6JL、NA7JL、NV1Jが参加しました。中でも古谷さんの息子さんN7NTO健人君(14歳)、W6RKU陸君(11歳)は、バイリンガルなハムとして将来が期待されます。

WB6Z(JE1PTZ) 古谷さん

N7JAL(JM1WJI) 高田さん
NY8A(JA3KCH) 嘉納さん N1AVK(JA1LVK) 岸本さん
 
de NV1J/JA1FUY
 

QTC-JAPAN.COM 2007.05.22
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2000-2007