●不法無線局の開設者を告発

     
−2020年度−


総務省地方総合通信局では不法無線局の取締りを実施していますので、ここにその取締り状況を随時お知らせします。

東京・湾岸地区はオリンピック・パラリンピック東京大会に向け急ピッチに開発工事が進んでおり、不法に開設された無線局を搭載する車輌が多数確認されています。

2014年度取締状況  2015年度取締状況
2016年度取締状況   2017年度取締状況
2018年度取締状況


 ● Updated 12/18
総 通
月日
違反の概要/行政処分の内容
東海
4/13
当局は、「無免許でアマチュア無線局と交信している」旨の申告に基づき、電波監視システムDEURAS(別紙1)を使用して監視を行った結果、総務大臣の免許を受けずに、自宅に無線局を開設し運用していた無線従事者を特定しました。この行為は電波法第4条第1項の規定に違反するものです。 愛知県瀬戸市在住の無線従事者(男性75歳) 無線従事者(第四級アマチュア無線技士)の17日間従事停止処分 電波法第79条第1項
近畿
4/8
大阪府西堺警察署管内の路上において、同警察署及び高石警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  今回の取締りでは、自己の運転する車両に免許を受けずに無線局を開設していた1名を電波法違反容疑として、共同で取締りを行った警察署に告発しました。 不法アマチュア無線 1局
兵庫県尼崎市在住の男(49歳)
電波法第4条(不法開設) 電波法第110条第1号(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
中国
3/12
仙崎海上保安部の協力の下、同部管轄内海域等において、消防・救急無線の通信、携帯電話、テレビ・ラジオの受信などへの妨害原因となる不法無線局の取締りを実施しました。 山口県長門市在住の男性(60歳) 漁業 不法船舶用無線

 
 
 
 
 
QTC-Japan.com
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2000-2020