(2014.5.31以前のニュースはこちら)

 NEWS & TOPICS 2014.12.31


未(ひつじ)年生まれは1007万人    
            

                   
      

総務省統計局では、新年を迎えるに当たり、平成27年1月1日現在における「未(ひつじ)年生まれ」の人口と「新成人」の人口を推計しました。
未(ひつじ)年生まれの人口は1007万人、男性488万人、女性519万人、昭和42年生まれが最も多く、十二支の中では9番目になります。



≪男性は488万人,女性は519万人≫

平成27年1月1日現在における未(ひつじ)年生まれの人口は1007万人で、総人口1億2702万人に占める割合は7.9%となっています。  男女別にみると,男性は488万人,女性は519万人で、女性が男性より31万人多くなっています。

≪昭和42年生まれが最も多い≫

未(ひつじ)年生まれの人口を出生年別にみると,昭和42年生まれ(平成27年に48歳になる人)が188万人と最も多く、次いで昭和18年生まれ(同72歳になる人)が164万人,昭和54年生まれ(同36歳になる人)が160万人、昭和30年生まれ(同60歳になる人)が158万人、平成3年生まれ(同24歳になる人)が124万人、平成15年生まれ(同12歳になる人)が111万人などとなっています。


≪十二支の中では9番目≫

総人口を十二支別にみると,丑(うし)年生まれが1122万人で最も多く、子(ね)年(1105万人),巳(み)年(1103万人)と続いており、未(ひつじ)年生まれは9番目となっています。

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.28


JARL理事 JA3HXJ 長谷川 良彦氏(SK)
      

JA3HXJ 長谷川良彦氏(神戸市垂水区)は12月26日 急逝されました。 67歳。 JARL理事・関西地方本部長・元副会長を務められました。




訃 報

長谷川良彦氏(JA3HXJ)はJARL(日本アマチュア無線連盟)理事、関西地方本部長として、同連盟の発展に尽くされましたが12月26日、薬石効なく逝去されました。

JARL改革に意欲を燃やしておられましたが、志し半ばでのサイレントキーになりました。葬儀は家族で執り行われます.。
ご冥福をお祈り申し上げます。



←在りし日の長谷川氏遺影。

谷口善勇氏が:JR3VH D-STARに投稿写真をトリミングの上、引用しました。(編)

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.27


アマチュア局バンドプラン改正に伴う電波監視について                 
                   

      

アマチュア局の新バンドプランが、平成27年1月5日から施行されることに伴い、関東総合通信局三浦電波監視センターでは、周波数等使用区別の移行状況確認等のため、施行の日から約一か月間短波帯以下のアマチュアバンドを重点的に監視することとしたのでお知らせします。
総務省関東総合通信局  電波監理部 宇宙国際監視



アマチュア局を開設している免許人の皆様におかれましては、新バンドプランを遵守して運用されますようお願いいたします。  
なお、平成26年12月17日に告示された改正概要は、こちら(PDF形式:570KB) 
参照願います。

短波帯監視用アンテナ

短波帯監視卓

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.22


重要無線通信への妨害源を排除
   
                

                    −外国規格の無線機による障害−

      

九州総合通信局[局長: 上原 仁(うえはら ひろし)]は、今般、大分県内の放送事業者が使用している無線局への外来波による障害発生について調査を実施した結果、大分市内で大型トレーラーの誘導指示に使用している外国規格の無線機が原因であることを特定し妨害源を排除しました。  
当局では、今後ともこのような重要無線通信妨害申告に対する妨害源の迅速な排除をはじめとした無線通信に対する混信・妨害に的確に対応するとともに、類似事案の発生抑止の観点から周知広報等を行うこととしています。



障害原因となった外国規格の無線機
経緯】  

10月28日午前、大分県内の放送事業者から、放送業務用の無線局に車両の誘導を行っているような通話が混入するとの申告があり、電波監視システムによる方位測定調査の情報をもとに大分市内において調査を実施しました。  

同日午後、大分市内で大型トレーラーの誘導指示に使用している電波法の技術基準に適合していない外国規格の無線機が原因であることを特定し、妨害源を排除しました。  

本事例は、国民生活に必要不可欠な重要無線通信(注)に重大な障害を与えるものであり、迅速な排除が求められるものです。

(注)重要無線通信:電波法第102条の2に規定する無線通信(電気通信業務、放送業務、航空、消防・救急、警察、気象業務、電気事業、鉄道事業等の重要な無線通信のこと)

   九州総合通信局 電波監理部監視課      

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.22


森田健監督作品「和」に出演の星野聖良さん(JI1EFB )が話題に!

   

「ハムフェア2014」アイコムのブースにて、舞台や映画で活躍中の女優で、東京大学大学院生の星野聖良さん(JI1EFB )による「私、ハムになりました」トークショーが記憶に新しいところですが、このほど森田健監督作品「和」に出演してアマチュア無線のシーンをふんだんに見せて話題になっています。



 
QRA】 「局名はなんですか?」が問で、その答えは「こちらの局名は・・・です。」が正しい。もし、「こちらのQRAは」というならコールサインを言わなければなりません。
QRAは個人の姓名を表現するときのQ符号ではなくて、QRA=コールサインですのでお間違いなく。(編)
 

 NEWS & TOPICS 2014.12.21


アマチュアバンドプランが平成27年1月5日から改正
   【JARLメールマガジン】第214号 2014/12/19より
      

平成26年12月17日付けの官報に、アマチュア業務に使用する電波の型式及 び周波数の使用区別を定める告示の一部改正等が公告され、平成27年1月5 日から施行されます。 今回の改正等により、平成27年1月5日から、中波帯の475kHz帯(472〜 479kHz)がアマチュア無線に新規分配になるほか、アマチュアバンドプラン が改正となります。



現行のアマチュアバンドプランは、第68回QSOパーティ(平成27年1月2日 〜3日開催)の翌日の1月4日までで、1月5日以降は新バンドプランに 改正となりますので十分にご注意ください。  

なお475kHz帯は、当面のところ保証による免許申請は認められておらず、 免許を受ける場合は、検査を受ける必要があります。  
 

新バンドプランの概要は、PDF  をご覧ください。          

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.15


電波法違反の無線従事者に対する行政処分

      

東北総合通信局(局長:竹内 芳明)は、免許を受けずに無線局を開設した無線従事者3名に対して行政処分を行いました。  当局では、法令遵守に関する周知の徹底と電波監視により電波利用秩序の維持を図り、電波法令違反に対しては厳正に対処してまいります。


違反の概要及び行政処分の内容  

被処分者
違反の概要
処分の内容
岩手県釜石市在住の男性(32歳) 免許を受けずにアマチュア無線局を開設し、電波法第4条の規定に違反した。 無線従事者(第4級アマチュア無線技士)として、その業務に従事することを平成26年12月15日から48日間停止する。
宮城県加美郡加美町在住の男性(30歳) 免許を受けずにアマチュア無線局を開設し、電波法第4条の規定に違反した。 無線従事者(第4級アマチュア無線技士)として、その業務に従事することを平成26年12月15日から45日間停止する。
宮城県登米市在住の男性(39歳) 免許を受けずにアマチュア無線局を開設し、電波法第4条の規定に違反した。 無線従事者(第4級アマチュア無線技士)として、その業務に従事することを平成26年12月15日から48日間停止する。
 

東北総合通信局   電波監理部調査課         

 
 

 NEWS & TOPICS 2014.12.14


ICOM 唯一、無比のデュアルスコープ、 圧倒的なRMDR特性で
   頂点を極めたフラグシップ機 IC-7851DE

      

アイコム株式会社(本社:大阪市平野区、代表取締役社長:福井勉)は、HFトランシーバーのフラグシップモデルIC-7851を発売します。 リリースと同時に、全世界で話題となり、またたく間に限定150台を超える予約が殺到する人気となったIC-7850アイコム50周年記念モデル。 その性能と機能の全てをより多くのアマチュア無線家にお届けするために、IC-7851は誕生しました。




品名 アマチュア無線用トランシーバー

型名 IC-7851

価格 希望小売価格 1,100,000円+税

発売日 2014年12月下旬 (予定)

年間販売予定台数 計300台/年


従来機を遥かに凌ぐ異次元のRMDR特性、驚異の近接ダイナミックレンジを実現する帯域幅1.2kHzのOPTIMUM ROOFING FILTER、純度を極限まで高めたLO(ローカルオシレーター)、 さらにはコンテストやDXハンティングで威力を発揮するデュアルスコープ、かつてないハイスピード&ハイレゾリューションのウォーターフォールを搭載するなど、 これからのアマチュア無線界をリードするフラグシップ機にふさわしい性能と機能を備えています。 ますます激しさを増すDX戦線。 そこで最高の成果を求める世界のアマチュア無線家にとってIC-7851は最善の選択となります。

【おもな特長】

・ 従来機を遥かに凌ぐ、異次元のRMダイナミックレンジ110dB※を実現。

・帯域幅1.2kHzのOPTIMUM ROOFING FILTERにより圧倒的な近接ダイナミックレンジを実現。

・LO(ローカルオシレーター)の、さらなる純度向上を達成。 ?2波同時受信時のデュアルスコープ。

・かつてないハイスピード、ハイレゾリューションのウォーターフォール。

・送受信音の解析が可能なオーディオスコープ機能。

※ 1kHz離調 (代表値、受信周波数:14.2MHz, MODE:CW, Roofing Filter:1.2kHz, IF BW:500Hzにて)

 
 

 NEWS & TOPICS 2014.12.11


東京オールド会員 ex JA1ABH 岡部 康洋氏(SK)
      

東京オールド(旧JMHC東京)会員の岡部康洋氏(ex JA1ABH)は12月6日、82歳で永眠されました。モービルハムの先覚者として活躍されました。東京都目黒区。




訃 報

東京オールド会員としてご活躍下さいました ex JA1ABH 岡部康洋氏が 12月6日 にお亡くなりになられておられましたとのご連絡が奥様からあり ました。

ここに謹んで皆様にご報告し心よりご冥福をお祈り申し上げます。

平成26年12月11日
東京オールド 事務担当 JA1AT 横瀬 薫

←東京オールド「2013年ランチミーティング」にて
  (2013年2月15日撮影)

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.09


電波法違反の無線局及び無線従事者に対する行政処分
      

総務省関東総合通信局は、電波法に違反した、埼玉県越谷市在住のアマチュア無線局の免許人(男性43歳)に対して40日間の無線局の運用停止処分及び無線従事者の従事停止処分を行いました。  本件は、当局の電波監視により違反の事実が発覚したものです。  

電波法令に違反した無線設備は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は、今後もこのような違反行為に対しては、厳格に対処していきます。


1 違反の概要  

上記免許人は、第三級アマチュア無線技士(及び第四級アマチュア無線技士)の資格を有しているが、許可を受けずに無線設備を追加し、かつ免許状に記載されていない周波数を使用して通信を行ったもので、この行為は電波法第17条第1項及び第53条に違反するものです。

2 行政処分の根拠  

無線局の運用停止処分は電波法第76条第1項に、無線従事者の従事停止処分は同法第79条第1項に基づくものです。


総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第二課

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.09


空への夢を育もう/JAL「折り紙ヒコーキ教室」
      

日本航空(JAL)グループの社員で折り紙ヒコーキ協会認定指導員の資格を取得している高田寛さん(N7JAL/JM1WJI )らを講師に迎えた「折り紙ヒコーキ教室」が12月6日、伊良部小学校の体育館で開催された。子供たちは手ほどきを受け、完成した紙飛行機を上手に飛ばして輪をくぐらせ、歓声を上げていた。 特別教室では、パイロットなどの模擬制服を身にまとった子供たちが、模型の飛行機をバックに記念撮影し、笑顔でポーズを取っていた。



子供たちは紙飛行機を飛ばして輪をくぐらせた=12月6日、伊良部小学校体育館


子供たちに空への夢を育んでもらおうと、世界各地で教室を開いている。 体育館では、社員らが1枚の紙で紙飛行機の折り方や飛ばし方を丁寧に指導した。  

社員らは「真っすぐに前に押し出すように飛ばして」などとアドバイス。飛ばすこつを伝授した子供たちは、誇らしげに飛ばしていた。

 一方、特別教室では、ミニレーター(操縦席)や大型モデルプレーン、模型飛行機などが展示された。  客室乗務員の模擬制服を着た伊良部小6年の平良悠衣さんは「気持ちが引き締まり、うれしかった」と感想を話した。 (宮古毎日新聞 12月9日)

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.03


キロワット倶楽部 山荘活動(2014年11月28日〜30日)
      

山梨県南都留郡山中湖村の山荘にて無線設備共用で1キロワット運用を行なっているQTC-Japanハムクラブ(通称・キロワットクラブ)が今年最終の山荘活動を行ないました。



CQ WW CW コンテスト2014に参加のJA1KJW中山さん
CQ WW CW コンテスト2014に合わせて山荘(山梨県南都留郡山中湖村)で今年最終の活動を行ないました。

ここは1kW局(共用無線設備)の個人6局とクラブ局があり、JA1FUY/NV1J固定もその一つです。コンテストはIC-7600+IC-4KLでJA1KJW/AK0J中山さんが専任でコンテストに参加しました。


JF1GUQ/KA8J日置さんが新しいHP-PCにRTCL+MMTTY、SSTVをインストールしてIC-7700に接続設定を済ませて、コンテスト後半で運用ができるようになりました。これで完全2系統の同時運用が可能となりました。




海抜約1,000mの高原地帯とあって夜間の気温は0℃に下がる冷え込みに北欧製の薪暖炉が効果的で、Tシャツ一枚で過ごせる室内暖房が何よりのごちそうです。

CWオペレートを横目にKindle Fire HDX7 64GBタブレットでGmailをチェックしていると、「おや、充電が始まらない!」安物の充電ケーブルの不具合もさることながらHDX7の充電端子の故障が疑われたのでamazonの故障相談に電話すると、保証期間内なので明日の昼ごろまでに新品を届けるとのスピード対応に感じ入りました。なんと11か月目の故障、あと一か月で満了日を迎える直前でした。

一方、JA1CVF岡田さん、JA1XVY/NI1J平野さんの両OMは高窓開閉器の巻き上げ器の修理に取り組み、美しい仕上がりで見事修復に成功しました。この後、須走の「天恵」温泉施設で疲れを癒しプチ忘年会を開いて懇親を深めました。(JA1FUY/NV1J/JA1ZNG)2014/12/2

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.03


YAESU FT-991シリーズ HF/50/144/430MHz ALL MODE
      

八重洲無線は常識を覆す最高水準の受信回路と先進の操作性 コンパクトオールモード機FT-991シリーズを発売してはさらなる高みへ。1.8MHz〜430MHz帯アマチュアバンドでC4FMを含むオールモードに対応、すべてのバンドで1st IF周波数を69.450MHzに設定した本格的なトリプルコンバージョン構成(*1)の回路設計です。




・狭帯域3kHzルーフィングフィルタを標準装備し、HFからV/UHF帯まで優れた近接多信号特性を実現

・HF/50MHz帯にはFTDXシリーズで評価の高いクワッドミキサ、V/UHF帯には専用ミキサを搭載し優れた混変調特性を実現

・各バンドの特性に合わせ最適な設計を施したRFアンプを搭載 ?3.5インチフルカラータッチパネルによる先進的なタッチパネル操作を実現

・FTDXシリーズと同等のTI社製32ビット高速浮動小数点DSP TMS320C6746を使用したIF DSP ?設定操作に便利なMULTI(マルチ)ダイアルを装備 ?瞬時に操作することができるCLAR/VFO-B、RF GAIN、AF GAINのそれぞれ専用ツマミを装備

・CONTOUR、DNR、IF NOTCH、AUTO NOTCH(DNF)、APF (Audio Peak Filter、CWモードのみ)など本格的なDX QSOに対応する混信除去機能を搭載 ?高い信頼性を持ち余裕のある送信出力100W (HF /50MHz)、50W(144/430MHz)(*2)のファイナルアンプ部

・100chメモリ搭載のデジタルタイプの高速アンテナチューナを標準装備

・ウォータフォール表示に対応した本格的スペクトラムスコープ機能を標準搭載。チューニング操作に従ってスイープ動作と受信動作を自動的に切り替えるASC (Automatic Spectrum-Scope Control) モードを搭載

・高音質な音声通信、AMSやグループモニターなどC4FMデジタルならではの先進機能を搭載(*3)

(*1) SSB/CW/AMモードのみ
(*2) FT-991は100W(144/430MHz:50W)、FT-991Mは50W、FT-991Sは20W(HF帯:10W)
(*3) Data FRモード(高速データ通信モード)には対応していませんのでC4FMデジタルによる画像の送受信はできません


HF/50/144/430MHz帯オールモードトランシーバー
FT-991 送信出力 100W
(144/430MHz 50W) 2アマ免許

HF/50/144/430MHz帯オールモードトランシーバー
FT-991M
送信出力 50W 3アマ免許

HF/50/144/430MHz帯オールモードトランシーバー
FT-991S 送信出力 20W
(HF 10W) 4アマ免許


標準価格 175,000円(税抜)
ハンドマイク MH-31A8J、
DC電源ケーブル(T9025225)

※価格表示は税抜きです。消費税が別途課税されます。

■ カタログダウンロード FT-991シリーズのカタログはこちらからダウンロードできます

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.02


東京オールド会員 ex JA1EQI 藤田 進氏(SK)
      

東京オールド(旧JMHC東京)会員の藤田 進氏(ex JA1EQI)は去る10月20日、療養中のところ84歳で永眠されました。モービルハムの先覚者として活躍されました。東京都品川区。



訃報

東京オールド会員としてご活躍下さいました ex JA1EQI 藤田 進 氏が10月20日にお亡くなりになられて おりましたことを、奥様 藤田 玉 様からの喪中のハガキで知らされ ました。

ここに謹んで皆様にご報告し心よりご冥福をお祈り申し上げます。

平成26年12月2日

東京オールド 事務担当 JA1AT 横瀬 薫

←2000年11月17日撮影、在りし日の藤田 進氏。

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.01


2015年 新春SSTVミーティング in 秋葉原のご案内

      

今回も「秋葉原」で「新春SSTVミーティング in 秋葉原」開催いたします。 会場となるお店は、新しいくなった秋葉原ラジオ会館内の銀座ライオンに変更となります。



日時 : 2015年1月31日(土曜)  12時 〜 14時  

場所 : 銀座ライオン 秋葉原ラジオ会館店
      東京都千代田区外神田1−15−16 秋葉原ラジオ会館 B1F
      http://r.gnavi.co.jp/gr8vf4g00000/  

会費 :5千円   

申込締切 : 2015年1月12日まで  

お申し込み、お問い合わせ先 : JJ1JWE神戸 minoru_kambe@yahoo.co.jp  

ホームページ: http://akiba.geocities.jp/jasta7n1sft/sstvakiba2015.html

各局のご参加をお待ちしております。

幹事:JA2HYD 山越・7N1SFT 岩井・JJ1JWE 神戸

 

 NEWS & TOPICS 2014.12.01


ITU登録の国際監視局〜総務省関東総合通信局三浦電波監視センター
      

日本ITU協会のホームページにTU登録の国際監視局「総務省関東総合通信局三浦電波監視センター」の動画が掲載されました。 ここ三浦電波監視センターは、日本で唯一、総務省が短波帯電波監視業務と宇宙電波監視業務を行っているところです。 実際にどのような仕事をされているのか、取材しました。


 

 NEWS & TOPICS 2014.11.22


消防用無線局に妨害を与えていた無線局及び無線従事者に行政処分

      

総務省関東総合通信局は、電波法に違反した、山梨県山梨市在住のアマチュア無線局の免許人(男性55歳)に対して61日間の無線局の運用停止処分及び無線従事者の従事停止処分を行いました。  

本件は、消防用無線局に対する重要無線通信妨害の申告があり調査したところ、違反の事実が発覚したものです。  当局では、電波法の規定に違反して無線局を運用し、重要な無線通信に妨害を与えるなどの電波法令違反に対しては厳正に対処してまいります。



1 違反の概要  

上記免許人は、第四級アマチュア無線技士の資格を有しているが、許可を受けずに無線設備を改造し、かつ免許状に記載されていない周波数を使用して通信を行ったもので、この行為は電波法第17条第1項及び第53条に違反するものです。

2 行政処分の根拠  

無線局の運用停止処分は電波法第76条第1項に、無線従事者の従事停止処分は同法第79条第1項に基づくものです。

総務省関東総合通信局 電波監理部 監視第二課

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.17


YAESU ニューモデル  HF/VHF/UHF transceiver FT-991 with C4FM
   



SPECIFICATIONS GENERAL
Type: Amateur HF/VHF/UHF transceiver (System fusion concept)
Frequency range: TX: 10-160 m + WARC / 2 m / 70 cm
            RX: 0.03-56 / 118-164 / 420-470 MHz
Mode: AM/FM/SSB/CW/RTTY/PSK/DV (C4FM)
Channels/memory management: Repeater shift/offset:
Power supply: 13.8 VDC ±15% Current drain
A Antenna impedance/connector: 50 ohms / 2*SO-239
Dimensions (W*H*D): 224*80*253 mm (8.8*3.2*10") Weight: 4.3 Kg (9.5 lbs)

Other features: 3.5" color touchscreen. High speed spectrum scope
Built-in automatic antenna tuner, USB connector, CAT & GPS connector

TRANSMITTER SECTION RF output power: HF + 6 m: 100 W VHF/UHF: 50 W

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.16


無線従事者規則の一部を改正する省令案に係る
     電波監理審議会からの答申及び意見募集の結果


(無線従事者養成課程の対象資格の拡大等) 平成27年4月1日公示予定
      

総務省は、本日、無線従事者養成課程の対象を第二級アマチュア無線技士へ拡大するための無線従事者規則の一部を改正する省令案について、電波監理審議会(会長:前田 忠昭 東京瓦斯株式会社顧問)に諮問し、原案を適当とする旨の答申を受けました。  
また、同省令案及び関係告示等の改正案について、平成26年9月18日(木)から同年10月20日(月)までの間、意見募集を行ったところ、41件の意見の提出がありましたので、提出された意見及びそれらに対する総務省の考え方を公表します。



1 改正案の概要  

無線従事者資格の免許は、無線従事者国家試験に合格した場合のほか、養成課程を修了した場合にも受けることができます。  養成課程制度は、一定の授業を受けた上で修了試験に合格することにより資格を取得できる制度であり、教室に集合して行うことを想定していたことから、受講に支障がないよう、授業内容が比較的限られた範囲となる下位の資格を対象として運用されてきました。  

特に、アマチュア無線は、金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によって自己訓練、通信及び技術的研究の業務のために行ういわゆる趣味の無線であることから、受講者にとって学業や職業に優先して長期間の養成課程を継続して受講することは困難であると想定されるため、短期間で修了できる第三級及び第四級アマチュア無線技士に限り養成課程が導入されています。  

一方、総務省では、平成24年度に無線従事者規則(平成2年郵政省令第18号)を改正し、平成25年度から養成課程にeラーニング制度を導入しました。これにより、これまでの集合型の授業によらず、パソコンやDVDを活用した授業や電気通信回線を利用した遠隔授業等も可能となり、養成課程を受講するための制約が一定程度緩和されることとなりました。  

以上を踏まえ、アマチュア無線技士の養成課程の対象資格の拡大を検討する環境が整ったことから、第三級アマチュア無線技士の直近上位の第二級アマチュア無線技士に拡大することについて意見を募集した結果を踏まえ、第二級アマチュア無線技士を養成課程の対象とすることとしました。  あわせて、養成課程においては、同時受講型授業の場合の授業日等について、柔軟に設定できるよう見直しを行うほか、学校等認定基準の一部を緩和することとしました。

2 答申及び意見募集の結果

(1)本日、電波監理審議会へ無線従事者規則の一部を改正する省令案について諮問し、原案を適当とする旨の答申を受けました。

(2)平成26年9月18日(木)から同年10月20日(月)までの間、無線従事者規則及び関係告示等の一部改正案について意見募集を行ったところ、41件の意見の提出がありました。提出された意見及びそれらに対する総務省の考え方は、別紙PDFのとおりです。

3 今後の予定  

電波監理審議会の答申及び意見募集の結果を踏まえ、速やかに関係省令等の改正を行う予定です。  なお、施行日は、平成2年郵政省告示第273号(総務大臣の認定を受けた学校等を卒業した者が無線従事者国家試験を受ける場合における試験の免除を定める件)の一部を改正する告示及び平成2年郵政省告示第279号(学校等の認定基準を定める件)の一部を改正する告示については公布の日、その他の省令等については平成27年4月1日とする予定です。

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.14


JARD 保証の業務を実施する者として公示


      

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、平成26年11月4日、総務大臣からアマチュア局の保証の業務を実施する者として公示されましたので、11月10日(月)から保証業務を開始しました。  保証業務は、JARD保証事業センターが担当しますので、これからアマチュア局の開局・変更等の手続きをされる場合は、以下のJARD保証事業センターにご相談ください。

アマチュア局保証手続きガイド

JARDの保証を受ける場合は、この手続きガイドに沿って、 JARDへの『保証願書』をご記入のうえ、総合通信局等へ提出 する『無線局免許(変更)申請書』及び『無線局事項書及び工事設 計書』を添えてJARD保証事業センターにお申し込みください。

保証の対象となる送信機等

1 無線局の免許申請(開設)の場合

●技術基準適合証明ラベル(技適ラベル)がない送信機

●技適ラベルが付いた送信機にブースタや附属装置を取り付けたもの

●上記のほか、自作機などの送信機

  注:いずれの場合も空中線電力200W 以下に限ります。

2 変更の場合

●免許を受けた送信機に、新たにブースタや附属装置を取り付けるもの

●免許を受けた送信機を取り替え、増設又は一部分を変更するもの

 注1:空中線電力20W を超え200W 以下に限ります。

 注2:技適機種への取り替え、技適機種の増設は除きます。

3 設置場所変更の場合

注1:空中線電力200W 以下に限ります。

注2:技適機種のみの設備の場合も対象となります。

※:空中線電力200W を超える場合は、総合通信局等へ直接申請を行っ てください。技適機種のみの開設や空中線電力20W 以下の変更も同様 です。

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.10


JASTA SSTVアクティビティコンテスト結果


      
 

第37回(2014年度) SSTVアクティビティコンテスト結果
今回のコンテストでは、国内部門 56局、海外部門 41局、合計 97局のサマリ提出がありました。内、初参加(サマリに記載されているもの) が国内4局、海外8局の計12局ありました。

各部門の入賞局は、


国内部門
1位 JA6VPA   65296点
2位 JN1VNW   63783点
3位 JA7FYG   50278点

海外部門
1位 UA6JQ    56095点
2位 UT5EPP   43513点
3位 UA2FEP   27922点 です。

入賞者には、楯を贈ります。

今回のコンテストにて初参加で申告された局の最高得点局にはニューフェース賞も併せて贈ります。

ニューフェ-ス賞:  
国内部門:JI5LUG  11110点  
海外部門:RK9UM   19762点
特別賞: ベストYL賞: YL局の参加もありましたので、特別賞として最高得点局に賞を贈ります。

国内部門:JH8XIZ  24612点 海外部門:該当なし 当初、コンテストのご案内では、入賞者には賞状のみをお送りする予定でしたが、JA8ANQ 酒井OMから楯の費用をドネーションいただけることになりましたので、楯を贈ります。酒井OMに感謝申し上げます。       

各局の、集計結果表はここをご覧ください。

JASTAコンテスト事務局 

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.08


自動車評論家、徳大寺有恒さん死去

      
朝日新聞読書面「思い出す本 忘れない本」の取材に応じる徳大寺有恒さん(2013年11月
「間違いだらけのクルマ選び」などの著書で知られる自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛〈すぎえ・ひろよし〉)さんが7日、急性硬膜下血腫で死去した。74歳だった。葬儀は親族だけで行う。喪主は妻悠子さん。後日、しのぶ会を開く予定。  

東京都生まれ。日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期にレーサーとしてデビュー。トヨタ自動車の契約ドライバーになった。引退後は、自動車評論家に転身。辛口の新車批評で知られ、1976年に出版した「間違いだらけのクルマ選び」(草思社)は70万部を超えるベストセラーに。以後は毎年書き下ろしが出る人気シリーズになった。近著に「駆け抜けてきた 我が人生と14台のクルマたち」「新・女性のための運転術」。

「間違いだらけのクルマ選び」を出版する際、自動車メーカーを敵に回して仕事がなくならないようにという、編集者の配慮でした。幕末の剣豪小説に登場する人物の中から「出来るだけ偉そうなペンネーム」にしたそうです。

 

 NEWS & TOPICS 2014.11.05


総務省 平成26年度8月のアマチュア 無線局数”436,054”

      −前年比 マイナス133局−


     
年度
平成26年8月
平成26年3月
平成25年12月
平成25年9月
総局数
436,054
436,187
436,175
436,074
北海道
39,389
39,184
39,284
39,074
東北
43,770
43,550
43,396
43,234
関東
121,865
121,926
121,873
121,778
信越
18,148
18,198
18,124
18,081
北陸
11,413
11,485
11,537
11,640
東海
59,547
59,594
59,730
59,787
近畿
53,075
53,284
53,206
53,189
中国
28,659
28,723
28,744
28,810
四国
19,565
19,514
19,445
19,506
九州
38,154
38,203
38,301
38,263
沖縄
2,469
2,526
2,535
2,510


※無線局統計情報

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.30


FMトランシーバーのロングセラーIC-2720を超える機能と操作性を実現


                −新製品IC-2730/Dを発売−     
           

アイコム株式会社(代表取締役社長 福井勉)は、144/430MHzデュアルバンドFM(アナログ)トランシーバーのロングセラーIC-2720の後継機となる新製品IC-2730/Dを発売いたします。

 
品名
 アマチュア無線用トランシーバー
型名
 IC-2730/D
価格
 IC-2730 (20W) /59,800円+税、 IC-2730D (50W) /64,800円+税
発売日
 2014年11月下旬 (予定)
販売予定台数
 7000台/年



前モデルIC-2720で高い評価をいただいた、同一バンド2波同時受信機能、2バンド独立ダイヤル方式、車内への設置が容易なフロントパネルセパレート方式を継承するだけでなく、さらにワンランク上の運用を可能にするために、数々の新仕様、新機能を積極的に採用しています。

快適な運用を可能にするBluetoothRヘッドセットVS-3<オプション>に対応した他、周波数表示の大型化(IC-2720比)、メモリーネームの表示、多機能マイクロホンを標準装備するなど、完成度の高いモービルトランシーバーとなっています。

従来機IC-2720からのステップアップはもちろん、これからFM(アナログ)による本格的なモービル運用をお考えの方に最適な新製品です。

おもな特長

・BluetoothRヘッドセットVS-3<オプション>に対応※1。

・大型化により見やすくなった周波数表示。メモリーネームの表示を実現。

・車内への設置を容易にする吸盤タイプのマウントベースMBF-1<オプション>に対応※2。

・多機能マイクロホンHM-207が付属。

・IC-2720で好評の同一バンド2波同時受信機能、2バンド独立ダイヤル方式を採用。

・V/Uとも50W出力(IC-2730D)を実現。

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.30


電波法違反の無線局及び無線従事者に対する行政処分の実施


    −免許状に記載されていない周波数(18MHz帯)を使用して通信を行い行政処分−

 

総務省関東総合通信局は、電波法に違反した茨城県水戸市在住のアマチュア局の免許人(男性64歳)に対して42日間の無線局の運用停止処分及び無線従事者の従事停止処分を行いました。  本件は、関東総合通信局三浦電波監視センターの電波監視により違反の事実が発覚したものです。  

関東総合通信局では電波利用秩序の維持を図るため、今後も着実な電波監視を行い、電波法違反に対しては厳正に対処してまいります。

1 違反の概要

上記免許人は、免許状に記載されていない周波数(18MHz帯)を使用して通信を行ったもので、この行為は電波法第53条に違反するものです。

2 行政処分の根拠

無線局の運用停止処分は電波法第76条第1項に、無線従事者の従事停止処分は同法第79条第1項に基づくものです。 

総務省関東総合通信局  電波監理部 宇宙国際監視課

 
 
 NEWS & TOPICS 2014.10.30


アイコム フラグシップ機開発の集大成
      全世界150台限定のプレミアムHFトランシーバー


                 
           −IC-7850 アイコム50周年記念モデル−


アイコム株式会社(代表取締役社長 福井勉)は、フラグシップ機開発のノウハウと技術の全てを注ぎ込んだ、HFトランシーバー IC-7850アイコム50周年記念モデルを発売いたします。

 
品名
 アマチュア無線用トランシーバー
型名
 IC-7850 アイコム50周年記念モデル
価格
 希望小売価格1,300,000円+税
発売日
 2014年12月下旬 (予定)
販売予定台数
 全世界限定150台



アップコンバージョンのメリットを活かしながら、1.2kHzのIFフィルター=OPTIMUM ROOFING FILTERを採用することにより近接妨害特性の大幅な向上を実現。 ダウンコンバージョンを採用する最新の他社最高級機をも凌ぐ近接ダイナミックレンジを達成しています。

さらに、LO(ローカルオシレーター)のさらなる純度向上にも取り組み、業界最高水準のC/N特性を実現。 また、フェーズノイズ特性においても、アップコンバージョンの高いLO周波数にも関わらず、離調周波数10kHzはもちろん、1kHzでもライバル機を圧倒する性能を実現しています。

その他、2波同時受信時のデュアルスコープ表示、かつてないハイレゾリューションのウォーターフォールなど、全世界でフラグシップ機として高い評価を得て来たIC-7800をあらゆる面で凌ぐ性能と機能を備えています。 IC-7850アイコム50周年記念モデルは、常に頂点を目指すDX'erに贈る至高のSpecial One。 全世界で150台限定発売のプレミアムトランシーバーです。

【おもな特長】

・1.2kHzのOPTIMUM ROOFING FILTERにより優れた近接ダイナミックレンジを実現。

・高精度・高ピュアリティのPhase Locked OscillatorとDDSが実現した最高水準のC/N特性。

・?圧倒的なスイープスピードと分解能を実現した次世代スペクトラムスコープ。

・より高度な運用を可能にするデュアルスコープ機能。

・かつてないハイレゾリューションのウォーターフォール。

・SDカード対応による音声録再の強化。

・ゴールドが映える50周年記念モデルオリジナルデザイン。

 
 
 NEWS & TOPICS 2014.10.28


所沢市民フェスティバルで
 
   埼玉県電波適正利用推進員協議会が周知啓発活動


                 
             −「ラジオ工作教室に小学生59名参加−


「所沢市民フェスティバル」は、10月25日(土)、26日(日)の2日間、市民(実行委員会)が主催し、所沢市と埼玉県の後援を得て所沢航空記念公園で開催しました。
埼玉県電波適正利用推進員協議会(富田忠会長)は 「団体&行政活動PRコーナー」に於いて18名の推進員より共同啓発活動を行いました。 中でも小学生を対象にした「ラジオ工作教室」が好評で2日間で59名の参加があり、ラジオキットの組み立てを通じて電波に親しみました。


 
「団体&行政活動PRコーナー」に出展した埼玉県電波適正利用推進員協議会


「ラジオ工作」が人気!

「所沢市民フェスティバル」が10月25日、26日の両日、所沢航空記念公園にて開催され、約20万人の人出でにぎわいました。多くの展示ブースが出展する中、埼玉県電波適正利用推進員協議会は「団体&行政活動PRコーナー」に出展して周知啓発活動を行いました。

中でも小学生対象の「ラジオ工作教室」は59名の参加を得て好評でした。ラジオキットはNPO法人ラジオ少年が頒布する「IC+TR高感度トランジスタラジオキット KIT-16Jr」を使い、いわゆるバラキットですが、事前にバリコンと電池ホルダー、電源SWを基板に取り付けておき、子どもたちにはR×3、C×4、TA7642、2SC1472、イヤホン、バーアンテナを半田付けてもらいます。部品点数が多いため難易度は高いと思われます。


「IC+TR高感度トランジスタラジオキット KIT-16Jr」(NPO法人ラジオ少年)

初日、小学生1年生から6年生まで29名、2日目30名(中学1年生1名含む)の計59名がラジオ作りに挑戦して、親御さんが心配そうに見守る中、推進員の指導により完成させて嬉しそうに持ち帰りました。組み立てには半田鏝を扱うため、やけど防止に最大限の注意を払うと共に、傷害保険に加入して安全管理に万全を期しました。芋半田やTRとICの接続違いなどを克服してイヤホンからラジオ放送が聴こえた時にこぼれる笑顔が印象的でした。

参加した推進員は2日間で延べ18名により、小学生59名にラジオ作りに関心を持ってもらった有意義な2日間でした。(JA1FUY)2014/10/27    
                  

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.22


所沢市民フェスティバルで
 
   埼玉県電波適正利用推進員協議会が周知啓発活動


                 
             −10月25日(土)、26日(日)、所沢航空公園−


 「所沢市民フェスティバル」は、市制施行30周年を記念し、昭和55年11月2日・3日の2日間、市民のコミュニティづくりの場として盛大に開催されました。以後2回目からは、「手づくりの祭典」として、市民(実行委員会)が主催し、所沢市と埼玉県の後援を得て開催し、回を重ねるごとに盛り上がりを増してきています。毎年、多彩な企画があり、所沢市内をはじめ県内外から2日間で延べ20万人を超える来場者が訪れ、県内でも有数のイベントです。市民フェスティバルでは、幅広い年齢層の方々が楽しめるように参加するもの、観るものなど沢山の企画を予定しています。


 

テーマ及び目的

所沢市民フェスティバルのテーマは『空・人・未来・・・・・ところざわ』で、発展する街「所沢」の明るいイメージを表現したものです。目的は心のふれあいのある地域社会を創造し、コミュニティづくりの場、更に積極的に夢や自己実現の場の提供を図って行くことを目的としています。

日時:平成26年10月25日(土曜)・26日(日曜)
    午前10時から午後4時まで ※雨天決行

会場:所沢航空記念公園 所沢市民文化センター「ミューズ」

主催:第35回所沢市民フェスティバル実行委員会

後援:埼玉県 所沢市

協力:所沢警察署 所沢市東消防署 埼玉県公園緑地協会
    所沢交通安全協会 所沢市交通指導員連絡会 
    沢市スカウト連絡協議会 所沢市連合婦人会 
    所沢明るい社会づくりの会 所沢市防犯協会

特別協賛:株式会社東ハト 株式会社ジェイコムさいたま所沢局
       西武鉄道株式会社

埼玉県電波適正利用推進員協議会(富田 忠会長)が
  「団体&行政活動PRコーナー」に於いて共同啓発活動


1.グッズ配布(クリアファイル、自由帳など)による周知啓発活動

2.電波工作教室の開催

  小学生を対象に「中波ラジオキットKIT-16Jr」を、25日30台、  26日30台の計60台を用意しました。推進員の指導により3〜4か所のパーツを付けてイヤホン式ラジオを完成させます。

3.電波障害相談コーナー

 
                       どなたもお気軽にお立ち寄りください。



会場案内図はこちらをご覧ください。

35回プログラム(表)      35回プログラム(裏)

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.22


グルジア大統領来日 政府、国名表記を「ジョージア」に変更へ


                 
−4L、グルジアからジョージアへ−


グルジアのマルグベラシビリ大統領が10月21日、来日した。政府は、かねて同国から要請されていた「グルジア」から「ジョージア」への国名表記の変更に応じる方針を固めており、安倍晋三首相は24日の首脳会談で、これを伝える意向だ。(2014.10.21 19:45 産経デジタル)



グルジアの国名はグルジア語では「サカルトベロ」だが、国連加盟193カ国のうち約170カ国が英語表記に基づく「ジョージア」を使っている。ロシア語の表記を起源とする「グルジア」を用いているのはロシアはじめ旧ソ連圏と中国、日本など少数派だ。  

グルジア政府は6年前のロシア軍による侵攻を経て国民の反露感情が高まったことを受け、日本政府にも「ジョージア」へ国名表記の変更を求めていた。  外務省筋は「国際基準に合わせる措置だ」と話している。政府は来年度に必要な法改正を行った上で、「ジョージア」に表記を変更したい考えだ。  

グルジア大統領の来日は平成19年3月のサーカシビリ氏(当時)以来。マルグベラシビリ氏は25日まで滞在し、24日には天皇、皇后両陛下と会見する。

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.20


アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める
告示の一部改正案等に対する意見募集の結果


                 
−アマチュア局への475.5kHz帯の割当て等−


総務省は、アマチュア局への475.5kHz帯の割当て等を行うため、アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等について、平成26年8月1日(金)から9月1日(月)までの間、意見の募集を行いました。その結果、397件の意見の提出がありましたので、提出された意見及び意見に対する総務省の考え方を公表します。



1 概要  
アマチュア局が使用できる周波数区別(バンドプラン)は、アマチュア局が通信を行うに当たり、その使用する電波の種類に応じて使用できる周波数の区別を定めているもので、混信の防止や通信の秩序の維持に役立っています。  

今般、2012年世界無線通信会議(WRC-12)での結果を踏まえ、平成25年1月に周波数割当計画が変更され、475.5kHz帯がアマチュア業務に割り当てられたことに伴い、当該周波数帯の電波を使用するアマチュア局と他の無線システムとの周波数共用検討を行った結果、必要な周波数共用条件がまとまったことから、アマチュア業務に使用する周波数帯の使用区別等について見直しを行うものです。  

また、アマチュア無線愛好家団体等からの要望を受け、既存の周波数帯の使用区別、中波帯の占有周波数帯幅の許容値等についても同時に見直しを行うものです。  これらにより、アマチュア無線に使用できる周波数帯に475.5kHz帯が追加されるほか、主に中短波帯におけるデータ通信用周波数帯が拡大します。

2 意見募集の結果  
提出された意見の概要及び意見に対する総務省の考え方は別添PDFのとおりです。

3 今後の予定
意見募集の結果を踏まえ、速やかに制度整備を行う予定です。

【関係報道資料】
・アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集 −アマチュア局への475.5kHz帯の割当て等− (平成26年7月31日発表) http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000200.html

総合通信基盤局電波部移動通信課

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.20


ARRL VEC EXAMINATION RESULT 東京VEチーム
 

 

10月18日(土)、ARRL/VEC Tokyo-VEチーム(GM:AI9C)は、東京都北区滝野川東区民センター3階ホールにてFCC AMATEUR RADIO LICENSEの試験を行いました。今回の受験料は$15または1700円でした。

12時45分にはVE(ボランティア試験官)がそろい、12時半からVEミーティング、午後1時から受付を始めて、5名が受験しました。 1時から注意事項の説明があり、1時半から試験を始めて15時30分に終わりました。

今回
は「失効FCCライセンス復活・FCC Rule change」による失効免許が復活できる制度によりテクニシャン級に合格して、失効前のゼネラル級を取得した方がおられました。この制度は、例えば失効したエクストラ級の免許証を持参してテクニシャン級の試験を受けて合格するとエクストラ級に復活できるというFCCの規則が7月21日に発効したことに基づきます。

ノビス級、テクニシャン級、アドバンスド級など各級の事例がありますので、失効免許をお持ちの方には朗報です。いずれにしましても旧免許証とテクニシャン級の受験と合格は復活免許に必須になります。 詳しくは ARRL WebサイトのExam Element Credit Rules and Instructionsをお読みください。


≪ARRLTokyo VE TEAM≫

AI9C(General Manager)   KH2J (Exective Adviser)
AB2ST(Team Liaison & Session Manager)
 
NU8O KA1Z K3WO KH0XH NV1J N2QP NY8L N1KS W7OXTほか。     

次回は2015年1月11日(日)です。

詳しくは
ARRL Tokyo-VEチームのホームページをご覧ください。


 
 NEWS & TOPICS 2014.10.09


ーベル物理学賞の天野浩教授はアマチュア無線少年だった。
  化学賞の
ウィリアム・マーナー教授はARRL会員、WN6I


2014年ノーベル物理学賞の名古屋大学の天野浩教授はアマチュア無線少年だった。
また、2014ノーベル化学賞の米研究者の米スタンフォード大のウィリアム・マーナー教授はWN6Iであることがわかりました。。


名古屋大学の天野浩
教授
2014ノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した名城大学の赤崎勇教授(85)と名古屋大学の天野浩教授(54)、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授(60)の3人に贈ると発表しました。

毎日新聞(10月9日)によると天野浩教授は浜松市生まれ。天野さんら3人を過去に表彰した学術団体などによると、中学1年の時にアマチュア無線のとりこになり、電子工学を志望しました。静岡県立浜松西高では数学にのめりこみ、何時間もかけ難問に挑んだ。2年生で3年の教科書や受験参考書の問題を次々解き、「どんな問題でも必ず解いてみせる」という自信をつけた。

天野浩(あまの・ひろし)氏 1960年、静岡県浜松市生まれ。名古屋大工学部卒。工学博士。1988年に名古屋大助手、92年に名城大講師、2002年に同大教授などを経て、2010年から現職。応用物理学会フェロー、英国ランク賞などを受賞




米スタンフォード大のウィリアム・マーナー教授 WN6I

2014年化学賞の米スタンフォード大William Moerner教授はARRLのメンバーでWN6I、授賞理由は超高解像度の蛍光顕微鏡の開発業績が評価されました。

Radio Amateur is Among Nobel Prize in Chemistry Winners
ARRL NEWS10/08/2014
A California radio amateur and ARRL member was among the three winners of the Nobel Prize in chemistry. William Moerner, WN6I, of Los Altos, a chemistry professor at Stanford University, will share the prestigious award equally with two other researchers ? Eric Betzig and Stefan Hell ? for their work in high-resolution microscopy or nanoscopy. For many years scientists had believed that an optical microscope could never yield better than 0.2 micrometer resolution. The three scientists overcame that limitation through what the Nobel panel called “the development of super-resolved fluorescence microscopy.”

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.09


サウス・クック諸島 DXペディション

                 


5月22日から31日までラロトンガより運用しました。参加者は「大和クラブ」のメンバー (JA1KJW) E51KJW、 (JA1JQY)E51JQY、 (JA8VE)E51AVE、 (JA3MCA) E51MCAの4名。 成田空港からニュージランドまで11時間、現地朝7時着、ラロトンガへの出発まで11時間待機、先行出発の斎藤さんが現地の知人の案内でMusick Point 記念無線局を案内してもらい見学して来ました。



E51JDのJim、E51CGのVicter、 旅行中の    DK9KX 夫妻(S9,7O,5Uなど)も合流して賑やかに交流しました

3.5MHz DPは海の中まで引っ張ったがノイズとコンディションに恵まれず21局しかできませんでした。 ハイバンドはSpider, Hexアンテナと良好なコンディションで我々のDXPedi.として最高の14,000局を超えた。

CQ WPX CWにも参加したE51KJWは582局QSO、コンテスト中にE51ANDとQSO現地の局でホテルの名前を打電すると直ぐやって来てアイボールQSOできました。最近のメジャーなコンテストはLOG提出が終了後5日以内となっているようで帰国した6月2日は締切から8日も過ぎており、LOGを提出したが受け付けられなくて、残念! de JA1KJW

詳しくは同レポートをPDFでご覧ください。

 
 NEWS & TOPICS 2014.10.02


電波利用料額の改定について

                 


電波利用料については、電波法附則第14項の規定に基づき、電波の経済的価値を勘案した料額及び使途等について、3年ごとに見直すこととしており、平成26年度は見直し時期にあたります。  今般、平成26年度から28年度に要すると見込まれる「電波利用共益費用(電波法第103条の2第4項)」として、電波利用料の料額を改定いたします。 (電波法の一部を改正する法律(平成26年法律第26号))



施行日:平成26年10月1日 電波利用料額については「電波利用料額表」 (総務省ホームページ)をご覧ください。別ウィンドウで開きます。

アマチュア無線局は300円で変更ありません。

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.22


田無タワーで「CWビギナー講習会」開かれる
 

 
CWビギナー講習会に参加して 9月21日(日)、スカイタワー西東京(西東京市芝久保町5-8-2)、通称「田無タワー」で開かれた田無タワー FBサウンド主催の「CWビギナー講習会」に参加しました。無料の駐車場に受付開始の9時半に到着、施設に入るとすでに数人が待機していました。10代〜30、40代は見られません。どうみても50〜70代と見受けられました。


符号を一通りマスターされた方を対象にした参加無料の講習会です。周りを見渡すと参加者は22名、講師は谷口敦郎氏(JE1TRV)、午前2時間と午後2時間、お昼休みを挟んで4時間の長丁場でした。はじめに「資格と設備」の説明があり、続いて「実践練習・受信編」に入りました

。バンドの様子、Q符号・略号など、中でも「ヘッドコピーの勧め」が目から鱗!次いで「実践練習・送信編」でパドル操作と縦振電鍵操作の説明があり、「実践練習・交信編」でオンエア・デビュー、移動サービス、記念局を呼んでみる、コンテストに挑戦、ラバースタンプQSOと続いて中味の濃い講習会となりました。スエーデン製の縦振電鍵と友人が作ったパドルを持って参加しましたが、講師が用意された電鍵の中にスエーデン製を2台見つけて、好きな方がおられるのだと感銘を受けました。「ラバースタンプQSO練習シート」をもらいましたので、練習を重ねたいという気持ちを強くしました。丁寧で熱心な講習に謝意を表します。(JA1FUY/NV1J)

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.19


無線従事者規則の一部を改正する省令案等に係る意見の募集


           (無線従事者養成課程の対象資格の拡大等).      

総務省では、アマチュア無線技士の養成課程の対象資格を第二級アマチュア無線技士に拡大する等のために、無線従事者規則、関係する告示及び電波法関係審査基準の改正案を作成しましたので、平成26年9月18日(木)から同年10月20日(月)までの間、意見の募集を行います。

1 概要  

無線従事者資格の免許は、無線従事者国家試験に合格した場合のほか、養成課程を修了した場合にも受けることができます。  

養成課程制度は、一定の授業を受けた上で修了試験に合格することにより資格を取得できる制度であり、教室に集合して行うことを想定していたことから、受講に支障がないよう、授業内容が比較的限られた範囲となる資格を対象としています。  

特に、アマチュア無線は、金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によって自己訓練、通信及び技術的研究の業務のために行ういわゆる趣味の無線であり、養成課程の授業が長期間である場合、受講者の学業や職業に優先してアマチュア無線技士養成課程を継続して受講することが困難となることが想定されるため、短期間で修了できる第三級及び第四級アマチュア無線技士について養成課程が導入されています。  

一方、総務省では、平成24年度に無線従事者規則(平成2年郵政省令第18号)を改正し、養成課程にeラーニング制度を導入しました。これにより、これまでの集合型の授業によらず、パソコンやDVDを活用した授業や電気通信回線を利用した遠隔授業等も可能となり、養成課程を受講するための制約が一定程度緩和されることとなりました。  

以上を踏まえ、アマチュア無線技士の養成課程の対象資格の拡大を検討する環境が整ったことから、第三級アマチュア無線技士の直近上位の第二級アマチュア無線技士に拡大することについて意見を募集した結果を踏まえ、第二級アマチュア無線技士を養成課程の対象とすることとしました。  

あわせて、養成課程においては、同時受講型授業の場合の授業日等について、柔軟に設定できるよう見直しを行うほか、学校等認定基準の一部を緩和することとしました。  今般、これらを内容とする省令、告示等の改正案を作成しましたので、平成26年9月18日(木)から同年10月20日(月)までの間、意見の募集を行います。

2 意見公募対象及び意見提出要領等

(1) 意見公募対象  

ア 省令    無線従事者規則(平成2年郵政省令第18号)の一部を改正する省令案(別添1)  

イ 告示  
 (ア) 平成2年郵政省告示第250号(無線従事者の養成課程の終了の際に行う試験の実施を定める件)の一部を改正する告示案(別添2)
 (イ) 平成2年郵政省告示第273号(総務大臣の認定を受けた学校等を卒業した者が無線従事者国家試験を受ける場合における試験の免除を定める件)の一部を改正する告示案(別添3)
 (ウ) 平成2年郵政省告示第279号(学校等の認定基準を定める件)の一部を改正する告示案(別添4)  (エ) 平成5年郵政省告示第553号(無線従事者養成課程の実施要領を定める件)の一部を改正する告示案(別添5)

ウ 訓令
電波法関係審査基準(平成13年1月6日総務省訓令第67号)の一部を改正する訓令案(別添6)   なお、本案については、連絡先において閲覧に供するとともに、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄に掲載します。

(2) 意見提出期限   

平成26年10月20日(月)午後5時(必着)(郵送の場合は、同日必着とします。)

(3) 意見公募要領  別紙のとおりです。

○無線従事者養成課程の対象資格の拡大に関する意見募集(第二級アマチュア無線技士への対象拡大)(平成26年4月22日発表)

○無線従事者養成課程の対象資格の拡大に関する意見募集の結果(第二級アマチュア無線技士への対象拡大)(平成26年6月25日発表)


総合通信基盤局電波部電波政策課

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.19


東京モーターフェス2014−開催概要を発表
 

 
一般社団法人 日本自動車工業会(以下自工会、会長:池史彦)は、東京モーターショーの休催年にあたる 本年の10月11日(土)〜13日(月・祝)に、東京臨海副都心の青海NO地区及び船の科学館駐車場にて、 自工会の会員13社の参加により、より多くの方々にクルマやバイクに乗って、触れて、観て、その魅力を 感じていただけるイベント「東京モーターフェス2014」を開催致します。

なお、本イベントには海外メー カー2社も出展致します。 本イベントによって、クルマ・バイクファンの裾野を拡げ、自動車産業の振興、ひいては日本経済の活性化 を目指し、来年開催する第44回東京モーターショー2015の盛り上げにも繋げてまいります。 (詳細は東京モーターショーオフィシャルWebサイトへ!)

東京モーターフェス2014 運営事務局 〒104-8161 東京都中央区銀座2-16-7 恒産第3ビル5F

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.11


電子申請・届出システム Liteからのサービスに関するお知らせ
 

 

メンテナンスに伴うシステム停止(予定)のお知らせ

下記の日程でシステムメンテナンスを行うため、メンテナンス作業の間、本サイトは閲覧できません。利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、停止時間終了後再度お越しいただきますよう、 ご理解、ご協力をお願いします。


申請・届出(電子納付による手数料の納付も含みます。)ができない期間

停止時間:  平成26年 9月30日(火) 17時00分 〜 平成26年 10月1日(水) 8時30分(予定)


この他に、手数料の電子納付のみがご利用できない期間につきましては、 下記URLのお知らせ一覧のページをご覧ください。

http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/news/index.html l



「送料受取人払いサービス」開始のお知らせ
  

平成26年1月6日から電波利用 電子申請・届出システム Liteでは、返信用封筒を送付することなく、無線局免許状を郵送で受け取れるサービスを開始します。

送料受取人払いによる免許状の受取については、下記URLのページをご確認ください。   http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/help/entry_191.html

「送料受取人払いサービス」のスタートに伴い、一部の操作手順を変更しております。   
新しい申請手順については、下記URLのページより確認してください。   http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/flow/flow_a.html

総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite ホームページURL http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.08


田無タワー主催 D-STAR講習会(第2回応用編)終わる

                 


、9月7日(日)、スカイタワー西東京地下1階タワープラザを会場にして、鞄c無タワー主催D-STAR講習会(第2回 応用編)が開かれました。講師はJR1UTI 藤田孝司氏(第1級アマチュア無線技士)により、13時半に始まりわかりやすく解説して好評でした。質問にも丁寧に答えて1時間超、16時半に終わりました。受講者約30名、参加費無料。


 

<講習会の内容>

1.前回のおさらいとしてD-STARの特徴と運用周波数、D-STARレピータの現状、仕組みと運用の準備
2.QUICKメニューの解説
3.設定ソフトと使い方(クロ−ニング)
4.参考資料 レピータへのダブルアクセス RSレポートとQSLカードの書き方 関連のWEBサイト

<今後の予定>

第3回 10月19日(日) 13:30〜15:30 
  応用編その2 設定ソフトの使い方とメモリーの書き込み方 最新情報解説他

第4回 11月16日(日)13:30〜15:30
 応用編その3 GPSなど、搭載機能の解説 最新情報他

場所:スカイタワー西東京地下1階タワープラザ

アクセス:http://www.skytower195.com/access/index.html
[田無タワー アクセス] 検索

<申込方法>

メール:event@skytower195.com
TEL/FAX042-467-1187  042-469-5071
郵送:〒188-0014 東京都西東京市芝久保5−8−2
    株式会社田無タワー技術管理部D−STAR講習会係

JR1UTI 藤田氏のホームページ  http://www2.odn.ne.jp/~aab62490/

 
 NEWS & TOPICS 2014.09.03


近畿総通 電波監理部の職員懲戒処分


                 


近畿総合通信局(局長:奥 英之(おく ひでゆき))は、下記のとおり懲戒処分を行ったので「総務省職員の懲戒処分に関する公表基準」(別紙)に基づき、公表します。



1 被処分者   電波監理部の職員 (42歳 男性)

2 処分の種類   
懲戒処分(減給3月 10分の1)

3 処分発令日   
平成26年9月1日

4 処分の理由   
国家公務員法違反

5 事案の概要   
無線従事者免許証(以下「免許証」という。)の発給事務において、国家試験合格者X氏のデータを不正使用して、同国家試験合格者Y氏の免許証を発給した。また、X氏に対して、免許証を発給しなかった。 さらに、本事案について、上司等に報告せず、一連の行為を隠蔽していた。

近畿総合通信局総務部総務課

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.28


平成26年度総合防災訓練における非常通信訓練等の実施


                 

平成26年度、各地方において実施される総合防災訓練等の一環として、非常時における円滑な通信の確保に資するため、中央非常通信協議会(会長:吉良 裕臣 総務省総合通信基盤局長)では、全国の地方非常通信協議会とともに、非常通信訓練等を実施します。

1 実施日及び参加団体等
  別紙1のとおりです。

2 訓練概要
  訓練のイメージ図は別紙2のとおりです。

(1) 非常通信訓練 
  電気通信事業者回線が不通となる等、通常の通信手段では被災地から国までの情報伝達ができない事態を想定し、他機関が保有する自営通信網を活用することで、被災地から都道府県又は国までの通信を確保する訓練を行います。  

(2) 災害対策用移動通信機器搬入訓練
 災害時に地方公共団体が整備している通信機器の連絡体制では支障がある場合に、地方公共団体からの要請に基づき、総務省が備蓄する移動通信機器を無償貸与する制度の運用を想定した訓練を行います。

(3) その他の訓練 
各地方公共団体の総合防災訓練において、防災相互通信用無線局による通信訓練、アマチュア無線による非常通信訓練等を行います

【参考】非常通信協議会  

総務省が中心となり、消防庁、内閣府、警察庁、防衛省、国土交通省、気象庁、海上保安庁、日本放送協会、都道府県、市町村、主要な電気通信事業者、無線局の免許人等の約2,000の非常通信に関係の深い者によって構成されています。

中央非常通信協議会事務局 (総合通信基盤局電波部基幹通信課重要無線室内)


 

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.25


SMAコネクタが付いた細い同軸ケーブルをアンテナに!

                 

ハムフェアのクラブブースの販売コーナーでSMAコネクタが付いた細い同軸ケーブルの切れ端を見つけました。価格は300円。ちょうどID-31用に何かに当たっても障害にならないやわらかい素材のアンテナが欲しいと思っていましたので、その素材として買ってみました。

ちなみに、430MHz帯のフレキシブルアンテナとしては過去には第一電波工業よりSRH17(1,800円)という商品がありましたが、現在は販売されていません。 同軸ケーブルの外皮をカッターで切り取り、網線をニッパでカットして心線を露出させた状態で、16mm(430MHzの1/4波長に短縮係数92%を掛けた長さ)に切りそろえると、とても簡単にハンディトランシーバー用のフレキシブルアンテナが出来上がります。

写真は左から材料になったSMAコネクタ付の同軸ケーブル、今は販売されていないSRH17、ID-31付属ホイップアンテナです。 しなやかな弾力で邪魔にならないお手軽なアンテナが完成しました。 de JF1GUQ

写真は左から材料になったSMAコネクタ付の同軸ケーブル、今は販売されていないDIAMONDアンテナ SRH17、D-STAR トランシーバーICOM ID-31の付属ホイップアンテナです。

ジャンク箱に宝物が眠っていました。
 
 
 NEWS & TOPICS 2014.08.24


ハムフェア2014 東京ビッグサイトで開幕

                 

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL) 主催による「ハムフェア2014」は、8月23日(土)午前45分、開会式が行われた後、同10時開会、大勢のアマチュアが次々に入場しました。

JARL 「ハムフェア2014、東京ビッグサイトで盛大に開催される」(08/28)

開会式を見守る大勢のアマチュアの列
アイコムのブースにて、舞台や映画で活躍中の女優で、東京大学大学院生の星野聖良さん(JI1EFB )を招いて、トークショー「私、ハムになりました」を開催しました。

−アイボールQSO−

開局62年になられたJA1AT横瀬 薫さん。東京オールHPの充実に取り組んでおられる。http://www.jmhc-tokyo.qtc-japan.net/
JARD会長有坂芳雄氏(JA1HQG)。お父上の有坂盤雄氏(J2KR)は(戦前)個人局の一番乗りと言われています。

アツデン渇長、佐藤文典氏(JA1NZD)。父上は創業者佐藤孝平氏(exJA1QKU)。現在は社長を子息に譲り二人三脚で会社経営にまい進しておられる。

JASTAブースにて二人のSSTV'erJA8ANQ酒井さん(左)とJA1XVY平野さん(右)

−自作品コンテスト−

最優秀賞(総務大臣賞)
21〜50MHzマグネチックループアンテナ 
JH1OAO 中島 一さん の作品


−ニューモデル−

≪参考出品≫ 
YAESU HF/VHFオールモードトランシーバー FT-991

≪参考出品≫ 
AOR デジタルボイスレシーバー AR-DV1

ALINCO DR-635DV/HV
144・430MHz FM TWIN Mobileトランシーバー

ICOM IC-7850  50周年記念モデル


IC-7850 アイコム50 周年記念モデル

【主な特徴】
・他社高級機を凌ぐ近接ダイナミックレンジを実現した1.2kHz幅のOPTIMUM ROOFING FILTERを新採用。
・Lo(ローカルオシレーター)のさらなる純度向上を達成し、別次元の  C/N を実現。
・ダウンコンバージョンを圧倒するフェーズノイズ特性。  (離調周波数10kHz において-150dBc/Hz、離調周波数1kHz において-140dBc/Hz)
・他を圧倒するスイープスピードと分解能を誇るスペクトラムスコープ。  デュアルスコープ機能や、かつてない高リゾリューションのウォーター  フォールも実現。
・PSK31 モードに加え、PSK63 モードも標準搭載
・50周年記念モデルとして、ボディは特別色ピアノブラックで塗装。  ダイヤルやツマミには金メッキを採用。
・全世界で限定150 台を販売予定。

https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/Ham-Fair.htm

ID-31でも画像伝送が可能に!

OPC-2350LUを発売開始 スマホと無線機を接続して画像伝送などができるAndroidアプリ:RS-MS1A。 従来はBluetoothユニットを搭載したID-5100でしか楽しめませんでしたが、 ID-51 50周年記念モデルをはじめ、ID-31やID-51、IC-7100など既存の D-STAR機でもケーブルを介してAndroid端末に接続できるようになりました。

Windows/Android対応データ通信ケーブル  

OPC-2350LU \4,500+税   OPC-2350LUは、スマホやタブレットなどに接続するmicroUSBケーブルと、 パソコンに接続するUSBケーブルの2種類のケーブルが付属しているため、 Android端末にも、Windowsパソコンにも接続することが可能。 もちろん従来のデータ通信ケーブルと同様、クローニングにも使えます。 なおOPC-2350LUはお近くのハムショップの他、アイコム直販ショップでも 購入可能です。 http://www.icomdirect.jp/SHOP/OPC-2350LU.html

OPC-2350LU Windows/Android対応データ通信ケーブル


KENWOOD ダイハツのATRAI(軽自動車・548,000円)とコラボ、車中泊の運用スタイルをを提案!HFトランシーバーTS-590を搭載。

(取材:JA1FUY、JF1GUQ)

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.24


JANET、JAIG ランチョンミーティング

                 

8月23日、ゆりかもめ国際展示場正門駅横 ワンザ有明ベイモール2F「 加賀屋 東京有明店」にて「JANET、AIGランチョンミーティングを開きました。


参加された24名の方々(敬称略)    

JA2SWH佐竹  JK1PZZ嶋田  JA3PE大西 JA1PIG臼井 JA1FNO須之内 JA3AER荒川
JA1FY野田 JA1RTS日下 JR2PAU永山 .JA1DKN五十嵐 JA1OGX田辺 JA6EGL三宅
JA1BNW廣島 JG1GWL杉本 JA6SOV守田 JA1KRM平塚  KH6JA相馬 JA1DCY神山
JG1BUF酒村 .JH1UNS小磯 JA3CZY三浦 JA3LIL中野  JA1IKA石野 JA2RDI岩本

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.20


アイコム D-STARリグを持ってハムフェア2014に行こう!

                 

毎年恒例のD-STARトランシーバーを持ってハムフェアへ行こう!

キャン ペーンを実施します。


ハムフェア2014のアイコムブース受付へD-STARトランシーバーをお持ち いただくと、抽選で100名様(土日各50名様)に『アイコム50周年記念 ロゴ入りボトルポーチ』をプレゼントいたします。

今年のハムフェアも、D-STARトランシーバーを持ってアイコムブースに お越しください。

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.20


ハムログ作者JG1MOU浜田氏が乗車して「ビール列車」


           

関東鉄道 常総線を2両貸切(60名)の「ビール列車」を企画して特別運行する事になりましたので、ご案内いたします。 この路線は、茨城県取手市(取手駅)から筑西市(下館)まで約50Kmの路線です。


ハムログ作者JG1MOU浜田氏&7M1SZJ高橋氏も乗車して 豪華景品が当たる、ハムログ講座・クイズなどハム仲間と楽しくビールを飲みましょう! ビールは、アサヒスーパードライが飲み放題です。

■ 開催日:9月27日(土)  
■ 受付時間: 関東鉄道 常総線 守谷駅にて  10:30〜11:00 
■ 参加費:4,000円  
■ 申込締切:9月10日まで

※ 参加費は、指定の銀行口座に振込みをお願いいたします。      
口座番号の詳細は、参加申込み後にメールにてご連絡いたします。

(注) お申し込み後に取消される場合、次に定める取消料を頂きますので、予めご了承ください。     
・3日前まで参加費の30%
・2日前からイベント当日、及び無連絡での不参加は参加費の100%

お問合せ・お申込み:JJ1JWE 神戸(jj1jwe@d1.dion.ne.jp)までお願いいたします。
人気のイベントのため応募多数となる事が予想されます。 お早めの申し込みをお勧めいたします。

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.20


病院での携帯使用、原則可能に=電波環境協議会


           〜 医療機関における携帯電話等の使用に関する指針等 〜      

産学官の専門家らで構成する電波環境協議会(会長・上芳夫電気通信大名誉教授)は19日の会合で、医療機器への影響の懸念から原則禁止されてきた病院内での携帯電話使用について、一定の条件を満たせば電源を切る必要はなく、使用できることを盛り込んだ新たな指針をまとめた。  

1997年に策定した指針を全面的に見直した。携帯電話と医療機器の性能が向上したことから「患者や面会者らの携帯端末の使用は可能な限り認められることが望ましい」との見解を示した。医療機器の上に置かないことなどを条件に、待合室や診察室、ロビーなどの場所では携帯の使用を可能にする。  

ただ、医療機器が集中する手術室や集中治療室などでは、引き続き電源を切るよう求める。今後、各医療機関が新指針を基に携帯使用の規則を決める。

(もっと見る)

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.18


CWビギナー講習会 9月21日(日)10:00〜15:00


                 〜主催:株式会社田無タワ FBサウンド田無〜

CWでの交信のノウハウや楽しみ方、 受信・送信の実践練習を詳しく解説します。参加費無料。

講師 JE1TRV 谷口 敦郎氏

     A1 CLUB事務局 
 第1級総合無線通信士

符号を一通りマスターされた方を対象に、これからCWの交信を始めようとされておられる方、 デビューされたばかりのビギナーの方等、 これから始めようと思われておられる方も、ぜひご参加ください。

主催:株式会社田無タワー FBサウンド田無
日時:平成26年9月21日(日曜日)
時間:10時 〜 15時 まで 場所 タワープラザ 会議室  
    東京都西東京市芝久保町5−8−2

お申込み:事前にメール・FAX・電話にて
E-mail:event@skytower195.com
TEL:042-467-1187  FAX:042-469-5071

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.17


D-STAR講習会 9月7日(日)13:30〜15:30


                 〜主催:株式会社田無タワ〜

話題のD‐STAR ビギナーの方から既に運用を始めている方にも じっくりとお聞き頂ける講習を開催します。参加費無料。

4回に分けて講習を行いレベルアップを図ることができます。
(3回目 10月、4回目 11月を予定)

9月7日(日曜日) 13:30 〜 15:30(受付は13:00 〜)

【第2回】 応用編 その1 
 使うと便利な機能の説明等
 「QUICK MENUを使ってみよう!」    

講師:JR1UTI 藤田孝司氏
    
第1級アマチュア無線技士

場所: スカイタワー西東京 地下1階 タワープラザ

申込は:
http://www.skytower195.com/event/dstar.pdf

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.16


「電波の安全性に関する説明会
  ≪知っていただきたい身近な電波の知識≫」を千葉県松戸市で開催



 

総務省関東総合通信局では、「電波の安全性に関する説明会≪知っていただきたい身近な電波の知識≫」を下記のとおり開催いたします。

現在、携帯電話やスマートフォンが爆発的に普及し、また、無線LANやキーレスエントリーなど、日常生活に欠かすことのできない通信システムも拡大しており、今や電波利用は国民生活や社会経済活動に不可欠なものとなっています。  

その一方で、「電波が人体に悪い影響を与えるのではないか」との懸念をもたれる方もおられます。  このため、総務省では、より安全で安心できる電波利用環境を整備するため、電波の影響に関する調査・研究や安全基準の策定・制度化、周知・広報等の施策に取り組んでいるところです。  

本説明会では、この部門で世界的に活躍しておられる独立行政法人情報通信研究機構の渡辺マネージャーから電波の性質や健康への影響、研究の状況などについて、一般の方に分かりやすく説明していただきます。  また、参加者の方々からのご質問にも回答いたします。

1 日時: 平成26年10月9日(木曜日) 13時30分から16時00分まで (受付開始13時00分)

2 場所: 松戸市民会館別ウィンドウで開きます 301会議室(千葉県松戸市松戸1389-1)
       参加に当たっては、公共交通機関をご利用ください。

3 主催: 総務省 関東総合通信局

4 後援: 松戸市(総務部 IT推進課)

5 講演内容

・講演1  「電波の安全性に関する総務省の取り組み」  
       総務省関東総合通信局  電波監理部長 中村 治幸(なかむら はるゆき)

・講演2  「電波防護指針の根拠と測り方」 独立行政法人情報通信研究機構
      研究マネージャー 渡辺 聡一(わたなべ そういち)氏(予定)

6 定員: 150名

7 参加費: 無料

8 申込方法

1.参加ご希望の方は、申込み様式に必要事項を記入の上、総務省関東総合通信局電波監理部 電波利用環境課あてに電子メール、FAX又は電話にてお申し込み下さい。

・電子メールでの申込み  アドレス:info-kankyoka_atmark_soumu.go.jp  

※迷惑メール対策として「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

・FAXでの申込み FAX用紙 「PDF形式:160KB」PDF 「WORD形式:40KB」WORD  
  FAX番号:03-6238-1809

・電話での申込み  電話番号:03-6238-1804

2.申込みは、平成26年8月15日(金曜日)から受け付けます。(事前登録制)
  なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。

※個人情報の取り扱いについて  
  申込みに係る個人情報は、本説明会の参加者確認のみに使用いたします。  
  また、個人情報保護の規定に従って適正に管理することを申し添えます。

総務省関東総合通信局  電波監理部 電波利用環境課

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.16


4U1ITU のQSL発行サービス

                 


ハムフェア2014会場のFEDXPブースに於いて、下記のとおり4U1ITUのQSLカード発行サービスを行います。 4U1ITUからは、OM1AM AttilaとSV3SJ Nickも参加します。 東京VE関連のメンバーでは、 JA1TRC岡さん、JE1XUZ加藤さん、JL1XMN斎藤さん、JQ2WTT玉木さん、JR8OXT横山 さん、JM8DKR横山さんに、FEDXPのブースで対応していただく予定です。



日時: 2014年8月23日(土)10:00〜15:00 2014年8月24日(日)10:00〜14:30

場所: JARL ハムフェア2014会場 FEDXPブース(団体名:Z) J-16

QSL発行できるQSO期間: 1988年01月03 日〜2014年07月20日


発行方法:次のとおり二つの方法があります。

@ 当日に受付で自分のコールサインを申し出てください。自分のQSLカード 及びQSOデータは不要です。尚、焦げ付いている場合は、QSOデータを持参してい ただければCFMの可能性があがります。

A 事前にJK1MZT (E-mail: qsl_4u1itu_2014@yahoo.co.jp )まで「コール サイン」「受け取り予定日」を申告して会場で受け取ってください。

注:混みあっている場合は印刷するQSOの御希望を聞いて処理する場合もありま す。また、少し時間をおいて当日中に受け取りに来て頂く場合もありますので御協力ください。 以上

QSL発行者:4U1ITU運用チーム(担当: JK1MZT)、協力:FEDXP(担当:JK1KSB)

4U1ITU On-site QSL Service on an occasion of JARL Ham Fair 2014

Your QSO(s) with 4U1ITU can be confirmed by an on-site QSL service at JARL Ham Fair 2014. The QSL service is jointly organized by IARC (International Amateur Radio Club: 4U1ITU, President OM1AM) and FEDXP (Far East DX-Ploiters: one of the oldest and highly acclaimed JA DX clubs, President JA4DND) at the occasion of JARL Ham Fair 2014.

1) Date and time (JST): 23, August, 2014 (Sat) 10:00 to 15:00 24, August, 2014 (Sun) 10:00 to 14:30 2) Venue: FEDXP booth J-16 (Registered as Club Z), JARL Ham Fair 2014, Tokyo Big-Sight (Details for JARL Ham Fair 2014:

https://www.jarl.org/English/4_Library/A-4-6_ham-fair/ham-fair.htm)

3) QSO data available for on-site QSLing: From 3rd, January, 1988 to 20th, July 2014

4) Contacts: (e-mail: qsl_4u1itu_2014@yahoo.co.jp)

IARC (International Amateur Radio Club): OM1AM Attila (President, IARC),

Local Organizers:

JK1KSB Oku (FEDXP member) and JK1MZT Hito (IARC life-member)

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.07


航空機内における電子機器の使用制限を緩和


                 〜9月1日より使用制限を緩和〜 


国土交通省は、○携帯電話等の電子機器については、航空機の安全な運航に支障を及ぼすおそれがあるため、従前より、航空法に基づく告示※により航空機内での使用を制限しています。

※「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」(平成15年国土交通省告示第1346号) ○このたび、欧米において航空機内における電子機器の使用に関する方針が変更されたこと等を踏まえて、航空機の安全な運航を確保しつつ、旅客の利便性を向上させるため、この制限を見直し、本年9月1日から使用の制限を緩和いたします。



○主な見直し点は、以下のとおりです。

[1] 電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性に応じて航空機を区分し、その区分ごとに使用可能な電子機器と時間帯を拡大します。    ※航空機の耐性の区分により運用が異なりますので、ご搭乗の航空機内で使用可能な電子機器については、各航空会社にお問い合わせ下さい。

[2] 着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時注)から、全ての電子機器が使用可能となります。
   注)誘導路がない空港については、着陸の後の滑走が終了し駐機場に向かった時

別添(1) 電子機器等を定める告示の見直しの概要(PDF形式:134KB)

[ドアクローズからドアオープンまで使用禁止]
携帯電話【通常モード】、トランシーバー、無線操縦玩具、無線式マイク等


[使用制限なし]
携帯電話【機内モードでBluetoothに接続】
機内の電子機器同士で無線通信を行うもの、無線式ヘッドホン、無線式マウス等
携帯電話注)、携帯情報端末注)、パソコン注)等注)機内モドで機内無線LANシステムに接続

同じ型式の航空機であっても使用可能な電子機器が異なることがあるため、ご搭乗の航空会社にお問い合わせ下さい。

国土交通省

 
 NEWS & TOPICS 2014.08.04


アマチュア局の無線設備の保証に関する要領


 

この要領は、昭和36年郵政省告示第199号(無線局免許手続規則の規定により、簡易な免許手続を行なうことのできる無線局を定める件)第4項、昭和51年郵政省告示第87号(電波法施行規則の規定により許可を要しない工事設計の軽微な事項を定める等の件)第1項の表の1の項及び4の項並びに昭和58年郵政省告示第532号(無線設備の設置場所の変更検査を受けることを要しないアマチュア局の無線設備を定める等の件)の規定により、空中線電力200ワット以下のアマチュア局に係る電波法(昭和25年法律第131号)第3章の技術基準(以下「技術基準」という。)に適合していることの保証(以下「保証」という。)に関することを定めることを目的とする。


第1章  総則

(目的)

第1条  この要領は、昭和36年郵政省告示第199号(無線局免許手続規則の規定により、簡易な免許手続を行なうことのできる無線局を定める件)第4項、昭和51年郵政省告示第87号(電波法施行規則の規定により許可を要しない工事設計の軽微な事項を定める等の件)第1項の表の1の項及び4の項並びに昭和58年郵政省告示第532号(無線設備の設置場所の変更検査を受けることを要しないアマチュア局の無線設備を定める等の件)の規定により、空中線電力200ワット以下のアマチュア局に係る電波法(昭和25年法律第131号)第3章の技術基準(以下「技術基準」という。)に適合していることの保証(以下「保証」という。)に関することを定めることを目的とする。

(保証の対象となる設備)

第2条 保証の対象となるアマチュア局の無線設備は、次のとおりとする。

 (1) 無線局の免許申請に係る空中線電力200ワット以下の無線設備

 (2) 空中線電力200ワット以下の送信機に取り替える場合又は空中線電力200ワット以下の送信機を増設する場合に係る送信機

 (3) 電波の型式若しくは空中線電力の指定の変更又は周波数の指定の変更(水晶片を撤去する場合を除く。)を伴う変更の工事をする空中線電力20ワットを超え200ワット以下の送信機

 (4) 無線設備の設置場所の変更に係る空中線電力200ワット以下の無線設備

アアマチュア局の無線設備の保証に関する要領

 
 NEWS & TOPICS 2014.07.31


アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の
    使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集


           −アマチュア局への475.5kHz帯の割当て等−

 

総務省は、アマチュア局へ475.5kHz帯の割当てを行うため、アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等を作成しました。  
つきましては、改正案について、平成26年8月1日(金)から同年9月1日(月)までの間、国民の皆様から広く意見を募集します。

1 概要  
アマチュア局が使用できる周波数区別(バンドプラン)は、アマチュア局が通信を行うに当たり、その使用する電波の種類に応じて使用できる周波数の区別を定めているもので、混信の防止や通信の秩序の維持に役立っています。  

今般、2012年世界無線通信会議(WRC-12)での結果を踏まえ、平成25年1月に周波数割当計画が変更され、475.5kHz帯がアマチュア業務に割り当てられたことに伴い、当該周波数帯の電波を使用するアマチュア局と他の無線システムとの周波数共用検討を行った結果、必要な周波数共用条件がまとまったことから、アマチュア業務に使用する周波数帯の使用区別等について見直しを行うものです。  

また、アマチュア無線愛好家団体等からの要望を受け、既存の周波数帯の使用区別、中波帯の占有周波数帯幅の許容値等についても同時に見直しを行うものです。  これらにより、アマチュア無線に使用できる周波数帯に475.5kHz帯が追加されるほか、主に中短波帯におけるデータ通信用周波数帯が拡大します。

2 意見公募要領

(1) 意見募集対象

ア 平成21年総務省告示第125号(アマチュア局の無線設備の占有周波数帯幅の許容値を定める件)の一部を改正する告示案(別添1

イ 平成21年総務省告示第126号(アマチュア局が動作することを許される周波数帯を定める件)の一部を改正する告示案(別添2

ウ 平成21年総務省告示第127号(アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める件)の一部を改正する告示案(別添3

エ 平成21年総務省告示第179号(アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める件)の一部を改正する告示案(別添4

オ 電波法関係審査基準(平成13年総務省訓令第76号)の一部を改正する訓令案(別添5

(2) 意見募集期限  

平成26年9月1日(月)17時(郵送の場合は同日必着)  
詳細については、別紙の意見公募要領のとおりです。
 なお、改正案については、連絡先において閲覧に供するとともに、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄に掲載します。

3 今後の予定

寄せられた御意見を踏まえ、速やかに関係告示等の改正を行う予定です。

総合通信基盤局電波部移動通信課

 
 NEWS & TOPICS 2014.07.27


ARRL VEC EXAMINATION RESULT


 

7月26日(土)、ARRL/VEC Tokyo-VEチーム(GM:AI9C)は、東京都北区滝野川東区民センター3階ホールにてFCC AMATEUR RADIO LICENSEの試験を行いました。今回の受験料は$15または1600円でした。

12時45分にはVE(ボランティア試験官)がそろい、12時半からVEミーティング、午後1時から受付を始めて、6名が受験しました。1時から注意事項の説明があり、1時半から試験を始めました。

今回からテクニシャンクラスの問題は新問題集からの出題になりました。
午後3時30分過ぎに試験を終了しました。


試験終了後、「失効FCCライセンス復活・FCC Rule change」の勉強会を開きました。例えば失効したエクストラ級の免許証を持参してテクニシャン級の試験を受けて合格するとエクストラ級に復活できるというFCCの規則が7月21日に発効したことに基づきます。

ノビス級、テクニシャン級、アドバンスド級など各級の事例がありますので、失効免許をお持ちの方には朗報です。いずれにしましても旧免許証とテクニシャン級の受験と合格は復活免許に必須になります。 詳しくは ARRL WebサイトのExam Element Credit Rules and Instructionsをお読みください。


≪ARRLTokyo VE TEAM≫

AI9C(General Manager)   KH2J (Exective Adviser)
AB2ST(Team Liaison)    NV1J(Session Manager)
 
KA1Z N1ENV N2QP W7OXT K3WO K1MZT AI2K W1XMN K7XF NU8O  

次回は2014年10月18日(土)です。
(受験申請の受付は
9月下旬です。)

ARRL Tokyo-VEチームのホームページをご覧ください。


 

 NEWS & TOPICS 2014.07.25


「ハムフェア2014」にアマチュア局電子申請利用の体験ブースを出展


     

総務省は8月23日(土曜日)及び24日(日曜日)に、東京ビックサイトで開催される「ハムフェア2014」に、「電波利用 電子申請・届出システムLite」ブースを出展いたします。  同ブースでは、アマチュア局を対象とした「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」(以下「Liteシステム」)の利用方法・メリットについて実演を交えて紹介するほか、来場者の皆様に電子申請を体験していただける「タッチアンドトライ」を次のとおり実施します。



平成25年のハムフェア2013 総務省ブース

日程: 平成26年8月23日(土曜日)及び24日(日曜日)の2日間

時間: 10時から16時30分頃まで(24日は15時30分まで)

場所: 東京ビックサイト(東京都江東区有明3-11-1) 西2ホール
     「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」ブース

※タッチアンドトライでは、スタッフがご説明しながら、ご本人により操作・入力していただきます。 ※新規ユーザ登録申し込みをしていただけますと、所要の審査を含めて約1週間程度でID・パスワードを郵送いたします。
※一度に多数の方にご来場いただいた場合、タッチアンドトライへの参加をお待ちいただくことがあります。(順番にご案内させていただきます。)

※上記2の再免許電子申請模擬体験でご本人のユーザIDでログインし入力されたデータは、ご希望によりCD−R(無料)に保存してお持ち帰り頂くことができます。(数に限りがありますので、お一人様1回限りとさせて頂きます。なお、CD−Rの配布は無くなり次第終了とさせて頂きますのであらかじめご了承ください。) なお、上記出展内容は予定であり、諸事情により変更等する場合があります。 皆様のご来場をお待ちしております。

Liteシステムに関する情報は,「LiteシステムのWebページ」参照ください。

「ハムフェア2014」に関する情報は、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のホームページをご参照ください。

 NEWS & TOPICS 2014.07.25


スマートフォン等の充電用コネクターによる事故の防止について(注意喚起)

     

7月24日(木)、NITE(ナイト:独立行政法人製品評価技術基盤機構、理事長:安井 至)は、 「スマートフォン等の充電用コネクターによる事故の防止について」の注意喚起を行いました。



ショートした状態のまま通電を続けると、保護回路の働きによって流れる電流量は少なくなるものの、温度上昇が続き、発煙、発熱、発火へと至る。NITE提供

NITE(ナイト)に通知された製品事故情報※1 において、スマートフォンやタブレット型端末等の充電やデータ通信に使用されるUSB ケーブルと機器との接続端子部分での事故(以下「充電用コネクターによる事故※2」と呼びます。)は、平成21 年度から平成25 年度までの5 年間に合計48 件※3 ありました。

被害状況別にみると、軽傷10 件、拡大被害※4 25 件、製品破損※5 13 件となっており、重篤な被害に至った事例はないものの、事故の全てにおいて発煙・発熱・発火のいずれかを伴っています。 周囲の布団などが焼損した事例も報告されており、火災などの重大事故が発生するおそれがあるため、注意が必要です。 充電用コネクターによる事故は、端子部分のはんだ付不良など製品に起因して起こる事故のほかに、使用者の誤使用や不注意等の使い方に関わる事故が多く、次のような事故が発生しています。

・ スマートフォンに充電用コネクターを差し込んだ際に、上下逆に無理に挿入したため、コネクター内部が変形し、端子間がショートして異常発熱し、こたつ布団が焦げた。

・ 充電用コネクター内部に液体(汗や飲料水等)や異物(細かいゴミやホコリ、金属片等)が入り込んだため、端子間がショートして異常発熱し、コネクターが焼損した。

「平成25 年通信利用動向調査※6」によると、スマートフォン及びタブレット型端末の普及台数は近年大幅に増加しており、平成22 年末の世帯保有状況は共に10%未満でしたが、平成25 年末にはスマートフォン62.6%、タブレット型端末21.9%に増加しています。

充電用コネクターによる事故は、「ホコリや水分の多い場所で保管しない」、「無理に力を入れて挿入しない」等、製品の保管時や使用時の注意によって未然に防げる事故が多くあります。スマートフォンなどの普及に伴い、今後も同様の事故が発生することが予想され、火災などの重大事故に至る可能性もあることから、NITE では注意喚起を行うこととしました。

(※1)消費生活用製品安全法に基づき報告された重大製品事故に加え、事故情報収集制度により収集された非重大製品事故やヒヤリハット情報(被害なし)を含む。

(※2)マイクロUSB等の共通規格のほか、各携帯電話(スマートフォンを含む)、タブレット端末等の専用コネクターを含む。

(※3)平成26年6月30日現在、重複、対象外情報を除いた事故発生件数。

(※4)製品本体のみの被害にとどまらず、周囲の製品や建物などにも被害を及ぼすこと。

(※5)被害状況別で、人的被害と同時に物的被害が発生している場合は、人的被害の最も重篤な分類でカウントし、物的被害には重複カウントしない。

(※6)総務省が平成26年6月27日付で公表。

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.24


ハムフェア2014

     
8月23日(土)・24日(日)の2日間、東京都江東区有明の、東京ビッグサ イト西2ホールで、日本のアマチュア無線界最大のイベント「アマチュア無線 フェスティバル ハムフェア2014」を開催します。
「みんなで楽しむハムライフ」をキャッチフレーズに、サブテーマとして「デジタル・モールス ・アウトドア・DX」などの、各自なりぼ新たな楽しみ方への挑戦を通じて、 より広がりを持った アマチュア無線のさらなる楽しさを発見していただく ことを呼びかけます。 ご家族やご友人とお誘い合わせのうえ、ぜひハムフェア2014にご来場くだ さい。







ハムフェア2014出展団体一覧を掲載

http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/2014/Ham-Fair2014-list.htm

ハムフェア2014 臨時D-STARレピータ局を設置(予定)  

ハムフェア2014の会期中に臨時D-STARレピータ局(インターネット接続) を東京ビッグサイト会場内に設置しますのでお知らせします。 どうぞご利用ください。
・コールサイン: JP1YJJ
・周波数  : 439.07MHz(DV)、439.25MHz(DV)、1291.31MHz(DV)、1270.625MHz(DD)
・ローカルIP: 10.0.0.25
・運用期間 : 8月23日・24日のハムフェア期間内 (8月22日は設置にともなう試験運用をおこないます)

ハムフェア2014特別記念局8J1A  

今年も、各周波数帯でアクティブに運用されます。また、8月1日から 会期前のPR運用もおこないます。PR運用は東京都支部と栃木県支部のメン バーが中心となっておこないます。多くの皆様との交信をお待ちしています。  

なお、ハムフェア2014当日の会場8J1Aブースでの運用を希望される方は、 会場での事前申込みが必要です。  ハムフェア当日の開場前は、入場ゲートそばで受付をおこないます。  また、開場後は記念局ブースで受付をおこないます。  ハムフェア当日に8J1Aブースでの運用を希望される方は、JARL会員証 と無線従事者免許証を忘れずにご持参ください。

※ハムフェア会場での運用は、運用希望者多数もしくは運用周波数の組み  合わせ等の都合により、運用の希望や運用周波数の希望に添えない場合  もありますので、あらかじめご了承ください。 ※8J1Aの運用に関するお問い合わせは、JARL業務課までお願いいたします。  電話03-3988-8749、E-mail:oper(アットマーク)jarl.org ※上記アドレスは、スパムメール防止のため「@」を(アットマーク)と 表記しています。

ハムフェアに合わせて、臨時国家試験を東京都江東区有明で開催  

日本無線協会は4月2日付けで、「今年も東京ビッグサイトで実施され るハムフェアの開催に合わせて、8月23日(土)に3・4アマ臨時国家試験 を東京都江東区有明の「東京ファッションタウンビル」(東京ビッグサイト そば)東館9階研修室907で開催する」と発表しています。

試験は3アマが1回、4アマが2回開催で、定員は各回とも150名と なります。 なお、毎月第3日曜日に本部(晴海)でおこなっている3、4アマの 国家試験は、東京都・有明で実施の臨時国家試験の開催にともない、 8月についてはおこなわれませんのでご注意ください。  3・4アマ試験の詳細は、日本無線協会の「第三級及び第四級アマチュア 無線技士国家試験案内」をご参照ください。 ▽日本無線協会が本部(東京)でおこなう8月の3、4アマ国家試験について

http://www.nichimu.or.jp/oshirase/140402.html

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.23


総務省関東総合通信局長が交代

     
平成26年7月22日付けで、関東総合通信局長が交代しましたので、お知らせします。
新:渡辺 信一 旧:岡崎 俊一



関東総合通信局長 渡辺 信一 昭和33年生 東京大学 経済学部 卒

【経歴】

昭和56年4月 郵政省入省
平成11年7月 郵政省東京郵政局郵務部長
平成12年7月 基盤技術研究促進センター出資部長
平成15年4月 総務省沖縄総合通信事務所長
平成17年8月 総務省行政評価局評価監視官 (規制改革等担当)
平成18年7月 国土交通省土地・水資源局水資源部水源地域対策課長
平成19年10月 独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構理事
平成20年7月 総務省九州管区行政評価局長
平成22年1月 経済産業省大臣官房審議官 (IT戦略担当)
平成23年7月 官民交流 (株式会社野村総合研究所主任研究員)
平成26年7月 現職に就任 

 総務省関東総合通信局  総務部 総務課 企画広報室 

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.21


武蔵野クラブ創立60周年パーティが開かれる


     
武蔵野クラブ創立60周年パーティが 日時:7月19日(土) 場所:武蔵野スイングホール で行われました。 受付で60年前の会報コピーが配られ、OMから1954年の創立時の話を聞き、100周年の抱負を語り合いました。

参加者 7K1BIB JA1KK JA1ZI  JA1CQA JA1DIZ JA1DSI JA1DOW JA1ECU  JA1FFM JA1NEJ JA1OGX JA1RTS  JA1RUJ JE1DNG JG1BVX JG1EJY JG1EKA JH1ANH JH1QEK JH1VVW JH1XUP  JI1XKH  JI1XNQ JJ1KCH JJ1SCH JJ1TZB JK1GMB JK1LQB JK1WZU JL1BHN JL1FDX JM1CQJ  JM1EJH  JM1WCS JM1XRL JO1NFL JR1EPR JQ1QVY JA3RDU JH9UJB JA0ED

来賓 JARL東京都支部長 JA1AO,JA1CGC JA1OZK、JA1CQT、JN1DNV JP1GRE)

今後の運営する記念局としてJA1YSW創立60週年記念局も含まれる。
今後の記念局予定(武蔵野地区アマチュア無線協議会が主催予定するもの)
8J1AD  AMDA創立30周年記念局 6月〜7月
8J1YSW  武蔵野クラブ創立60周年記念局8月ー9月
8J60ODA 国際協力60周年記念局 10月ー11月
8J1KP 小金井公園開園60周年記念局 12月
8J1UN 国連創設60周年記念局 2015年度

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.16


音響機器メーカーの山水電気が破産!


     
 元・東証1部上場の音響、映像機器メーカー、山水電気(株)(TDB企業コード985840202、資本金53億8215万8621円、東京都大田区蒲田5−29−3、登記面=渋谷区東2-23-3、代表室越隆氏ほか2名)は、7月9日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。(帝国データバンク)

元・東証1部上場の音響、映像機器メーカー、山水電気(株)(TDB企業コード985840202、資本金53億8215万8621円、東京都大田区蒲田5−29−3、登記面=渋谷区東2-23-3、代表室越隆氏ほか2名)は、7月9日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

2012年4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同年5月3日に上場を廃止。同年12月27日付で、民事再生手続きを終結していたが、その後、資金繰りが続かなくなり今回の事態となりました。現在は経営難などからメーカーとしての活動は事実上行っていません。

1980年代のオーディオブームの時代には、サンスイ、トリオ(現ケンウッド・JVC)とパイオニアの3社でオーディオ御三家と呼ばれ、オーディオアンプの自作時代に高品質の電源トランス、アウトプット・トランスに絶大な人気を誇りましたが、 山水ブランドのトランスの製造・販売・宣伝は、1979年に橋本電気へ移管されて継続しています。

 

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.16


アイコム50周年記念モデル 選べる5色のID-51を限定販売!


     
多彩な機能、簡単設定、優れた操作性などを高く評価いただいています D-STARハンディ機の人気モデル:ID-51ですが、この度アイコム50周年 記念モデルとして、レッド、ターコイズ、ライム、ホワイト、ブラック の5色をラインナップいたします。http://www.icom.co.jp/release/20140715/

型  名    :ID-51 アイコム50周年記念モデル
希望小売価格:54,800円+税
発売予定日  :2014年8月下旬

ID-51アイコム50周年記念モデルは、標準アンテナに加え、特にラジオや エアバンドの受信に威力を発揮するロングアンテナも付属。 さらにD-STARだけではなくアナログレピータの自動リストアップ機能、 従来の約3倍のデータ通信速度を実現するDVモードのFastデータ通信、 AndroidアプリRS-MS1A<フリーウェア>に対応(*)する等、記念モデル ならではの特別な仕様となっています。

50周年記念モデルのID-51は、全世界5000台(各色1000台)で限定販売 いたします。


◎おもな特長

・標準アンテナに加え、ロングアンテナを付属。
・アナログレピータの自動リストアップ&簡単設定を実現。
・Androidアプリ:RS-MS1A(フリーウェア)に対応(*)。
・従来の約3倍のデータ通信速度を実現。
・好みやニーズに合わせて選べる5色のボディカラー。
・アイコム50周年記念オリジナルオープニング画面。
・全世界5000台(各色1000台)限定販売。

(*)オプションのデータ通信ケーブルOPC-2350LUが必要です。

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.16


7月20日ラジオ会館がオープン!



     
ラジオ会館(〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-4 司ビル7F)が7月20日にオープンします。でも、私たちの知っているラジ館とはずいぶん様変わりしています。 写真は7月15日の様子です。テナントとイベントについては同館のWebサイトをご覧ください。 http://www.radiokaikan.jp/

 

 
看板が個性的なビルに生まれ変わりました

7月20日の開店を前に急ピッチでお店の準備が進むラジオ会館

   

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.09


2014 いばらきハムの集いで「電子申請・届出システム」を紹介

     
関東総合通信局では、電子申請の普及促進のため、6月29日(日曜日)に、土浦市民会館で開催された「2014いばらきハムの集い」に「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」の紹介コーナーを設置いたしました。


紹介コーナーでは、ポスターの掲示、利用手引き、手数料がおとくになることなどの説明案内の配布や、デモ用端末を使用して来場された皆様に「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」の画面の紹介を行いました。

来場された皆様からは、すでに電子申請を行っている、これから電子申請を利用してみたいなどのご意見をいただきました。 総務省 関東総合通信局  無線通信部 企画調整課

 
電子申請の紹介コーナー

   

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.07


平成26年3月31日現在の各級アマチュア無線従事者免許取得数

     

総務省は平成25年度末(平成26年3月31日)現在の各級 アマチュア無線従事者免許取得数を発表しました。 

 
第一級アマチュア無線技士
 30,079
第二級アマチュア無線技士
 77,628
第三級アマチュア無線技士
 220,785
第四級アマチュア無線技士
3,055,638
小計
3,384,130

   

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.07


電子版JARL NEWSのサービスを開始

     

JARL Webページ右側ナビゲーション

JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)はかねてから計画中の「電子版JARL NEWS」が、2014年7月1日からサービス を開始しました。電子版JARL NEWSは、JARL会員が閲覧できるもので登録されたコールサインとパスワードが必要になります。

JARL Webのトップ ページの「電子版JARL NEWS」のバナーからご利用ください。

http://www.jarl.org/


・iOS版アプリダウンロード
・Android版アプリダウンロード が用意されています。






電子版JARL NEWSの入口の画面

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


不法無線局の路上取締りで1名を摘発

     − 大阪府高石市で警察署と共同で取締りを実施 −

 

近畿総合通信局(局長:金谷 学(かなや まなぶ))は7月2日、大阪府高石警察署管内において、同警察署及び大阪府岸和田警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  今回の取締りでは、自己の運転する車両に不法無線局を設置していた1名を電波法違反で摘発しました。 取締り結果は、以下のとおりです。



被疑者
容疑の概要
 .長野県駒ヶ根市在住のトラック運転手(54歳 男)
 不法アマチュア無線


総務省近畿総合通信局 電波監理部監視第二課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


不法無線局の海上取締りを実施

     − 名古屋海上保安部と共同で不法無線局の取締りを実施 −

 

総務省東海総合通信局(局長 木村 順吾(きむら じゅんご))は、7月3日、名古屋海上保安部と共同で、愛知県南知多町内の漁港において、船舶に開設した不法無線局の取締りを実施しました。



被疑者
容疑の概要
 .愛知県南知多町在住の男性 (55歳)
 不法船舶無線
. 愛知県美浜町在住の男性 (39歳)

 不法船舶無線



総務省東海総合通信局 調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


不法無線局を開設していた被疑者3人を摘発

     − 石川県大聖寺署と不法無線局の共同取締りを実施 −

 

北陸総合通信局(局長 伊丹  俊八(いたみ しゅんや))は7月3日、石川県加賀市内において、石川県大聖寺警察署と共同で、車両に設置している不法無線局の取締りを実施しました。  この結果、不法無線局を開設していた者3人を、電波法違反の容疑で摘発しました。  
不法無線局は、携帯電話、テレビ・ラジオの受信、消防・救急無線の通信などの妨害の原因となるものです。  なお、摘発された者の容疑は、下記のとおりです。



被疑者
容疑の概要
 .石川県加賀市に在住の男性運転手(43歳)  不法アマチュア 無線をトラックに開設
. 福井県坂井市に在住の男性運転手(70歳)

 不法アマチュア 無線をトラックに開設

. 福井県福井市に在住の男性運転手(39歳)
不法アマチュア 無線をトラックに開設


総務省北陸総合通信局  無線通信部監視調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


不法無線局の共同取締りを実施

     ≪不法無線局開設者1名を摘発≫

 

信越総合通信局(局長 黒瀬泰平)(長野市)は、本日、長野県諏訪警察署と共同で、長野県諏訪郡下諏訪町の国道において、車両に開設した不法無線局の取締りを実施し、運転手1名を摘発しました。  電波利用の高度化、利用分野の拡大が進む中で、不法無線局が消防・救急無線、携帯電話などの市民生活に不可欠な重要無線通信に妨害を与える事例が増加しています。  
このため今後とも、長野県警察と連携して、このような取締りを継続することにより、電波を安心して利用できる環境の向上に努めます。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。


被疑者
容疑の概要
 諏訪市在住 の男性(38歳)
不法アマチュア無線を車両に設置


総務省信越総合通信局  無線通信部 監視調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


不法無線局の開設者を摘発

     − 紋別海上保安部、網走海上保安署と共同取締りを実施 −

 

北海道総合通信局(局長 杉浦 誠(すぎうら まこと))は、7月1日(火曜日)及び2日(水曜日)の2日間、オホーツク総合振興局管内の漁港において、紋別海上保安部と共同で、船舶に開設された不法無線局の取締りを実施し、2名を電波法違反の疑いで摘発しました。 7月3日(木曜日)及び4日(金曜日)の2日間、オホーツク総合振興局管内の漁港において、網走海上保安署と共同で、船舶に開設された不法無線局の取締りを実施し、4名を電波法違反の疑いで摘発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。


被疑者
容疑の概要
. 北海道紋別市在住の男性(56歳)
漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
 北海道紋別郡湧別町在住の男性(54歳)
漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置

被疑者
容疑の概要
 .北海道網走市在住の男性(45歳)  漁船に無線局免許のないパーソナル無線機を設置
. 北海道網走市在住の男性(50歳)

 遊漁船に無線局免許のない船舶用無線機及び
  パーソナル無線機を設置

. .北海道網走市在住の男性(65歳)
漁船に無線局免許のないアマチュア無線機を設置
 .北海道北見市在住の男性(45歳))
漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置


総務省北海道総合通信局  電波監理部 調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.06


JARL会長に山之内俊彦氏(JA7AIW) が就任

 
     − 会長就任ご挨拶 −

 

新会長 JA7AIW
JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)の事業運営につきまして、格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。当連盟の第3回定時社員総会並びに同日総会後の理事会で、稲毛 章に代わり、 私こと山之内俊彦が会長の職を拝命し、理事・尾義則(JG1KTC)、同・前川公男(JA9BOH)が副会長となって新たな体制 でスタートいたしました。 微力ながらアマチュア無線界の発展向上に力の限り努力をいたす所存でございます。  

今後は、従来にも増して、連盟の事業並びにわが国のアマチュア無線の発展向上に努めて参りますので、 なにとぞ倍旧のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。  まずは、略儀ながら御挨拶を申し上げます。 敬具 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 会長 山之内俊彦(JA7AIW)

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.04


不法無線局の開設者を摘発

     ≪山梨県南甲府警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年7月2日、山梨県甲府市の国道140線において、南甲府警察署と共同でタンク車両に開設した不法無線局の取締りを実施し下記の1名を電波法第4条の違反容疑で摘発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。


被疑者
容疑の概要
 静岡県静岡市在住の男性(38歳)
不法無線局の開設 (アマチュア無線機設置)


総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.07.02


簡易な免許手続を行うことのできる無線局を定める
         告示の一部改正案等に対する意見募集の結果


     −アマチュア局の保証の業務を行う者に関する見直し−

 

総務省は、アマチュア局の無線設備の保証の業務を行う者について見直しを行うため、簡易な免許手続を行うことのできる無線局を定める告示の一部を改正する告示案等について、平成26年4月19日(土)から同年5月19日(月)までの間、国民の皆様から広く意見を募集したところ、22件の意見提出がありましたので、提出された意見及びそれに対する総務省の考え方を公表します。 総務省は、意見募集の結果を踏まえ、速やかに関係告示の改正を行う予定です。

1 概要

一定規模以下のアマチュア局を開設又は変更しようとする際、当該アマチュア局の無線設備が電波法(昭和25年法律第131号)第3章の技術基準に適合している旨の保証を受けることにより、簡易な免許手続等を行うことができることとなっています。 今般、この保証の業務を行う者について見直しを行うため、必要な関係規定を整備するものです。

2 意見募集の結果

提出された意見及びそれに対する総務省の考え方については、別紙PDFのとおりです。

3 今後の予定

意見募集の結果を踏まえ、告示案のとおり関係告示の改正を速やかに行う予定です。

関係報道資料

簡易な免許手続を行うことのできる無線局を定める告示の一部改正案等に対する意見募集 −アマチュア局の保証の業務を行う者に関する見直し−(平成26年4月18日)−
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000190.html


総務省総合通信基盤局電波部移動通信課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.26


不法無線局の開設者を摘発

     ≪埼玉県吉川警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年6月26日早朝、埼玉県三郷市内で埼玉県吉川警察署と共同でダンプ車両に開設した不法無線局の取締りを実施し、下記の1名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。  

当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。


実施日
被疑者
容疑の概要
26日
 埼玉県三郷市在住の男性(78歳)
不法無線局の開設
(アマチュア無線機設置)
27日
 埼玉県さいたま市在住の男性(49歳)
 不法無線局の開設
(アマチュア無線機設置)


総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.26


不法無線局の開設者を摘発

     ≪山梨県大月警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡ア 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年6月17日、山梨県大月市内の国道20号線において、大月警察署と共同でダンプ車両に開設した不法無線局の取締りを実施し、下記の1名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。  

当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。 記


被疑者
容疑の概要
 静岡県富士市在住の男性(50歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)


総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.16


さいたま市青少年宇宙科学館で「電波工作教室」

     ≪埼玉県電波適正利用推進員協議会≫

 

6月15日(日)早朝、いつも混雑する道路はいつになくスムースに走行し、「さいたま市青少年宇宙科学館」に到着。駐車場はがらんと空いていました。多くの人は「日本−コートジボワール」観戦の真っ最中でした。そのためか1000万個の星を投影できるプラネタリウムを設備する宇宙科学館の職員が「今日は入場者が少ない」と嘆いていました。この日は同科学館が募集した「電波工作教室」に小学生26名と中学生4名が応募した「ラジオ工作教室」の開催日です。これに埼玉県電波適正利用推進員協議会(富田 忠会長)が協力して14名の電波適正利用推進員が参加しました。

冒頭、「電波の仕組みを知る」DVDを見た後、富田会長から「総務省の紹介、不法電波の取り組みと協議会の活動と説明」、推進員の紹介があり、ラジオの組み立てに入る前に「半田付けの極意」をスライドを使いながら詳しい説明がありました。

製作したラジオは「IC+TRラジオキットIT-16Jr」(発売元:ラジオ少年)を30個用意しました。事前にポリバリコン、電池ボックス、バーアンテナ、電源SWを基板に取り付けておき、小学生がIC、トランジスタ、コンデンサ、抵抗を半田付けします。 この中波ラジオは簡易型なのに受信感度が高く実用性十分です。単3乾電池1個、イヤホンで聞くタイプで電池が長持ちするため防災ラジオとしても使えます。

電波適正利用推進員が付きっきりで半田付けを丁寧に教えました。ラジオの組み立てが完了すると子どもの手でスイッチオン。放送が受信できると好奇心を満たした喜びの表情に変わります。ラジオ少年(少女)の今も昔も変わらない探究心がそこにありました。(JA1FUY/NV1J/JA1ZNG)



※写真にマウスをポイントするとイメージが変わります。

「IC+TRラジオキットIT-16Jr」は、この実体図を見ながら組み立てていきます。

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.12


不法無線局の開設者を摘発

     ≪群馬県藤岡警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年6月10日、群馬県藤岡市の国道254線において、藤岡警察署と共同でダンプ等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施し、下記の3名を電波法第4条の違反容疑で同警察署が摘発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。  

当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。


被疑者
容疑の概要
 東京都練馬区在住の男性(49歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)
 埼玉県入間郡毛呂山町在住の男性(46歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)
 埼玉県秩父市在住の男性(45歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)


総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.08


不法無線局の開設者1名を電波法違反容疑で摘発

     山口県美祢警察署と共同取締りを実施

 

中国総合通信局(局長:齊藤一雅)は、本日、山口県美祢警察署と共同で、テレビ・ラジオの受信、消防・救急無線の通信、携帯電話などへの妨害原因となる不法無線局の取締りを実施しました。 取締り実施場所は山口県美祢市東厚保町山中 国道316号(長門方向)です。

不法無線局(総務大臣の免許を受けていない無線局)を大型貨物自動車に開設していた運転手1名を、電波法違反容疑で摘発しました。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 山口県宇部市在住の男性 (51歳)  不法アマチュア無線


参考

1.電波法違反適用条文(抜粋)
?電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下省略)」
?電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 第四条の規定による免許 (中略) がないのに、無線局を開設した者 第2号 (以下省略)」

2.不法無線局の影響  
不法無線局は、警察無線、消防・救急無線、携帯電話等の重要な通信への妨害、合法無線局の通信への妨害、テレビ・ラジオの受信、電子機器等への障害など、社会的に大きな影響を与える可能性があります。  当局はこのような不法無線局に対して、さらなる取締りを強化します。

3.主な不法無線局

・不法市民ラジオ
不法市民ラジオは、27MHz帯の周波数を使用する不法無線局です。 漁業無線などに混信妨害を与えるほか、空中線電力増幅器(ブースター)を使用した場合は、テレビ・ラジオの受信、電力系ブレーカ、電話機、コンピュータなどにも障害を与える場合があります。

・不法パーソナル無線
不法パーソナル無線は、900MHz帯の周波数を使用する不法無線局です。 設備を電子的に改造したものが多く、正規のパーソナル無線に混信妨害を与えるほか、パーソナル無線として使用できる周波数を逸脱して運用し、携帯電話、防災行政無線、MCA無線などにも妨害を与える場合があります。

・不法アマチュア無線
不法アマチュア無線は、主に140MHz帯、400MHz帯の周波数を使用する不法無線局です。 正規のアマチュア無線に混信妨害を与えるほか、アマチュア無線として使用できる周波数を逸脱して運用し、警察無線、消防・救急無線、鉄道用無線などにも妨害を与える場合があります。

総務省四国電波監理部 調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.08


ダンプカーに開設した不法無線局を摘発

     

 

総務省東海総合通信局(局長 木村 順吾(きむら じゅんご))は、平成26年6月5日、岐阜県加茂警察署と共同で、美濃加茂市内において、ダンプカーに開設した不法無線局の取締りを実施しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 岐阜県御嵩町在住の男性(54歳)  不法アマチュア無線
 岐阜県美濃加茂市在住の男性(49歳)  不法アマチュア無線


摘発に至る経緯

1.当局の電波監視により、当該車両からアマチュア業務に使用する電波の発射を確認し、不法無線局の疑いがあることが判明しました。

2.このため、加茂警察署と共同で取締りを実施したところ、当該車両に免許を受けずに無線局を開設した事実が確認され、摘発となったものです。

適用条文

1.電波法第4条(無線局の開設)

2.電波法第110条第1号「罰則:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」  不法無線局は、テレビ・ラジオの受信、消防救急無線、携帯電話など、国民生活に密着した重要無線通信へ妨害を与えるおそれがあります。  

東海総合通信局では、電波利用環境保護のため、今後も捜査機関と共同で、不法無線局の取締りを厳しく行うとともに、無線設備販売業者等への適切な指導など、不法無線局対策に努めてまいります。

総務省東海総合通信局 監視課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.08


電波法違反の容疑で1名を摘発

      − 釜石海上保安部と共同取締り −

 

東北総合通信局(局長:奥 英之)は、6月4日(水)、不法電波から良好な電波利用環境を保護することを目的として、釜石海上保安部と共同で、岩手県(大船渡市内の4漁港)において船舶(漁船)に開設した不法無線局の取締りを実施し、1名を電波法違反容疑で摘発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 岩手県大船渡市在住の男性(68歳)  漁船に不法無線局(不法アマチュア無線)を開設


適用法令(抄)

(1) 電波法第4条(無線局の開設)   無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。   (以下略)

(2) 同法第110条第1号(罰則)   次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。   第1号 第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者   (以下略)

総務省東北総合通信局 電波監理部調査課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.05


総務省 平成25年度末(平成26年3月末)のアマチュア 無線局数

     
年度
平成26年3月
平成25年12月
平成25年9月
総局数
436,187
436,175
436,074
北海道
39,184
39,284
39,074
東北
43,550
43,396
43,234
関東
121,926
121,873
121,778
信越
18,198
18,124
18,081
北陸
11,485
11,537
11,640
東海
59,594
59,730
59,787
近畿
53,284
53,206
53,189
中国
28,723
28,744
28,810
四国
19,514
19,445
19,506
九州
38,203
38,301
38,263
沖縄
2,526
2,535
2,510


※総務省情報通信統計データベース

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.05


不法無線局の開設者を告発

      ≪山梨県南部警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年6月4日、山梨県南巨摩郡南部町の国道52号線において、南部警察署と共同でダンプカーの車両に開設した不法無線局の取締りを実施し下記の2名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局では、6月を「不法無線局取締り強化期間」として、捜査関係機関と共同で不法無線局を重点的に取り締まることとしており、本取締りは強化期間の一環として実施したものです。当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 静岡県富士市在住の男性(40歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)
 静岡県沼津市在住の男性(41歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)


【参考】

不法無線局開設者への適用条項

・電波法第4条 (無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」

・電波法第110条 (罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者(一部略)  (第2号以下略)」

総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.03


東京オールド ランチミーティング

     ≪旧JMHC東京メンバー16名が懇親を深めました≫

 

東京オールド(会長・JA1DWI 山田豊雄氏)は、6月2日(月)、品川プリンスホテル(東京・品川区)メインタワー38F味街道五十三次にて16名の会員が参集して昼食を食べながら懇親会を開きました。始めに山田会長(JA1DWI)が「昭和36年に開局し既に53年が経ちましたが、80歳で定年退職後、カムバックハムして毎日 オンエアーして交信を楽しんでおります。 趣味としてアマチュア無線を選んで本当に良かったと思っています。」と挨拶しました。

JA1CX朝倉 昭氏の音頭で乾杯し、 参加者の近況へと続きました。東京オールドは前身を「JMHC東京」と言い、昭和30年代にモービルハムの先駆者として一世を風靡したクラブとして知られています。14時30分盛会裏に散会しました。(de JA1AT)



【参加局】

JA1AT JA1CX JA1ID JA1JL JA1ABE ex JA1ABH JA1AEW JA1AOR JA1AOU
JA1BZF JA1DWI  JA1FUY JA1FZA JA1INX JA1DPF JF1AMF (以上16局)

 

 

 NEWS & TOPICS 2014.06.01


「情報通信の安心安全な利用のための標語」局長賞決定

     ≪栃木県下野市立国分寺東小学校に表彰状を授与≫

 

情報通信における安心安全推進協議会が募集した平成26年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」において、関東地区の学校より学校部門に応募のあった作品の中から、次の標語が総務省関東総合通信局長賞として選定されました。  また、総務省関東総合通信局長賞については、平成26年6月4日(水曜日)、下野市立国分寺東小学校において、当局岡崎局長から表彰状等の授与を行います。


【総務省関東総合通信局長賞】

受賞校:   栃木県下野市立国分寺東小学校

受賞作品:   「気をつけて 顔の見えない ネットの会話」

総務省関東総合通信局  情報通信部 電気通信事業課

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.31


平成26年度「電波の日・情報通信月間」記念式典を開催

      ≪5個人、12団体を表彰≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))では、関東情報通信協力会(会長 野口 英一(のぐち えいいち):株式会社山梨放送 代表取締役社長)と共催で6月2日(月曜日) 午前10時30分から ホテルグランドパレス (東京都千代田区飯田橋1-1-1)記念式典を開催します。  式典では、電波利用及び情報通信の発展に貢献された個人及び団体の方々を表彰いたします。


「電波の日」関東総合通信局長表彰

氏名
所属または代表者
功績の概要
 平賀 敏夫  前茨城県電波適正利用推進員協議会 会長 多年にわたり、茨城県電波適正利用推進員協議会の会長を務め、地域に密着した電波の適正な利用のための周知啓発活動に積極的に取り組むなど、電波利用環境の維持に多大な貢献をした。

(参考)  
「電波の日」は、昭和25年6月1日に電波法と放送法が施行され、電波の利用が広く国民に開放されたことを記念して制定されたもので、今年で64回目を迎えます。  「情報通信月間」は、昭和60年に情報通信の普及・振興を図ることを目的に設けられ、5月15日から6月15日までの月間期間中には豊かな生活を実現する情報通信について広く国民の理解と協力を求めるため、全国各地で展示会や講演会など情報通信に関する様々な行事が開催されます。

「電波の日」関東総合通信局長表彰
沖電気工業株式会社 株式会社PCS 三峰無線株式会社 神奈川県神奈川警察署  
群馬県藤岡警察署 埼玉県吉川警察署 長柄町

「情報通信月間」関東総合通信局長表彰
岡村 久和 細野 清文 特定非営利活動法人 NPO埼玉ネット さいたま市 調布市 
株式会社テレビ埼玉 国立大学法人 横浜国立大学教育人間科学部 附属横浜中学校

「電波の日・情報通信月間」関東情報通信協力会長表彰
鷹羽 正光 滝田 幸雄

総務省関東総合通信局  総務部 総務課

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.29


D-STARレピータ「山中湖430」のカバー範囲


 

山梨県南都留郡山中湖村に設置の「山中湖430」JP1YLHはDV 434.10MHz(uplink/downlink逆転)4月26日(インターネット接続) 運用開始したのは既報の通りですが、その後、順調に利用されているようで管理団体一同喜んでおります。

5月第4週末、アクセス範囲の調査を兼ねてスバルラインをドライブしました。国道138号線富士急ハイランド辺りで左折、料金所で往復2,0160円を払い5合目駐車場へ向かいました。この有料道路のほとんどは山中湖方面には富士山の影を走行するため5号合目の駐車場手前まではアクセスできません。駐車場に到着すると、運用場所を選ぶとID-31(1W時)でもアクセスが可能でした。

特に標高2340メートルの「小御岳神社」の展望台からはクジラの形をした山中湖が俯瞰できるロケーションにあり、当然、見通し距離にありますから「山中湖430」はフルスケールで受信できます。世界遺産に登録された富士山の人気は高まる一方で大勢の外国人観光客でにぎわっていました。

この神社は、937(承平7)年の創建で富士山小御岳神社として親しまれており、同神社横に山中湖を見下ろす展望台が設置されていて、アマチュアは絶対に押さえておきたい運用場所になります。富士山登山には小型軽量のID-31の携帯すると「山中湖430」経由して全国各地のD-STARレピータと接続できます。(JA1FUY/NV1J/JA1ZNG)2014/05/26

富士山五合目から頂上を望む。2枚目の写真は左からJJ1HKS、JA1CVF、JF1GUQ)撮影:JA1FUY

富士山五合目から頂上付近、山中湖周辺のカバー範囲を示す地図

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.17


不法無線局の開設者を告発

      ≪群馬県渋川警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年5月14日、群馬県渋川市内の国道17号線バイパスにおいて、渋川警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施し下記の2名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 埼玉県熊谷市在住の男性(53歳)  不法無線局の開設(アマチュア無線機設置)
 群馬県利根郡在住の男性(42歳)  不法無線局の開設(改造アマチュア無線機設置)


参考

不法無線局開設者への適用条項

・電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」

・電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者(一部略)  (第2号以下略)」

総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.15


東北管内における電波監視の状況


東北総合通信局(局長:奥 英之)は、平成25年度における東北管内の電波監視の状況を取りまとめ、別紙のとおり公表します。  電波利用秩序を維持するため、今後も万全の体制にて電波監視に取り組んでいきます。

 
【別紙】 平成25年度の電波監視業務の実施概要(PDF:120KB)

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.15


1200MHz帯の使用は、一次業務に妨害を与えない場合に限る。


新しい無線機を購入したで、北海道総合通信局へ「変更(届け)」電子申請をしたところ技適機種の追加で、無線設備設計書に基づく電波形式、出力など変更が無いにもかかわらず、免許状交付となりました。    

送られてきた免許状には、今までに無かった「付款」※がありました。
 
 「1200MHz帯の使用は、一次業務に妨害を与えない場合に限る。」    

昨年度、省令改正の際追加されたと聞いていますが、天頂衛星「みちびき」の一次利用をアマチュアに知らしめるべく、追加されたと考えます。    

1200MHzを免許を受けている方は、今後、本来免許状交付の対象にならない「届け」においても、受け持ち総合通信局からSASEの要求があるかもしれません。

※法律行為又は行政行為の効果を制限するための定めで、民事実体法上は期限及び条件を指す。     

 

 NEWS & TOPICS 2014.05.15


不法無線局開設者2名を電波法違反容疑で摘発

      − 札幌方面岩見沢警察署と共同取締りを実施 −

 

北海道総合通信局(局長 杉浦 誠 (すぎうら まこと))は、5月12日(月曜日)、北海道樺戸郡月形町において、札幌方面岩見沢警察署と共同で、車両に開設された不法無線局の取締りを実施し、2名を電波法違反の疑いで摘発しました。

摘発の内容

被疑者
容疑の概要
 北海道深川市在住の男性(50歳)  乗用車に無線局免許のないアマチュア無線機を設置
 北海道留萌市在住の男性(58歳)  トレーラーに無線局免許のないアマチュア無線機を設置


参考
不法無線局は、テレビ・ラジオ放送や携帯電話等の生活に欠かすことのできない無線局に妨害を与え、また、消防無線や防災行政無線等の国民の安全な生活を確保するために使用されている無線局の運用を阻害する要因となっています。 なお主な不法無線局の概要及び妨害事例は、別紙のとおりです。

総務省北海道総合通信局  電波監理部 調査課

 
 NEWS & TOPICS 2014.05.15


不法無線局開設者7名を電波法違反容疑で摘発

     − 小樽海上保安部と共同取締りを実施 −

 

北海道総合通信局(局長 杉浦 誠 (すぎうら まこと))は、4月30日(水曜日)から5月1日(木曜日)まで、後志総合振興局管内の漁港において、小樽海上保安部と共同で、船舶に開設された不法無線局の取締りを実施し、7名を電波法違反の疑いで摘発しました。 なお、当局では、関係する漁業協同組合の協力も得て、各漁業者に対する電波法違反防止の徹底を図ってまいります。

【摘発の内容

4月30日(水曜日)

被疑者
容疑の概要
 北海道古平郡古平町在住の男性(63歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
 北海道古平郡古平町在住の男性(73歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
. 北海道古平郡古平町在住の男性(80歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
 北海道積丹郡積丹町在住の男性(64歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
 北海道積丹郡積丹町在住の男性(74歳)  漁船に無線局免許のないアマチュア無線機を設置

5月1日(木曜日)

被疑者
容疑の概要
 北海道積丹郡積丹町在住の男性(76歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置
 .北海道積丹郡積丹町在住の男性(78歳)  漁船に無線局免許のない船舶用無線機を設置


参考
不法無線局は、テレビ・ラジオ放送や携帯電話等の生活に欠かすことのできない無線局に妨害を与え、また、消防無線や防災行政無線等の国民の安全な生活を確保するために使用されている無線局の運用を阻害する要因となっています。 なお主な不法無線局の概要及び妨害事例は、別紙のとおりです。

総務省北海道総合通信局  電波監理部 調査課

 
 NEWS & TOPICS 2014.0514


不法無線局を開設した者を逮捕

      −パソコン・監視カメラを妨害−

 

九州総合通信局〔局長:森下 浩行(もりした ひろゆき)〕は、熊本県八代警察署に不法無線局を開設、運用していた者を電波法違反容疑で告発していたところですが、本日、逮捕されましたのでお知らせします。  

摘発した無線局は、自宅及び車両に設置した高出力の無線機で電波を発射して、道路沿線住民生活へ妨害、また、再犯であることから大変悪質なものです。  

当局では電波利用秩序の維持を図るため、今後ともこのような不法無線局の開設者や運用者に対しては捜査機関の協力を得ながら厳格に対処していきます。

本対象は不法に無線局を開局し、大学が科学技術研究等のために本年2月にJAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)種子島からH−IIAロケット(エイチツーエー ロケット)で打ち上げた小型衛星との通信に障害を与えていたため告発したものです。  

このように不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

被疑者
容疑の概要
 熊本県八代市在住の男性A(39歳)
電波法違反(不法無線局の開設) 

経 過
  
道路沿線住民から、業務で使用しているパソコンのスピーカから男性の声がして時々フリーズしたり、防犯用のカメラに妨害があるとの申告を受け、調査を開始しました。当局の電波監視システムと現地での調査により障害原因と思われる不法電波を発射しているトラックを確認で  きたので、平成25年11月14日八代警察署へ告発していたものです。   

同署は当局の捜査協力の下、本日、当該トラック及び被疑者宅を強制捜査し関係無線機等を押収するとともに被疑者を逮捕しました。

参 考

不法無線局開設者への適用条文(抜粋)     
電波法第4条(無線局の開設)          
「無線局を開設しようする者は、総務大臣の免許を受けなければならない(以下省略)」
    
電波法第110条(罰則)       
「次の各号のいずれかに該当するものは、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。        一 法第4条の規定による免許がないのに、開設した者(一部略)        
二 法第4条の規定による免許がないのに、運用した者(一部略)(以下略)」

九州総合通信局電波監理部調査課

 
 NEWS & TOPICS 2014.05.14


警視庁四谷警察署と共同で不法無線局の取締りを実施

 

総務省関東総合通信局(局長 岡崎 俊一(おかざき しゅんいち))は、平成26年5月12日、東京都新宿区の路上において、四谷警察署と共同でダンプカーに開設した不法無線局の取締りを実施し下記の1名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。

本対象は不法に無線局を開局し、大学が科学技術研究等のために本年2月にJAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)種子島からH−IIAロケット(エイチツーエー ロケット)で打ち上げた小型衛星との通信に障害を与えていたため告発したものです。  

このように不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局は不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます。

被疑者
容疑の概要
 神奈川県川崎市在住の男性(25歳)
不法無線局の開設(アマチュア無線機使用)



不法無線局開設者への適用条項

・電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」

・電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。第1号 法第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者(一部略)  (第2号以下略)」

総務省関東総合通信局  電波監理部 監視第一課

 
 NEWS & TOPICS 2014.05.14


第37回 JASTA主催 SSTVアクティビティコンテスト


 


JASTA 日本アマチュアSSTV協会(代表:JA2HYD)は2014年8月1日〜31日の1カ月間、「第37回JASTA主催アクティビティコンテスト」を開催すると事務局より発表されました。開催要項は次の通りです。



【SSTVアクティビティコンテスト開催要項】

期 間
国際標準時間の8月1日(金)0時 〜 8月31日 (日)24 時
(日本時間 8月1日 9時 〜 9月1日 9時まで)
参加資格
アマチュ ア無線の資格を持ち、SSTVの免許を受けている局。
運用周波数
3.5MHz帯以上で自局に免許された周波数帯 (電波法お よび郵政省令に定められた周波数帯で運用)。
空中線電力
免許され た電力の範囲内 コンテストナンバー: RSV+001から始まる 連番。

連番の桁が足りなくなったら桁を増やしてください。 例えば信号レポートが595で、期間中20局目のQSOであれば、 コンテスト ナンバーは「595020」。
ポイント
可能なかぎり、自分の顔が写っている画像(手描きのイラストも可)に自局のコール サインとコンテストナンバーを入れて送信する。
完全なコンテストナンバー交換もって 下記に示す ポイント点とする。

画像の白黒、カラーは問わない。
コンテストでのQSOは、 相手局と1対1とし、ラウンドQSOは認めない。
海外局との交信もポイントとして認める。
なお、同一局との交信は周波数にかかわらず一日一回のみ有効。
注 意
同一日は、国際標準時間を基準として判定すること。時差の異なる海外局とのQSOにおいて、日本時間で日付が変っていても国際標準時間で同一 であればポイントとし て認めない。
(1) 3.5〜28MHz帯 :1点 (7MHz帯は7.1MHz以上の周波数での交信を推奨しま す)
(2) 50〜430MHz帯 :2点
(3)1200MHz帯以上 :3点
マルチ
バンドに 関係なく以下の項目をマルチとして計上できる。
(1)JAのエリア(10エリア)
(2)JAを除くDXCCエンティティ(JDは DXCCのエンティティとしカウントする)DXCCエンティティ内のエリア(例えば、W1とW2の2エリア交信しても、Wとしての 1マルチ のみ)はマルチとしてカウント出来ません。
(3)運用日数 1日の運用 は1マルチとし最大10マルチ(10日以上の運用をしても10とする)。
総得点
(ポイントの和)×(マルチの 和)。 例えば、 14MHz帯で15局、50MHz帯で8局、430MHz帯で7局、 1200MHz 帯で5局のコンテストナンバ交換した場合、交信ポイントは 15×1+ (8+7)×2+5×3=60となる。

さらにマルチがJAの10エリ ア、DXCC 5エンティティ、運用日数12日の場合、 総得点は 60×(10+5+10)=1500となる。
エントリー部門
国内部門 (J部門):日本国内からのエントリー局
海外部門(S部門):海外から のエントリー局 日本の局が海外カントリーから運用した場合この部門となる。 今回の コンテストで初めてサマリーを提出し初参加か否かの区別およびOM、YL(XYL) の区別 も記入願います。
各部門、 上位3位までに賞状を贈る。
各部門参加局が10局に満たない場合は、1位にのみ賞状を贈る。
また ニューフェース賞を、今回のコンテストが初参加の申告があった局の中から、得点が 1位の局に賞状を贈る。

さらに YL(XYL)のエントリがあった場合、その中で得点が1位の局に ベストYL(XYL) 賞として賞状を贈る。 同一オペレータが、DXペディション等、国外で運用した場合は、JおよびSの2部門にエントリが できます。
ログの提出
ログはe-mailで提出をお願いします。JASTAが定めた書式のフォーマットで記入したサマリーおよびマルチに計上する交信の ログを、下 記のアドレスにe-mailで送付する。 従来、e-mailで受付けた場合は、メールを受領した事を示す返信を事務局より送信していましたが、 今回より廃止いたします。受領有無を確認したい方は、メール送付時にメーラで開封通知要求を設定して送信ください。

コンテストルール違反、サマリ シート記入不備の場合は書類不備として扱います。
サマリーシートの参加部門欄 に、エントリー部門(J、またはS)、今回のコンテストが初参加か否かの区分、 およびOM、YL(XYL)の区別を明記のこと。

JARLの コンテストサマリーに記入する場合、JAのエリア、DXCCカントリーのマルチは合計して、 バンドの欄に「エリア+DXCC]と追記しマ ルチプライヤーの欄に記入して下さい。また運用日数のマルチについては、 バンドの欄に「運用日数」と追記し、マルチプライヤーの欄にコン テストで運用した日数を記入して下さい。

JASTAが定める書式については、JASTA事務局のホームページをご覧ください。
ログの締切
2014 年9月30日のタイムスタンプ有効。これ以降は無効。
ログの提出先
e−mailの宛先 ja3wzt@mue.biglobe.ne.jp
注意点
相手局を呼び出すとき は、先に音声で呼び出し、応答を確認してから画像を送信するようにしてください。 いきなり画像で呼び出すようなことは避けてください。

・CQを送信する際は十分にワッチし、音声で周波数が使われていない事を確認してから送信し てください。

・同一局との交信はHF、 VHFを問わず1日1回のポイントしか認めない。クロスバンドによる交信は認めない。

・同一日は 国際標準時間で定義する。 ・同時に2 波以上の電波の発射によるものはポイントとしない。

・ラウンドQSOを認めないので、実質少ないチャネルしか使用できない周波数帯では、長時間周波数を占有しないように運用して下 さい。

・バンドプランを遵守し、各局の自主的な判断で多くの局にチャンスが得られるように運用を心掛け てください。

・コンテスト中、「自分の 自画像」を送らない局との交信も得点として認めますが、可能な限り自画像を入れた画像で交信してください 。

・参加者のみなさんの良識で、サマリシートの提出をお願いします。

・サマリシー トの内容が、不明な場合等にはログの提出を求めることがあります。
結果発表

JASTA事務局のホームページ、QTC-Japan.com、CQハムラジオ等に結果を掲載。

その他
送信画像にJASTAのロゴマークを貼り付けて使用できるよう、JASTA事務局のホームページ上にロゴマークを置きますので、 ダウンロードし積極的にご活用ください。

特定局だけとのナンバー交換を避けて多くの局との交信 を、また1日でも多くの運用を楽しんでください。 今年も上記の通り1ヶ月間のコンテストを実施いたしますので、奮ってご参加ください。
JASTAコンテスト事務局

ENGLISH (JASTA SSTV Activity Contest Rules)

 
 
 
 
QTC-Japan.com
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2000-2014