(2009.12.31以前のニュースはこちら)
 NEWS & TOPICS 2010.03.30


第2回上海国際アマチュア無線フェスティバル 4月3日〜5日

2009上海 Ham Radio Expo + Fest.

第2回上海国際アマチュア無線フェスティバル(上海国際無線電展=Shanghai Ham Radio Expo + Fest.)は昨年に続いて上海国際展覧中心を会場に4月3日(月)〜5日(月)の3日間、CRSA(中国無線電運動協会)、SRSA(上海無線電運動協会)の主催で開催されます。(209年は6月6日〜8日)

■ 詳しくは同フェスティバルのホームページをご覧ください。

 

 NEWS & TOPICS 2010.03.27


Greenland-YL expedition 2010


From the 16th to the 20th September 2010 there will be 6 YLs from different countries leaving for Greenland to activate amateur radio from Kangerlussuaq with call OX6YL.

The Yls are OZ7AGR Inger, LA6RHA Unni, IT9ESZ Ruth, F5RPB Evelyne, LA8FOA Ingrid and DJ6US Walli.

A web site has been made and will be published in the near future. We hope when time comes that many yls will come on the air. 33 de Unni (TNX JR3MVF)

 NEWS & TOPICS 2010.03.26


ホンダ カセットボンベ発電機 enepo(エネポ)

ホンダは3月25日、市販のカセットコンロ用ガスボンベを燃料にアウトドアや災害時用の電源として使える屋外用の発電機 enepo(エネポ)を発表した。キャリーバッグサイズが特徴。ホンダ系の販売店やホームセンターなどで5月13日から発売する。価格は10万4,790円。

折りたたみハンドル付で移動もラクラク 折りたたみ式の移動ハンドルと大型キャスターがついているので持ち運びができる。
カセットボンベ2本で最大2.2時間の連続運転ができる。気体エネルギーなのでキャブレター詰まりなども軽減される。

エネポは、カセットコンロ用ガスボンベ(250グラム)2本をセットしてスイッチを入れ、ロープを引くだけで最長約180分の連続運転が可能。通常の100ボルトの出力がある。パソコンや照明器具、電動工具やアウトドアの際の調理機器の電源のほか、地震などの災害時には非常用電源にも使える。

【主な仕様】
 名称/機種呼称
エネポ/EU9iGB
 交流定格出力(50/60Hz)
100V - 900VA
 連続運転可能時間(h)
約2.2〜約1.1 (1/4負荷〜定格負荷)
 発電方式
多極式インバーター
 騒音レベル[dB(A)/LwA] *3
81(3/4負荷)
79〜84(1/4負荷〜定格負荷)
 全長(mm)
365
 全幅(mm)
262/442 *1
 全高(mm)
524/944 *1
 乾燥重量(kg)
19.5
 全装備重量(kg)
20.4
 使用燃料
LPG(液化ブタン/指定カセットボンベ)*2
 燃料容量(g)(ボンベ装填本数:2本)
500(カセットボンベ2本の標準容量)
 使用可能温度(℃)
5〜40
 エンジン名称
 〔種類〕
GXH57
〔空冷4ストローク単気筒・OHV〕
 総排気量(cm³
57.3
 点火方式
フル・トランジスタ
 始動方式
手動
 標準装備 発電部・エンジン部
エコスロットル、正弦波インバーター制御、
並列運転端子、過負荷警告灯、出力表示灯 オイル/転倒警告灯
フレーム部
折りたたみ式ハンドル、大型キャスター

※1 ハンドル折りたたみ時
※2 燃料は東邦金属工業(株)のカセットボンベをご使用ください。
※3 エコスロットルON時
●50Hz/60Hzの周波数切り替え機能があります。

ホンダの公式ホームページ

 NEWS & TOPICS 2010.04.09


JUNK EXPRESS (3) 

SONY PCG-R505Q
SONY PCG-R505Q

SONY PCG-R505QはKさんの移動用ノートPCと同一モデルだったと思います。 マニュアル等すべて揃っていました。メモリは最初の状態ですから256MBで8,000円で手に入れましたす。こ

のモデルは128MBがマザーボード上に実装されていて、128MBが ソケットに刺さっています。その128MBを512MBに交換すると 640MBになります。外付けDVDドライブもついていました。 さっそくYAHOOで512MBのメモリを見つけ注文しました(まだ届いてい ません)。 256MBのままですと、スワップ大発生でまともに動いてくれません。

そんな 状況ですが、リカバリーディスクで最初の状態に戻し、XPのSP3まで ネットでバージョンアップしておきました。

HP nx9005

SONY PCG-R505Q
HP nx9005は、HPに吸収された旧コンパックのノートPCで、メモリ は256MB+512MB装着してありました。こちらは電源アダプタ (19V4A)とHDDが欠品のため格安のJUNKでした。さっそく80GB のHDDを装着し、手持ちの電源アダプタを装着。WinXPをインストールす るとサクサク動いています。 もうノートPCはいらないと思いながら、魅力的なJUNKがあると手を出して しまいます。放出されるものはどこか欠陥がありますから、そこをクリアしてや るゲーム感覚が楽しい(苦しい?)のです。特にnx9005は内蔵CDから ブートしてくれないので頭を抱えましたが、USBでブート機能のあるDVDド ライブを接続して、そこからXPをインストールしました(一部BIOSをだま しながら....ハイ)。 埃をはらい、ベンジンでクリーニングすると、立派なハム専用ノートPCが2台 できましたので、次の機会に山荘に持参いたします。

JUNK EXPRESSで申し上げたいのは、実利ではなくて、素材探しの楽 しみ。その素材にちょっと手を加えて"化けた"時の喜びを伝えたいですね。 最近の秋葉原はリースアップの品物くらいしか目ぼしい出物が見つからない状況 です。ノートPCはだいたい2万円。1万円以下で手に入るなら、話のネタにな ると思い、紹介しました。
                               de JF1GUQ/KA8J/JA1ZNG

 NEWS & TOPICS 2010.03.25


JRI 第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験案内

1 申請書の受付期間

4月期の試験 平成22年 2月1日(月)から20日(土)まで、8月期の試験 平成22年 6月1日(火)から20日(日)まで、12月期の試験 平成22年 10月1日(水)から20日(月)まで。郵送により申請書を提出する場合は、申請書が完備しており、受付期間中の消印のあるものに限り受け付けます。

2 試験の日時及び試験科目

資格別
試験期
試験の期日
(点字の試験を含む)
試験科目及び試験開始時刻
第一級アマチュア
無線技士
4月期
 10日(土)
法 規
9: 30
電気通信術
11: 40
無線工学
13: 00
8月期
 29日(日)
12月期
 11日(土)
第二級アマチュア
無線技士
4月期
 11日(日)
法 規
9: 30
電気通信術
11: 40
無線工学
13: 00
8月期
 28日(土)
12月期
 12日(日)

■詳しくは日本無線協会
  【第1級および第2級アマチュア無線技士国家試験案内】をご覧ください。

 NEWS & TOPICS 2010.03.24 Updated


JUNK EXPRESS (1) ThinkPad R40eの掘り出し物

いつものハードオフめぐりの中で、このノートパソコンThinkPad R40eが出てきました。7,350円 2004年モデルの廉価版ですが、それでも現行のネットパソコン以上のスペックを持っ ています。
IBM ThinkPad R40e

メモリーが128MBしか搭載していないことから、きっとスワップ大量発生でまとも に動かないので放出されたものと思います。メモリ 512MB×2を追加すべくネッ トで検索すると

I-O DATA PC2700 (DDR333) S.O.DIMM 512MB SDD333-512M/EC ¥ 1,880

がアマゾンで見つかりました。

パソコンの要求スペックはPC2100規格のメモリーですが、 探したものはPC2700です。さらに情報を探すと、PC2700メモリはPC2100で動作す る模様です。

すでにこの規格の製品は製造終了で市場在庫のみ。中古でもこのくらいはしますので2枚購入しました。そういうわけで1万円少々でそこそこ立派なWindows XPノートパソコンが手に 入りました。 難あり商品はどこに問題があるのか推察して、そこを補強するとたいてい良 くなります。

購入したノートパソコンは外観がきれいで液晶バックライトの劣化もありませ んでした。なぜかHDDが60GBに換装されています。HDDを変えるくらいなら、メモリー追加したらよかったと思われます。 ただいま24時間連続試験運転中。これでコンテストに使えることが確認出来ま した。

追加】 IBMノートパソコンのR40eはバッテリーを調達しましたので、新品同様になりました。総額はネットブックの新品に近くなりましたが、機能ははるかに高いので満足していますが、あまりお得感はなくなりました。機能しないバッテリーをだましながら使っていて、コンテストログが途中で働くなったら困ります。 ノートパソコンのバッテリーはアマゾンに出品している専門店から購入し価格は8千円弱でした。純正品ですと2万円位しますからお得でした。  de JF1GUQ/KA8J/JA1ZNG

 NEWS & TOPICS 2010.03.21


ハムスクエア ソフトウエアラジオの新バージョン Soft66LC

ハムスクエアはSoft66ADD のローコストバージョン Soft66LCを発表しました。回路構成はほとんど同じですが、部品などを低価格品にすることで値段を下げました。受信周波数は 2.5MHz〜25MHz位までです。Rocky、Winradなどの復調ソフトに対応しています。 Soft66LCの詳しい情報は、こちらのサイトで紹介していきます。

Soft66LCは60dBのRFアンプを内蔵しているので、ほとんどの場合利得不足になる ことはありません。ノイズフロアも-110dBと組み合わせるサウンドカードにもよ りますが、市販の中程度の受信機などに劣らない感度を持っています。
受信の様 子は、YouTubeでご覧になれます。

価格は6,800円です。ハムスクエアから申し込みできます。(JA7TDO)

Soft66LC is low cost version of Soft66ADD.
2.5MHz to 25MHz USB control

 NEWS & TOPICS 2010.03.19


WIRELESS INSTITUTE OF AUSTRALIA(WIA) 100周年

WIA 100周年のロゴ
WIAはオーストラリアでアマチュア無線を組織して100周年を迎えました。
1910年3月11日、Hotelオーストラリア、マーティン・プレイス、シドニー でのミーティングは、オーストラリアの Wireless TelegraphyのInstituteを創設した後、名称から「電信| を外しました。 設立ミーティングの議長(ジョージ・テイラー)は「 実験者と無線電信を構成するよう」提案しました。

同様の機構はメルボルンでも設立されました。50人が出席した1911年11月30日のビクトリアの Amateur Wireless Society、 1913年、ビクトリアのWireless Instituteに改名して、オーストラリアのWireless Institute ビクトリア支部に。 クイーンズランド(1912)のWireless Instituteが続いて、 西オーストラリア人のラジオクラブ(1913)はオーストラリアのWireless Institute、オーストラリア西部セクションになりました。

1924年5月、メルボルンで行われる連邦ミーティングで、 実験者(しばらく無線電信に対する責任を持っていた郵政公社総裁によって望まれていた結果)の代理をするために全国的な協会になりました。 シドニーの ミーティングから正に100年、 オーストラリアの Wireless Institute of Australia は世界一古いグループなのです。

2010年はオーストラリアのすべてのアマチュア無線家に忘れられないお祝いになります。 特別コールサインの VK100WIA は人気になるでしょう。 WIA Centenary Award を目指してください。 記念ロゴはWIAメンバーのQSLカードに使用されます。

100周年の特別行事についてはWIAのホームページでご覧になれます。

(以上IARU E-Letter for March 2010より、抜粋翻訳しました)

【ご参考】
各国のアマチュア無線団体創立年
WIA(豪州)1910年、RSGB(英国)1913年、ARRL(米国)1914年、IARU(国際アマチュア無線連合)1925年、JARL(日本)1926年

 NEWS & TOPICS 2010.03.19


列車無線に妨害を与えていた違法無線局開設者を告発
   ≪神奈川県川崎臨港警察署と共同で違法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年3月17日に神奈川県川崎臨港警察署と共同で鉄道事業用の無線通信に妨害を与えていた違法無線局の取締りを実施し、運転する車両に違法無線局を開設していた、下記の2名を電波法第53条の違反容疑で同警察署に告発しました。

被疑者
容疑の概要
 神奈川県厚木市在住の男性(57歳)
アマチュア無線の違法運用
 神奈川県横浜市在住の男性(46歳) 
アマチュア無線の違法運用

経過
1 昨年10月に東京急行電鉄株式会社より同社が運行する東急世田谷線の列車無線に混信妨害が入るとの申告を受け、当局の電波監視システム(DEURAS)により妨害源の発射状況等を把握するとともに出現地域における探査を行っていたものです。

2 発射源の探査の結果、都内及び近郊を走行する運送会社の複数の車両から違法電波が発射されていることを確認、この行為は非常に悪質であることから鉄道の安全運行の万全を期するため断固とした措置を行う必要があり、神奈川県川崎臨港署と共同で取締りを実施し同署へ告発を行ったものです。

3 鉄道事業用無線局は、鉄道の安全な運行を支えている重要な通信手段であると共に、電波法においても重要無線通信に位置付けられているもので、司令所との列車間の安全運行のための連絡などに使用されている無線です。

4 本件は、アマチュア無線用として販売されている無線設備を改造するなどにより、本来アマチュア無線局に許されていない周波数の電波を発射し、これらの重要な無線通信に混信・妨害を与え正常な列車の運行に支障をきたし、列車の遅れや緊急時の安全確保に影響が生ずるなど国民生活に多大な影響を及ぼすおそれがあるものです。  

当局は、今後もこのような違法行為に対しては、厳格に対処していきます。

参考違法無線局開設者への適用条項

・電波法第53条(指定外周波数使用の禁止等) 「無線局を運用する場合においては、無線設備の設置場所、識別信号、電波の型式及び周波数は、免許状等に記載されたところによらなければならない。(以下略)」

・電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第5号 法第53条の規定に違反して無線局を運用した者(一部略) (第1号から第4号及び第6号から第10号略)」

         総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.03.17


筑波宇宙センター 特別公開 4月17日(土)

筑波宇筑波宇宙センター(茨城県つくば市千現2-1-1)は筑波研究学園都市の一画にあり、1972(昭和47)年の開設です。人工衛星やロケットなど将来の宇宙機の研究開発や開発試験、そして打ち上げた人工衛星を追跡管制するネットワークの拠点として重要な役割を担っています。また国際宇宙ステーション計画に向けた「きぼう」日本実験棟の開発や試験、宇宙飛行士の養成などを行っています。

日本の大型ロケットの自主技術を確立した H-Uロケット
同センターでは4月17日(土)10時〜16:00 科学技術週間の一環としてをの特別公開を行います。(受付時間10:00〜15:30)(入場無料)

当日の主なイベント
・春の講演会 古川宇宙飛行士による講演〜ヒュ-ストンから生中継〜 JAXA職員による講演 
・GPSお宝探し〜準天頂衛星初号機「みちびき」打ち上げに向けて
・水ロケット教室 ・ロケットツアー 
・エコキャンペーン実施 
・スタンプラリー

つくばエクスプレス線「つくば駅」から無料送迎バス(4/17のみ無料)を運行します。
http://www.jaxa.jp/visit/tsukuba/

 NEWS & TOPICS 2010.03.16


講習会で使った3アマ、4アマ教科書を寄付してください

5年前に立ち上げた「NPO法人ラジオ少年」もなんとか活動を続けております。お陰様で昨年9月にNPO法人 ラジオ少年では、北海道総合通信局から認定を受け、第4級アマチュア無線技士の養成課程講習会を 開催しております。

今年4月からは、第3級アマチュア無線技士講習会の認定もいただいております。特に青少年の受講料を大幅に安く(4アマ 6750円、3アマ4750円) した効果があって、昨年8月までやっていたJARDの講習会では、年間一人の 青少年が受講すれば良い方でしたが、すでに25人の青少年が受講し資格を得て おります。

講師等には、ボランティアでお願いしておりますが、さらに講習会の経費を少 しでも落とそうと、講習会で使われている3アマ教科書、4アマ教科書を皆様に 寄付をいただいております。QTC JAPANの読者の皆様に3アマ、4アマ の教科書のご寄付を呼びかけていただけないものでしょうか。 私どもでJARD の講習会を受講した方に教科書の寄贈を呼びかけたところ、7割近いかたが、 「すぐ処分した」との回答でしたので、なかなか集まりません。 de JA8ATG

「教科書」提供の申し出は原恒夫さん(JA8ATG) ja8atg@jarl.comへ。
また、Tsuneo Hara JA8ATG Hokkaido Japanを合わせてご覧ください。

 NEWS & TOPICS 2010.03.15


1エリアSSTVミーティング in 茨城大会 盛会裏に終了

女体山(877m) の頂上付近

3月14日(日)、茨城県つくば市・筑波山京成ホテルにて「1エリア新春SSTVミーティング」(世話人・JA1BBI、JM1VWQ)がSSTV愛好家30名を集めて開かれました。当日は筑波山神社近くで「梅まつり」の期間中とあって道路が渋滞していましたが、午後3時過ぎに会場に勢ぞろいして、近くのロープウェイつつじヶ丘駅から山頂まで約6分、そこから歩いて女体山(877m) へ登りました。

山頂から関東平野を一望にできる絶景が楽しめ、家族づれでにぎわっていました。往復料金が1,100円のところをホテルのフロントでもらった割引券を利用して半額の550円で利用しました。

午後6時前に記念写真を撮り、午後6時から懇親会を始めました。JM1VWQの司会によりスタート、JA1BBI野口さんの歓迎のあいさつがあり、北海道より参加のJA8WBX関根さんの乾杯で懇親会が進みました。筑波宇宙センターの参加者を決めるあみだくじに始まり、オークション、お土産交換会などを楽しみ、参加者による自己紹介へと続き、午後8時30分ごろにお開きとなりました。editor`qtc-japan.net

参加局
JA2HYD 7N1SFT JI1QYY JA1EO JN1VNW JA1FMU JK1KMR JA1BDD 
JA8WBX JF8HOY JI1XBC JA1VNS JG1IEF JF1DAA JH1JHN JA1XVY JQ1LVQ JJ1JWE JA1FUY JA1CVF JA1BBI 同XYL JM1VWQ JI1ILB 同XYL
JA1DWQ JA7AGL JA1ND JA7UQ JA1CJB

15日(月)翌朝、約20台の車、筑波宇宙センター(つくば市千現2-1-1)へ移動した後、午前10時からロケットZONE、人工衛星ZONE 国際宇宙ステーションZONE 「きぼう」日本実験棟ZONEを見学して午前11時3分ごろに散会しました。 QTC-Japan

1エリアのSSTV愛好家の皆さんによる記念写真
 NEWS & TOPICS 2010.03.09


不法無線局の取り締まりで捜査機関に感謝状を贈呈

総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、電波利用の増大に伴い急速に増加している無線局の通信を確保し、電波利用の秩序を維持するため、不法無線局の取締りに積極的に取り組んでいます。  

今回、重要無線通信に混信妨害を与えていた不法無線局の検挙など、不法無線局取締りに功績のあった捜査機関に対して次のとおり感謝状の贈呈を行います。

被表彰団体名
功績の概要
表彰
1 茨城県取手
  警察署
同署は、当局からの不法無線局取締りの要請にこたえ、平成21年6月及び11月、同署管内においてこれを実施した結果、不法無線局を開設した6名を摘発するなど情報通信行政に多大な貢献をした。
3月 9日
2 栃木県那須塩原
  警察署
同署は、独自に平成21年中に同署管内において不法無線局の取締りを実施した結果、不法無線局を開設した10名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月11日
3 栃木県矢板
  警察署
同署は、独自に平成21年中に同署管内において不法無線局の取締りを実施した結果、不法無線局を開設した13名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月10日
4 群馬県下仁田
  警察署
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した3名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月25日
5 群馬県吾妻
  警察署
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した1名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月24日
6 千葉県館山
  警察署
同署は、当局からの要請にこたえ、平成21年中に同署管内で独自取締り及び共同取締りを行い、不法無線局を開設した3名を電波法違反で摘発するなど情報通信行政に多大な貢献をした。
3月24日
7 警視庁駒込
  警察署
同署は、当局からの不法無線局取締りの要請にこたえ、平成21年5月に当局と共同して重要無線通信に妨害を与えていた不法アマチュア無線局開設者4名を電波法違反で検挙するなど、情報通信行政に多大な貢献をした。
3月26日
8 警視庁東京湾岸
  警察署
同署は、当局からの不法無線局取締りの要請にこたえ、平成21年3月、同署管内においてこれを実施した結果、不法無線局を開設した2名を摘発するなど情報通信行政に多大な貢献をした。
3月26日
9 警視庁渋谷
  警察署
同署は、独自に平成21年中に同署管内において不法無線局の取締りを実施した結果、不法無線局を開設した6名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。 
3月26日
10 神奈川県伊勢原
   警察署 
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した3名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。 
3月25日
11 神奈川県相模原
   警察署
同署は、当局からの不法無線局取締りの要請にこたえ、平成21年8月に当局と共同して、申告に基づく未割当周波数を使用していた不法アマチュア無線局開設者2名を電波法違反で検挙するなど、情報通信行政に多大な貢献をした。
3月25日
12 山梨県鰍沢
   警察署
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した4名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月 9日
13 山梨県南部
   警察署
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した3名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月10日
14 山梨県 南アルプ
  ス警察署
同署は、同署管内において不法無線局の取締りを継続的に実施し、平成21年にもこれを実施した結果、不法無線局を開設した2名を摘発するなど情報通信行政に貢献をした。
3月 9日

連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.03.08


電子申請・届出システムLite
      メンテナンスに伴うシステム停止(予定)のお知らせ


総務省 電波利用 電子申請・届出システムLiteからのサービスに関するお知らせ。
下記の日程でシステム保守を行うため、保守作業の間、本サイトは閲覧できません。 利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、停止時間終了後再度お越しいただき ますよう、ご理解及びご協力をお願いします。

停止時間
平成22年
 3月20日(土) 17時00分 〜 平成22年 3月21日(日) 8時30分
 3月21日(日) 19時00分 〜 平成22年 3月22日(月祝) 8時30
 3月22日(月祝) 19時00分 〜 平成22年 3月23日(火) 8時30分
 3月27日(土) 19時00分 〜 平成22年 3月28日(日) 8時30分
 3月28日(日) 19時00分 〜 平成22年 3月29日(月) 8時30分
 3月30日(火) 19時00分 〜 平成22年 3月31日(水) 8時30分
 3月31日(水) 19時00分 〜 平成22年 4月 1日(木) 8時30分

総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite ホームページURL http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

 NEWS & TOPICS 2010.03.02


中学生が国際宇宙ステーションの野口宇宙飛行士と交信

総務省関東総合通信局(武内信博局長は、本日、野口さんと交信する会(会長 安田 聖(やすだ さとし))に対して、中学生が国際宇宙ステーションに滞在する野口聡一宇宙飛行士とARISSスクールコンタクト(注1)を行うためのアマチュア無線局の免許を付与しました。  

この無線局は、中学生がARISSスクールコンタクトを行うことにより、科学技術に対する理解と関心を深めることを目的として臨時に開設されるものです。 ARISSから割り当てられる平成22年3月4日(木曜日)の軌道条件、野口宇宙飛行士の勤務時間等を考慮した最適な時間に、野口宇宙飛行士の母校である茅ヶ崎市立浜須賀中学校体育館内に設置された無線設備を使って、浜須賀中学校の生徒が交信する(注2)予定です。

(注1) 国際宇宙ステーション上のアマチュア無線局を運営するための組織ARISS(Amateur Radio on the ISS(International Space Station)) により、アマチュア無線を使用して、国際宇宙ステーションに滞在しているアマチュア無線の資格を持っている宇宙飛行士と子ども達が交信を行うプロジェクトです。

(注2)  アマチュア無線局の運用は無線従事者の資格が必要ですが、このARISSスクールコンタクトを行う場合は、一定の条件下であれば資格を持たない方でも交信ができるものとされており、今回はこの方法によるものです。総務省告示第154号(平成14年3月22日)により、操作を行うのは小中学生であること、上級の無線従事者が立ち会うことなど、資格を持たない方でもARISSスクールコンタクトができる条件を定めています。

無線局概要

免許人
 野口さんと交信する会(会長 安田 聖)
免許の年月日
 平成22年3月1日
免許の有効期限
 平成22年3月31日
無線設備の設置場所
 神奈川県茅ヶ崎市松が丘2丁目8−54
  茅ヶ崎市立浜須賀中学校体育館
呼出符号
 8J1SN

具体的な日程等のお問い合わせ先
神奈川県茅ヶ崎市松が丘2丁目8−54      
神奈川県立茅ヶ崎市立浜須賀中学校 教頭
TEL 0467−85−1262

総務省関東総合通信局 無線通信部陸上第三課

NEWS & TOPICS 2010.02.28


ARRL/VEC 東京VEチーム 2月27日の試験に20名合格

ARRL/VECのPatch
2月27日(土)、午後1時、東京・北区滝野川東区民センター3階第2ホールでARRL/VEC東京VEチームによる、「FCCアマチュア・レディオ・ライセンス試験」が行われ、受験者21名とVE(ボランティア試験官)19名が参加しました。

予備登録は26人でしたが、キャンセル5名、受験した21名の内、合格したのはTechnician class 2名、General class 8名、Amater Extra class 10名の合計20名で、不合格は1名でした。

午後4時30分に試験をすべて終了しました。 セッション・マネジャー(KA8A)の進行で熱心な話し合いが行われました。最後にリエゾン(Liaison=連絡)の交代が告げられ、KH2JからAC5TBに引き継がれました。また次回のセッション・マネジャーにKA1Zが指名されました。この後、場所を駒込の小料理店「花輪」に移してVEによる新年会を兼ねた懇親会が開かれました。editor@qtc-japan.net

参加したVE : KA8A/JD1BKQ KA1Z/JA1IFB NI1J/JA1XVY KE2YX/JA6ITP NV1J/JA1FUY NY8L N2QP/JQ1OCR W6HGY/JA1HGY AC5TB/JH0MRP
AC2BE/JG1ALA W1XMN/JL1XMN AH0V/JI5RPT AE6UR/JA1WPX N1KS/JA1FUI K7XF/JP1PZE W6LJ/JA1OZK AE6YW/JI1DSO AI9C/JR1CBC KH2J/JA1TRCの皆さんでした。

*次回の試験は、2010年5月1(土)、同じ場所で開催すると発表されました。
詳細は東京VEチームウエブサイトで告知されます。
 
ARRL/VEC 東京VEチームの試験

 NEWS & TOPICS 2010.02.28


南チリを襲った8.8地震のモニター周波数
  


2月27日土曜日の早く南チリを襲った8.8地震IARU、Region2、および Red Chilena Nor Austral de Servicio(RECNA)は、アマチュア無線家が地震と津波情報をモニターすることを勧めています。:

SSB frequencies:

80 meters
 3.738, 3.750 MHz
15 meters
 21.200, 21.350 MHz
40 meters
 7.050, 7.095 MHz
10 meters
 28.300, 28.500 MHz
20 meters
 14.200, 14.350 MHz
-
-

(via CQ Public Service Editor Richard Fisher, KI6SN)

ご参考:世界的な緊急通信は、 14.300、18.160、および21.360MHz です。

 NEWS & TOPICS 2010.02.26

不法無線局の開設者を告発
  ≪神奈川県加賀町警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年2月25日、横浜市中区において、神奈川県加賀町警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  

今回の取締りでは、運転する車両に不法無線局を開設していた下記の2名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
 神奈川県厚木市在住の男性(37歳)
 不法アマチュア無線の開設
 神奈川県横浜市在住の男性(37歳) 
 不法アマチュア無線の開設

参考】 不法無線局開設者への適用条項

電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」
 
電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以 下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定に よる免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」
 

       連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.02.24


ALINCO HF ALL MODE TRANSCEIVER DX-SR8J

 

フロントパネルセパレーションもできるDX−SR8J、新発売! 大きく見やすい液晶パネル、シンプルな操作、それでいてキーヤーやナローフィルター、スピーチプロセッサーまで標準搭載するHFオールモードトランシーバー、DX−SR8J。135KHzから30MHzまでのゼネカバ受信にも対応する久々のアルインコ製HFリグです。

オープン価格 (保証認定による申請が必要です。)

・ HF帯1.9〜29MHzアマチュア無線バンドをSSB/CW/AM/FMモードで送受信。同じくオールモードで135KHz〜30MHzを受信するレシーバー機能やデュアルVFO,3バンクx200ch=600chの大容量メモリーはBCLやユティリティ受信にも欠かせません。

・ フロントパネルセパレーション式のボディは240(w)×94(h)×255(d) mm 、約4.1Kgとコンパクト。市販の吊り手やモービルブラケットが使えるビス穴も付いて持ち運びに便利、スピーカーとマイクコネクターはフロント側に搭載しているので延長ケーブルはEDS−17(5m)を装着するだけの手軽さです。

・ A/BデュアルVFO,6桁アルファヌメリック表示が可能な600chメモリー、ナローSSB/CWセラミックフィルター、オートキーヤー&スピーチコンプレッサー搭載、もちろんEDX−2オートチューナーにも対応します。

・ SSB/CW/FM最大100W(AMは40W)の出力はQRPモード搭載で1Wを含む3段階の切り替えができます。オーディオ出力は2Wで優れた音質の聞きやすいフロントパネルスピーカーと相まって受信が快適です。選択度と受信感度もFB、もちろんCTCSSエンコード付きで29MHz FMレピーターにもアクセスできます。TCXO採用で±1ppmの周波数安定度なら画像・文字通信などでもQRHによる乱れがありません。

・ VFO,メモリー、プライオリティスキャンと多彩なスキャンモード。タイムモードでは設定した時間(1秒〜30分)でスキャン再開できるため、スケルチ解放でも動作します。アマチュア無線ばかりでなく、HFDL(短波を使った航空機の位置情報プロット)のようなデータ通信などのモニター時、メモリーに登録した複数のチャンネルを自動巡回させるのに便利です。

・ 見やすく明るい大型液晶表示、RIT/TXIT、RFゲイン調整、リニアアンプ接続用ALC出力とリレー端子、ダイヤルロックとキーロック、ノイズブランカー、TX-RXランプ、オートパワーオフ、スプリットQSO機能、高SWR保護回路etc...ベーシックなHF運用に欠かせない機能は網羅しているので:
◎ニューカマー 
◎移動サービス用のセカンドリグ 
◎「リタイアしてハムを再開したいが最近のリグは直感的に使いづらそう...」「ハム免許は持っているが大きなアンテナが要る送信よりも手軽なアンテナでBCLを再開したい、でも通信型受信機は高い物しか無いからなぁ・・」というカムバック・ハム 
◎クラブ局、記念局運用やペディの場合、オペレーターが頻繁に変わるので複雑な操作のリグでは使いにくい… といったニーズにマッチする、シンプル・リーズナブル・高性能なHFトランシーバーです。

[お断りとご注意]
*DX-SR8は輸出を中心に開発された製品です。Jバージョンは日本のアマチュア無線バンドに適合させており、保証認定を受けて運用できますが、技術基準適合品ではありません。取扱説明書は英文で、和文については簡易的なものしか付属しません。こちらの補足説明書も合わせてお読みください。(PDF/40kb)
*100W仕様のみのため、50W(3級・移動局)で申請される場合は別途改造の上(半田ブリッジ1箇所)、申請手続きが必要です。ご購入前の場合は予め販売店にご相談ください(ご購入前でもこの改造は有償です)。ご購入後の場合は弊社サービスセンターで承ります(改造・証明書発行手数料¥5,250,代引き運賃込み発送手数料¥1,260)。尚、JAIA加盟販売店では店内で改造と証明書発行ができる場合があります。
* 20W仕様はありません。改造と証明書の発行も行っておりません。

アルインコ株式会社

 NEWS & TOPICS 2010.02.21


QTC-Japan ハムクラブ 新年会を熱海で

熱海梅園の梅

2月20日、QTC-Japanハムクラブの新年会を静岡県熱海市の東京証券業健保保養所にて開きました。参加者はJA1IFB、JA1XVY、JA1CVF、JH1VVW、JF1GUQ、JA1FUYの6人でした。今回のトピックスは岡田さん(JA1CVF)の1kW免許状(山中湖村・固定局)の免許状の手渡しでした。

これは無線設備共用によるもので、QTCジャパンハムクラブ(JA1ZNG)の1kW免許状(山中湖村固定局)を同時期に取得しています。これで1kW局は岡田さんとクラブ局を加えて8局になりました。

同グループは「オールJAコンテスト」4月25日、26日に合わせて山荘開きを始めるとオーナーから発表がありました。同地は海抜千メートルの保養地にあるため雪解けを待っての山開きとなります。 なお、 同メンバーはARRL/VEC 東京VEチームの試験にVEとしてJA1IFB/KA1Z、JA1FUY/NV1J、JA1XVY/NI1Jの3人が参加するほか、 3月14日は2010年1エリア新春SSTVミーティング(筑波山) にJA1CVF、JA1XVY、JA1FUYがそれぞれ参加することにしています。

さらに4月3日(土)のJAIGミーティング(上野精養軒)に次の8人が参加して日独ハムの交流を楽しみます。JH1VVW、JF1GUQ、JA1IFBJA1CVF、JA1KJW、JA1XVY、JJ1JGI、JA1FUY(太字はJAIG会員)。

他にJF1GUQによるRTCLとインターフェースの製作が完了し、本格的なRTTYコンテストへの参加を目指すことになりました。21日早朝、保養所から徒歩10分の熱海梅園を散策して10時半ごろに散会しました。

左からJH1VVW、JA1IFB、JF1GUQ、JA1XVY、JA1FUY 中央は1kW免許状を持つJA1CVF

 

 NEWS & TOPICS 2010.02.20


国際電気通信連合(ITU)無線通信規則委員会委員への立候補

伊藤 泰彦(KDDI研究所会長)
我が国政府は、平成22年(2010年)10月開催予定の国際電気通信 連合(ITU)全権委員会議(メキシコ・グアダラハラ)において実施される無線通信規則委員会(RRB)委員選挙において、我が国からRRB委員にKDDI研究所会長(KDDI顧問)の伊藤泰彦(いとう やすひこ)氏を擁立し、その当選を目指して総務省内に選挙対策本部を設置しました。

伊藤泰彦氏は、これまで長くITUの無線通信部門の業務に携わり、平成15年(2003年)には無線通信総会の議長を務めるなど、国際的に活躍されてきており、これまでの功績が関係諸国から高く評価されています。 総務省では、関係者と協力しながら、この選挙における当選を目指し、諸外国への支持要請を積極的に行ってまいりたいと考えております。 情報通信国際戦略局国際政策課

伊藤泰彦氏の主なITU活動: 1997年〜2003年:無線通信部門第4研究委員会(ITU-R SG4)議長 ・2003年:無線通信総会(RA2003)議長。

 NEWS & TOPICS 2010.02.18


ケンウッド、ハイチ地震復興支援で無線機器を提供

JVC・ケンウッドグループの事業会社であるケンウッドは、去る1月12日に発生した大地震で大きな被害を受けたハイチ共和国首都ポルトープランスにおける、被災者救援や被災地復興に役立てていただくために、下記のとおりアマチュア無線機器を寄贈しましたのでお知らせいたします。

支援内容  被災地では大地震によって交通や通信などのインフラが破壊されているため、公共インフラに頼らずに交信が可能な通信機器(ケンウッド製アマチュア無線機器)を、現地で通信手段の確保など救援活動をサポートしているドミニカ共和国のアマチュア無線団体Radio Club Dominicano, Inc. に対して、American Radio Relay League(米国アマチュア無線連盟)を通じて寄贈させていただきました。  被災者の方々に対しましては、謹んでお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

JVC KENWOOD

 NEWS & TOPICS 2010.02.17

不法無線局の開設者を告発
  ≪千葉県印西警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年2月16日、千葉県印西市内において、千葉県印西警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  

今回の取締りでは、運転する車両に不法無線局を開設していた下記の4名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
 茨城県筑西市在住の男性(68歳)
 不法アマチュア無線の開設
 茨城県鹿島市在住の男性(49歳) 
 不法アマチュア無線の開設
 千葉県印旛郡酒々井町在住の男性(60歳)
 不法アマチュア無線の開設
 茨城県北相馬郡利根町在住の男性(49歳)
 不法アマチュア無線の開設

参考】 不法無線局開設者への適用条項

電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」
 
電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以 下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定に よる免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」
 

       連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.02.11

不法無線局の開設者を告発
  ≪茨城県笠間警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年2月9日、茨城県笠間市内において、茨城県笠間警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  

今回の取締りでは、運転する車両に不法無線局を開設していた下記の4名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
 茨城県笠間市在住の男性(39歳)
 不法アマチュア無線の開設
 新潟県新潟市在住の男性(51歳) 
 不法アマチュア無線の開設
 茨城県常陸大宮市在住の男性(41歳)
 不法アマチュア無線の開設
 埼玉県三郷市在住の男性(37歳)
 不法アマチュア無線の開設


参考】 不法無線局開設者への適用条項

電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」
 
電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以 下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定に よる免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」
 

       連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.02.07


JMHC全国大会(東京大会)開催準備

2010年2月6日午後3時、東京オールド(旧JMHC東京)とJMHC東京大井町の世話人8名が品川プリンスホテルに集まり、ホテルの係り員を交えて大会会場を視察しました。当日の宴会場と同じ最上階の「富良野」にて立食パーティーの飲食のテーブル、司会、演壇、スライドショーの映写幕の位置、記念写真の場所と段取りを確認しましたほか、照明の調節についても念入りな打ち合わせを行いました。

左からJA1DPF、JA1AT、三浦さん(プリンスホテル)、JA1CX、JA1DWIほかの皆さんによる打ち合わせ

この後、場所を変えて大会の段取りについて詳細な打ち合わせを行い、

1.全国への案内状発送は2月中に発送したい 

2.公式ホームページで先行予約の受け付けと参加者のコールサイン発表する

3.モービルハムの興味ある方なら誰でも参加できる

4.参加者の集合は時間厳守の徹底 

などを申し合わせて午後5時ごろに散会しました。

会場の中央マイク、演壇付近は看板を経費節約の観点から付けませんが右側にスライドショーのスクリーンを設置して「第45回JMHC全国大会(東京大会)」の名称を掲げることにしています。また、JMHC全国大会(1回〜44回)の集合写真を投影するほか、全国大会の創設者の一人、故・柴田俊生(JA1OS)OM乾杯の写真や昔の懐かしい写真を披露する計画です。

左側壁際に料理が並び、その後方に飲み物のサービスがあります。ビール、ウイスキー、オレンジジュース、ウーロン茶などが用意されます。中央に丸型テーブルが8脚、右側壁際に椅子が並びます。 入場口付近で会費を払って入場した後は、場所の指定がありませんので参加者同士、自由に歓談していただきます。なお、同ホテルは全館禁煙となっていますのでご注意ください。 (TNX JA1AT)

JMHC全国大会(東京大会)公式ホームページ

 NEWS & TOPICS 2010.02.05


28.640MHzモービルハム「10年会」を計画

28.640MHzモービルハム愛好家の小野さん(JA1BU)らが、このほど「10年会」を企画しています。6月12、13日(土、日)に富士宮市田貫湖畔の宿「富士」を予約して開催を決めたということです。近日中に2000年以前に「28.640MHzモービルハムの集いに」参加された方々に往復葉書を発送する手はずになっています。

「28.640MHzモービルハム」グループは、関東圏を中心にモービルハムの愛好家が28.640MHzを呼び出し周波数に交信を楽しみ、年に一回のミーティングを開いて親睦を深めてきました。北海道や九州からの参加者がいて全国的なネットが構築されていました。しかし、サイクル23のボトム期に合わせるかのように28MHz帯のアクティビティが下がると同時に、2000年の節目にミーティングの休止宣言が小野さんにより発せられて今日に至っています。 

同グループは、かつて各地で恒例の一泊ミーティングを開いて懇親を深めるほか、オークションやタヌキ狩り(FOXハンティングと同じ)を催して人気を博しました。28.640MHzを中心に3波〜4波の微弱な電波(タヌキ)を捕まえる競技で、各人が工夫したアンテナと車で追いつめるだいご味はモービルハム愛好者に好評を博しました。それから10年を経て「10年会」の構想が打ち上げられ、小野さん(JA1BU)、小栗さん(JJ1JJV)、渡辺さん(JH1SFY)らにより、実行に移されることになりました。近くミーティングの詳細が発表されると思われます。(TNX JA1BU)

 NEWS & TOPICS 2010.02.04

不法無線局の開設者を告発
  ≪神奈川県中原警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年2月3日、神奈川県川崎市内の県道2号において、神奈川県中原警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  

今回の取締りでは、運転する車両に不法無線局を開設していた下記の1名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
 神奈川県横浜市旭区在住の男性(44歳)
 不法CB無線の開設


参考】 不法無線局開設者への適用条項

電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」
 
電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以 下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定に よる免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」
 

       連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.02.02


FCC AMATEUR RADIO LICENSE ARRL VEC EXAMINATION ご案内

開催日 : 2010年2月27日(土) DFebruary 27th, 2010 (SAT)    

時 間 : 13:00〜 (会場には13:00まで入れません)

場 所 :東京都北区滝野川1−46−7  滝野川東区民センター 3階 第2ホール
     
都電「滝野川1丁目駅」下車/徒歩約3分   
     都バス「滝野川2丁目」下車/徒歩約5分   
     JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子駅」下車/徒歩13分

   会場近辺の地図です。赤い十字の所が会場の滝野川東区民センターです。

受験料 : US$15.00 または 1,500円
(為替相場の変動により邦貨は変わることがあります)

ARRL VEC TOKYO VE TEAMでは、上記の日時に ARRL/VECの試験を開催します。 この試験をお受けになりたい方は、受験の予備登録用紙と返信用封筒( SASE: 郵便切手80円分を貼付、 返信用の封筒は長型3号:12 X 23.5 cm をお使いくだ さい)をなるべく早めに下記あてお送りください。

現在有効なFCC免許または現在有効な合格証明書(CSCE)をお持ちの方は、それぞれのコピーを1枚、 予備登録用紙と一緒にお送りください。予備登録をなさった方には、試験予約票、NCVEC Form 605 および会場の地図等をお送りいたします。(発送は2月中旬を予定しています) 予備登録をなさっていない方の受験はお断りすることがあります。

予備登録用紙 : MS-Word 版   Acrobat PDF 版

予備登録用紙がうまくダウンロードできない方は、郵便切手80 円分を貼ったSASEをなるべく早めに下記あてにお送りください。用紙をお送りいたします。

受験にあたってはアメリカ国内に郵便を受け取る場所(メーリング・アドレ ス)があること、ならびにFCCの発給する FRN(FCC Registration Number) の取得が必要です。(FRN の取得方法) また、こちら 「受 験上の注意」 を 必ず良く読んでおいてください。試験日には、本人確認の書類としてパスポートの提示を求めます。

なお、この試験は ARRL VECが認定した試験官個人がボランティアとして行っ ているもので、試験官が日本で所属する団体・会社等ならびに会場の提供者等と 一切関係ありません。

問い合わせ 申し込み先
      〒114-0024 東京都北区西ヶ原 4-32-5 
              川上昌則 宛      E-mail: arrl_vec_tokyo@yahoo.co.jp

ARRL/VEC Tokyo VE Team:

ENGLISH PAGE Last updated: February 28th, 2009

岡 誠一 JA1TRC/KH2J  E-mail: kh2j@arrl.net

ARRLのサイトでサーチ

                                          (TNX KH2J)

 NEWS & TOPICS 2010.02.01

JAIGミーティング2010の打ち合わせ

独ミュンヘン在住のDF2CW/JA7HM、壱岐さんを迎えて東京・秋葉原で「JAIGミーティング2010」の打ち合わせを行いました。出席したのはJA1FY、JA1MYW、JG1GWL、JA1FUY、JR0DLU、JA1IFB、JA1CVFの皆さんでした。「JAIGミーティング2010」はJAIG独ハムの訪日に合わせて大阪(3月24日〜3月31日)、東京(3月31日〜4月5日)でそれぞれ日独ハムの交歓と観光を行うもので、歓迎の手順など詳細な打ち合わせを行いました。 JAIG:Japanese radio Amateur In Germany

東京では秋葉原周辺の散策(3月31日)、東京周遊・浅草・隅田川舟下り・浜離宮(4月1日)、日光観光(2日)、東京観光と上野精養軒でJAIGミーティング(3日)、鎌倉見学&成田空港へ(4日)、ドイツに戻る(5日)計画です。


 NEWS & TOPICS 2010.01.30

ハムスクエア Soft66GPS(未加工ケース付き送料込み)

Soft66GPSは、LoにGPSタイミングモデュール、WI125を搭載したSDRフロントエン ドです。価格19800円。WI125は、GPS衛星により校正されたパルス出力を備えており、30MHz付近までの出力が可能です。同期が取れると10E-12の精度が保たれます。
現状では、コントロールソフトが未完成のため、GPSビューワーからコマンドを 入力、その後コントロールソフトでBPFの設定を行います。 Soft66GPSには最大60dBの可変ゲインアンプが使われているので、用途に応じて ゲインを調整することが可能です。 詳細は、Soft66GPSをごらんください。 ハムスクエア のWEBサイト。


 NEWS & TOPICS 2010.01.28

不法無線局の開設者を告発
  ≪神奈川県藤沢警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内 信博局長)は、平成22年1月27日、神奈川県藤沢市内の県道30号戸塚・茅ヶ崎線において、神奈川県藤沢警察署と共同でトラック等の車両に開設した不法無線局の取締りを実施しました。  

今回の取締りでは、運転する車両に不法無線局を開設していた下記の3名を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  

当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
 静岡県御殿場市在住の男性(32歳)
 不法アマチュア無線の開設
 静岡県沼津市在住の男性(32歳)
 不法アマチュア無線の開設
 愛知県岡崎市在住の女性(40歳)
 不法CB無線の開設


参考】 不法無線局開設者への適用条項

電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」
 
電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以 下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定に よる免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」
 

       連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第二課

 NEWS & TOPICS 2010.01.24

Vertex Standard FTM-350/H
   144/430MHz帯デュアルバンドFMモービルトランシーバー

かつてないデュアルバンドモービル ― 大画面フロントパネルにツインスピーカー搭載、APRSR対応

・大型フルドットディスプレイ採用のセパレート型モービル機
・ V/Uともに50W出力(FTM-350H)、同時受信・フルデュプレックスのハイスペック機
・ 自局の位置表示をする高精度GPS機能と1200/9600bps AX25 モデムによる     APRSR対応
・ 広帯域0.5〜999.9900MHzの広帯域受信(一部周波数をのぞく)
・ フロントパネルの背面に2つのスピーカーを搭載
・ 周波数などの読み上げおよび受信信号の録音機能(オプション対応)
・ 送信した電波を約300m離れた場所で聞くことができるモニター機能(オプション対  応)
・ BluetoothRによるワイヤレス運用(オプション対応)
・ 左右それぞれ500ch+PMS18ch+優先チャンネルメモリ1ch、合計1038chの
  大容量 メモリ。8桁のタグ表示(カタカナ)が可能
・ 気圧センサーモジュール実装、気圧・高度データの変化をグラフ表示

144/430MHz帯デュアルバンドFMモービルトランシーバー
FTM-350(20Wタイプ)
FTM-350H(50Wタイプ)
総務省技術基準適合証明取得機種
4アマ免許(FTM-350Hは3アマ免許)

標準価格
標準構成品
 FTM-350 81,800円(税込)
 FTM-350H 86,800円(税込)
 MH-48A6JS DTMFマイク、3mセパレートケーブル、モービルブラケット、コントロールパネルブラケット、スピーカーケーブル、ほか

すぐにはじめられるAPRSR通信
APRSR用のAX.25モデムを内蔵しているので、オプションのGPSアンテナを接続するだけで、すぐにAPRSR通信を楽しむことができます。

■ FT-350の製品情報はVertex Standardのホームページをご覧ください

 NEWS & TOPICS 2010.01.22


ARRL ハイチ地震被害に通信機器を援助 (Jan 22日 2010)

ARRLはハイチの通信インフラストラクチャを再構築するため、アマチュア無線通信を支援するハム援助プログラムによりローカル アマチュアの機器を提供しています。

ARRL Sends Ham Aid Equipment to Haiti (Jan 22, 2010) Even though the communications infrastructure in earthquake-ravaged Haiti is being rebuilt, there is still need for Amateur Radio communications. To assist in this effort, the ARRL's Ham-Aid program is providing equipment for local amateurs to use.
Full Story

 NEWS & TOPICS 2010.01.21

ICOM  広帯域レシーバー IC-R6

優れた受信感度、卓越した2信号特性のバランスを継承し、 さらに進化したベストセラーレシーバー。

品 名
広帯域レシーバー
型 名
IC-R6
発売予定日
2010年1月中旬
価 格
27,090円(税込)
年間目標販売台数
計6000台


. . . . .



アイコム株式会社(福井勉社長)は、広帯域レシーバーIC-R6を発売いたします。 優れた感度、卓越した2信号特性のバランスで携帯型レシーバーのベストセラーとなったIC-R5。新製品のIC-R6はその受信性能を継承しながら、さらなる各機能の強化と操作性の向上を果たしています。

BTL回路&大型スピーカーの採用により、最大AF出力150mW以上の大音量を実現。特に屋外や車内など、騒音の中での受信に威力を発揮します。また、弊社最高レベルを誇る100ch/秒※1の高速スキャン、約15時間※2の長時間受信、空線キャンセラーをはじめとした充実のシグナリング機能※3、VSC機能、AFフィルターを搭載した他、エアバンド等の主要な周波数をプリセットすることで、より快適で高度な受信を可能にしています。 IC-R6はエアバンドや各種ユーティリティ無線の受信から、非常時の防災無線やラジオ放送の受信まで、幅広く活用できる高性能レシーバーです。

おもな特長
・0.100〜1309.995MHzの広帯域をAM/FM/WFMでカバー。(一部周波数帯を除く)
・多彩なスキャン機能と100ch/秒※1の高速スキャンを実現。
・空線キャンセラーをはじめとした充実のシグナリング機能※3。
・各種シグナリング機能と併用可能なVSC(ボイススケルチコントロール)機能。
・BTL回路&大型スピーカーの採用で、聞き取りやすい大音量を実現。
・エアバンドをはじめ、すぐに使える主な周波数をプリセット

※1 VFOモード時。
※2 AF出力50mW、付属のNi-MH電池を使用、外部スピーカー(8Ω負荷)接続時。
※3 空線キャンセラー、トーンキャンセラー機能は、全ての空線信号を検出するものではありません。

■ 詳しくはICOM WEBサイトの製品情報をご覧ください。

 NEWS & TOPICS 2010.01.20


JRI 第一級及び第二級アマチュア無線技士国家試験案内

1 申請書の受付期間

4月期の試験 平成22年 2月1日(月)から20日(土)まで、8月期の試験 平成22年 6月1日(火)から20日(日)まで、12月期の試験 平成22年 10月1日(水)から20日(月)まで。郵送により申請書を提出する場合は、申請書が完備しており、受付期間中の消印のあるものに限り受け付けます。

2 試験の日時及び試験科目

資格別
試験期
試験の期日
(点字の試験を含む)
試験科目及び試験開始時刻
第一級アマチュア
無線技士
4月期
 10日(土)
法 規
9: 30
電気通信術
11: 40
無線工学
13: 00
8月期
 29日(日)
12月期
 11日(土)
第二級アマチュア
無線技士
4月期
 11日(日)
法 規
9: 30
電気通信術
11: 40
無線工学
13: 00
8月期
 28日(土)
12月期
 12日(日)

■詳しくは日本無線協会のホームページを参照ください。

 NEWS & TOPICS 2010.01.19

不法ドッグマーカー・不法アマチュア無線の開設者を告発
      ≪神奈川県秦野警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫


総務省関東総合通信局(武内信博局長)は、平成22年1月16日午前6時から、神奈川県秦野市の狩猟場付近において、神奈川県秦野警察署と共同で、不法無線局の取締りを実施しました。  今回の取締りでは、不法無線局を開設していた下記の5名を電波法第4条の違反容疑で秦野警察署に告発しました。  

当局では、狩猟における無線の適正な利用に関して周知啓発を行ってきたところですが、アマチュア無線家から狩猟者が不法に猟犬用発信器(通称「ドッグマーカー」)やアマチュア無線機を使用し、混信・妨害を与えているとの相談が寄せられていたことから、今回初めて共同で取締りを実施したものです。  

不法に開設された無線局は、テレビ・ラジオの受信や各種電子機器の機能に障害を与えたり、携帯電話や消防・救急無線等の市民生活に必要不可欠な無線通信に妨害を与えるなど、健全な電波利用環境を乱す原因となっています。  当局はこのような不法無線局に対して、更なる取締りを強化します。

被疑者
容疑の概要
東京都世田谷区在住の男性(71歳)
不法ドックマーカー及び不法アマチュア無線の開設
神奈川県秦野市在住の男性(58歳)
不法アマチュア無線の開設
神奈川県秦野市在住の男性(61歳)
不法アマチュア無線の開設
神奈川県秦野市在住の男性(46歳)
不法アマチュア無線の開設
神奈川県伊勢原市在住の男性(68歳)
不法アマチュア無線の開設

狩猟における無線の利用についての詳細 パンフレット  

【参考】 不法無線局開設者への適用条項 ?電波法第4条(無線局の開設) 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」 ?電波法第110条(罰則) 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。 第1号 法第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者(一部略) (第2号以下略)」

               連絡先 総務省関東総合通信局 電波監理部監視第一課

 NEWS & TOPICS 2010.01.16  

3528kHz 画像通信と電話の紳士協定

1月10日 3528kHzを夜間ラグチューをしているグループ の代表と画像通信の代表としJA1HHLが運用の仕方について話し合いをして円満解決をしました。

1. お互いにQSO中妨害しない。
2. その周波数はよくワッチしてだれも出ていなかったら 早く使用し始めた局が使う。
  ( 彼らが言うのは早い者勝ちと言うこと)
3. QSOが終わったらその周波数で運用したい局〈グループ〉 が使って良い。
4.そのQSOが終わったら次に使いたい局が使って良い。

と言うことで双方依存はありませんでした。 JA1HHL 八木

解説】 40年位前に世界中の画像局(FAX、アナログSSTV、デジタルSSTV及びその他)の画像通信の少数、弱者のために紳士協定(Gentleman's Agreement)として3528kHzが設定されました。 法律上拘束されませんが、現実はその周波数にハイパワーのSSBによる ラグチューが3時間以上続きます。 昨年3月よりデジタルSSTVがG1Eの電波型式として公に許可され3528kHzに多くの画像局が運用を始めましたが、夜間はコンディションが良いのに画像通信ができない状況が続いていました。

 NEWS & TOPICS 2010.01.16                    by JA1IFB/KA1Z

2009年度、アマチュア無線免許怒涛の増加     

2010年1月6日、ARRL/VEC AB1FMソーマ部長から、アメリカにおけるアマチュア無線免許試験について次のような現況が報告されました。

「昨年度はアマチュア無線免許発給が絶好調な年で、FCCは30,144、対前年比7.5%増のラジオ・ライセンスを発給しました。2009年度、アマチュア無線の試験に対する要求は高止まりで、2007年にFCC免許制度の再構築時よりも高水準であり、今なお試験の支援活動が継続されています。この試験結果が最近過剰な新規申請事務処理をARRL/VECにもたらしています」

2005年から2009年までの免許発給状況表
2009年度のアマチュア無線免許者
人口(人)
 Novice
17,084 
 Technician
334、245 
 General
150,970 
 Advanced
60,795 
 Extra Class
119,403 
 Total
682,498 

◇ ARRL/VECの活動 

ARRL/VECはアメリカ国内でアマチュア無線免許試験を主催する14のVECの一構成員です。 これからアマチュア無線を始めたい、また、上級資格収得を狙う人達への支援をする地域クラブの相談、打合でARRL/VECは大変忙しい業務をこなしてきています。さらに、2009年度、われわれは6,369試験を開催し、44,595エレメントを出題、監理しました。おかげさまで、ジェネラルとエクストラ・クラスのアマチュア無線家から、ARRLボランティア・エクザミナーに、アマチュア無線学級の指導員になりたい、その上で、自分達の蓄積した知識と技能をアマチュア無線社会へ還元したいという志願者が急増していいます。

私、ソーマは、将来のアマチュア無線を確実にするために、数えきれないほどの時間をかけたご支援とご尽力下さった全てのボランティアに賞賛を捧げます。さらに、ARRL/VECはアマチュア無線の成功のためにご尽力頂いた全世界32,411名のボランティア・エクザミナーの方々に心から感謝の意を表します。この大切な業務を成就させることができ大変嬉しく思います。2009年はアマチュア無線にとって誠に良い年でありました。2010年も実り多い年でありますよう念願しております。 出典: www.arrl.org

 NEWS & TOPICS 2010.01.15

KG4 ハイチ地震で国際無線の緊急サポート

Haiti Earthquake: "It's Chaos, I'm Telling You -- It's Real Chaos" (Jan 14, 2010) -- On Tuesday, January 12 at 4:53 PM Haiti time (2153 UTC), a magnitude 7.0 earthquake hit 10 miles (15 kilometers) west of Port-au-Prince, the island nation's capital. Communications in and out of Haiti have been disrupted. The ARRL encourages US amateurs to be aware of the emergency operations on the following frequencies: 7.045 and 3.720 MHz (IARU Region 2 nets), 14.265, 7.265 and 3.977 MHz (SATERN nets), and 14.300 MHz (Intercontinental Assistance and Traffic Net); the International Radio Emergency Support Coalition (IRESC) is also active on EchoLink node 278173. Full Story

Amateur Radio News and Features
 
 NEWS & TOPICS 2009.12.31

サイレントキー 「コンーチキ号の探検クルー」 LA3KY

「コンーチキ号の探検」で無線通信を担当した LA3KY こと Mr.K.M.Hauglandが12月25日、92歳で亡くなっていました。

Knut Haugland, LA3KY, as he celebrated his 90th birthday in 2007 at the Kon-Tiki Museum. [Photo courtesy of NRK News]
Last Surviving Crew Member of Kon-Tiki Expedition Passes Away (Dec 28, 2009) -- Knut Magne Haugland, LA3KY, of Norway, passed away on December 25. He was 92. Haugland was one of six men, who with Thor Heyerdahl in 1947, successfully crossed the Pacific Ocean in a 45 foot raft made of balsa wood and bamboo -- named Kon-Tiki -- to prove that people from South America could have settled Polynesia in pre-Columbian times. Amateur Radio News and Features

Full Story


 NEWS & TOPICS 2009.12.28


ARRL/VEC 東京VEチーム 12月26日の試験に13名合格

試験場の入り口に掲げられたARRL VEC 東京チームのボード
12月26日土)、午後1時、東京・北区滝野川東区民センター3階第2ホールでARRL/VEC東京VEチーム(Team Liaison:KH2J) による、「FCCアマチュア・レディオ・ライセンス試験」が行われ、受験者14名とVE・ボランティア試験官19名が参加しました。受け付けでは本人確認の書類としてパスポートの提示を求めていますが、持参を忘れた2人の受験が認められませんでした。

受験料はUS15ドルまたは1,500円、事前に申し込んだ14名が受験し、Technician 2名、GENERAL 6名、Amater EXTRA 5名が合格して午後4時30分に試験を終了しました。 このあとVEによる反省会が開かれ、セッションマネージャー(AE6UR)の司会で熱心な話し合いが行われました。 反省会の終了後、場所を駒込の小料理店「花輪」に移してVEによる懇親会が開かれました。

参加したVE : AE6UR KA1Z NI1J AB2ST NV1J KA8A N2QP W6HGY AC5TB
AC2BE W3FO N1KS AD5VN K7XF W6LJ AE6YW K1MZT AI9C KH2J

次回の試験は、2010年2月27(土)、同じ場所で開催すると発表されました。詳細は東京VEチームのWEBサイトで告知されますので、そちらをご覧ください。

エクストラに合格のKH0UA、中田吉紀くん

試験風景

受験者の最年少9歳中田吉紀くんGeneral 級、KH0UA)がAmateur Extra 級に挑戦して見事合格証(CSCE)を手にしました。『2010年はAH0BT*からWPXSSBと オールアジア電話に参加する計画』と付き添いの父親(7L1FPU/W1FPU)中田さんが話しています。なお、吉紀くん(KH0UA)は、すでにAH0BTからオールアジア2回、 WPXSSBに1回参加しているということですオペレートの動画はYouTube-KH0UAでご覧になれます。

*
Aquarius Beach Tower Contest Club/BEACH RD CHALAN KANOA, PO BOX 504168 SAIPAN, MP 96950 USA

ARRL/VEC 東京VEチームと中田吉紀くん(中央)を交えた記念撮影の様子

 NEWS & TOPICS 2009.12.25

三田無線研究所 電子機器製造に終止符

(株)三田無線研究所(〒106-0047 東京都港区南麻布1-2-3)は、茨木 悟氏(J1FQ・J2IH 1900-1990)が1924年、東京三田の地で創業以来続けてきたDELICAブランドの電子機器製造業を11月20日、終了していたことが分かりました。主な製品にデジタルディップメーター、アンテナアナライザー、Qメーターなどがある。なお、同社製造の機器の点検、調整、修理および取扱法のアドバイスは、当面の間、継続するとのこと。

TEL03-3451-2533 FAX03-3451-7879 E-mail:delica@mitamusen.co.jp
■ ホームページはこちら

 NEWS & TOPICS 2009.12.25


DICG主催 2009年WWデジタルSSTVコンテストの結果

1位  JN1VNW  9090ポイント      2位  JA8RC 5751ポイント       
3位  JA0SC   2783ポイント     

10位までの入賞者には賞状と賞品を送りました。JA以外の入賞局は4位のYU1NRでした。

2009年WWデジタルSSTVコンテストに参加した局(大陸別リスト) 

■ DICGホームページはこちら

 
QTC-Japan.com
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2010
▼関連ページ
■News 03.07.22〜
■News 03.01.04〜
■News 02.06.16〜
■News 2002_March
■News 2001 Sep
■News 2001 May
■News 2001 Jan
■News 2000 Oct
■News 2000 May

▼バックナンバー
■Akihabara
■ARRL-Life
■QTC Contest
■ICOM本社
■Junk(1)

■JASTA 06総括

■New Face Con
■SSTV DX News
■NVCG Contest
■News 2002 June
■中国書籍の頒布
■SSTV金沢大会
■YK1AO SSTV運用
■SSTV横浜大会
■YU1NR Ratkoさん
■T32SC
■S57TTI