PSK31SBWからLoggerまで、ニューモードに挑戦

1. PSK31のすすめ 
By Masao Matsumoto,JA1AYC
 
■プロローグ
近頃RTTYで生きの良い信号をあまり聞かないなと思っていたところ、どうやら同じ文字通信でもPSK-31なる新しいモードがあることを知りました。そう言えば各バンドのデジタル領域の下の方で笛を吹くような連続信号を良く耳にします。笛と言っても単一信号ではなく、口笛のように変化しているのです。 これがまさしくPSK-31の信号だったんですね。さてどうやってこの信号を 解読したものかと悩んでいる内に、いろいろの方から、それにはPSK-31用の ソフトをコンピュータに読み込めば良いと教わりました。コンピュータもいわゆるサウンドカードをもっているものならば、そのまま使えるようですし、トランシーバに至っては通常のSSBの出せるものであればOKのようですし、あとはやるしかありません。

原則的には、信号はトランシーバのスピーカー端子あるいはオーディオの出力端子から取り出して、パソコンのLine-inに接続します。出力は逆にパソコンのLine-outから出して、トランシーバのマイク端子に繋ぐと言うものです。具体的な接続については別項の<システムづくり>を参照してください。 筆者はコンピュータのプロではありませんから、この解説も、なにかともどかしいかも知れませんが、逆にコンピュータをあまり知らずとも誰にでもできるニューモードと言うことで気楽に挑戦していただければ良いと
思います。
■始めはPSK31 SBW
PSK31のオフィシャルサイトにはインターフェースの回路を始め、様様な情報とソフトウェアが収録されています。

最初に入手したのはPSK31 SBWと言うソフトでした。これぞPSK31の生みの親とも言える3PLX制作のプログラムです。大変簡単で使い勝手は初心者にも容易になじめるものです。 PSK31 SBWはフリーソフトウェアで流通していますから、慣れている方ならインターネットからダウンロードできますし、自信がなければどなたか既に使っている方にコピーしていただいて組み込めばよいでしょう。圧縮されたファイルはわずか177Kバイトとコンパクトですから普通のフロッピーディスクで十分収納できます。

PSK31 SBWの画面は見てのとおり大変整理されています。上段は送受の画面領域。そして下段左端にフェーズスコープディスプレイ(受信の際の同調指示)右にむかってスケルチのオートオン・オフの指示、サンプリング周波数(通常1000Hzくらい)、そしてその右に送信のコントロールボックスが並びます。 TX Offは送信から手動で受信に移るボタン、次はあらかじめ設定されたコールサイン(ユーザーのもの)のCW自動送出ボタン、CQボタン(これはCQ3回、de1回、コールサイン3回を3度繰り返し、pse K で終わるものが標準セットされています。)

そしてTuneボタン(アイドル信号の送出)となっています。下段の四角の箱はバッファースペースで、ここに打ち込んだメッセージがあらわれ、順次上段の送受領域に信号送出と共に移動します。 このPSK31 SBWでの送信は、例えば、最初はCQボタンのクリックだけで 自動的にCQが送し終わると受信に戻ります。応答があれば即キーボードにメッセージを打ち込めば、まずバッファースペースに蓄えられながら、ほぼ同時に送出が始まると言うしかけです。
■ミスタイプはバックスペースで修正
PSKGNRのダウンロード画面。ここからプログラムを落とすことができます。
ほかのPSK31関連の記事でお読みになったとは思いますが、PSK31の場合はRTTYの場合と異なり、万一ミスタイプをした場合には、即座にバックスペースを押してミスした文字を取り消し、再度正しい文字を打ち込むことが可能で、実に不思議なことには、これは既に送信された文字(つまり相手局のスクリーンにあらわれている文字)も取り消して、打ち直すことになるのです。

 これは別ファイルにあらかじめ送信データを登録して(例えば局の紹介など)それを読み出す時と手打ちでメッセージを送っている場合の違いがみごとに現れます。手打ちですとどうしてもミスタイプが防げませんから、時折このバックスペースが活躍するので、すぐわかります。

とても人間的で面白いと思うのですが。よほどキーボードやパソコンの扱いになれている人であれば、相手局からメッセージが送られている間に、つぎの送信文をファイルにためこんだりもできますが、このPSK31 SBWに関して言えば、多くの方は局の紹介とか、 ファイナルメッセージなどは別ファイルにあらかじめ覚えこんで、それをつなぎながら送信しますが、多くの場合はメッセージを送信しながら打ち込むケースがほとんどです。したがってこのソフトに望むとすればバッファー領域の使い勝手でしょうか。
■PSKGNRの登場

このリクエストに応えたように登場したのがW9GNRによって開発されたPSKGNRと言う補助プログラムです。これをPSK31 SBWに付加することで ぐっとPSK31 SBWの使い勝手が広がります。すなわちメッセージの蓄えから始まって、文字サイズの変更、自動送受切り替え、CW IDの自動送出の切り替え、相手局のコールサインの表示(CDROMのコールブックがあれば、それと連動してすぐに相手局のデータをサーチする)などなど数々の特徴を備えているものです。 でも最大のメリットはマクロの設定です。これはいくつかの定例文をあらかじめ記憶しファンクションキーナンバーで呼び出すもので、文章つくりの中で省略化が可能と言うものです。

 
文:JA1AYC 松本 正雄

(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001
▼関連ページ
 
■PSK31セットアップ
■PSK31通信文例集
■PSK31のシステム
■Loggerがおすすめ
■JA1AYC HP

▼バックナンバー

■ARRL訪問記

■中国のハム事情
■ハムベンション2001
■DAYTON・2000
■PSK31のすすめ
■ソーラー発電
■JA1BUモービル
■TS-2000Sレポート
■標準電波の行方
 
 
 
 
ージ印刷⇒
 
.