72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第9回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J4CF、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EM、J1DO、J2GXJ6CPJ2GWJ2KQ、WA6GAL、J3DEJ3FK、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZJ4CIJ2CCJ4CJ、J3FI、J2KP、MX2B鳥取工業学校施設MX2A、J4CO、J4CP、J2IXJ2LWK6CQVXU5KTK6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、J4CG
*色つきコールサインはご紹介済み 

K6JPD (左)とK6AKP(右)


K6AKPのシャック

 
写真の裏に次のような記述がある。
左から右へ Philco model 43 Allwave broadcast set/National SW3/McMurdo Silver 5B SS Superhetetdyne/Gross 25 Watt Xmitter.Xtal osc 47/46s par doub/3 46s par final 120 watts input @ 800 volts 1KW rig still under costruction/


 
     
 
昭和12年(1937年)はどんな時代か?
 
JARL NEWS 1937年APRIL 第61号

風にそよぐ電波

JARL NEWS活版に

暗い灰色のQSOが続いた。ハムは朝鮮、満州へと広がっていった。第二次大戦の直前、軍の補助通信という形で延命をはかったが、空しい努力に終わった。

関西支部で編集していたJARLニュースは昭和6年8月、関東支部に引き継がれた。編集員のJ1DN杉田倭夫さんたちは印刷代で行き詰まってしまった。そこで科学ニュースに熱心な東京朝日新聞社に援助を申し入れた。ついでにこれまでのガリ版から活版印刷に脱皮したいとJARL側の意向も伝えた。

「できれば、ただでやってくれまいか」という虫のいい注文だった。朝日新聞社内で検討が加えられた。遊軍記者の荒垣秀雄さんも上司に呼ばれ、意見を求められた。

「JARLは貧乏な団体です。盟員も全国で200人ぐらい。とても機関紙発行は重荷でしょう。援助してやって下さい。公共性のある団体だし、第一、災害なんかのとき新聞取材に協力してもらえるかもわかりません。全国に盟員がおり、みんな言い連中ばかりですよ」

幹部に異存はなかった。こうして12月発行の22号から東京朝日新聞社印刷で活版刷りに体裁を整え、題字も「JARL NEWS」に改められた。杉田さんは翌年9月に病死したが、往年の名コラムニスト荒垣記者が、JARL NEWS 30号に追悼文を寄せた。

《亡くなる10日ほど前、私は彼をひやかした。”このごろ手がきれいになったね”彼は落ち着いて、”商売道具ですから"(彼は産婦人科医)と笑っていた。勉強家で純真で、それでいて科学者としての皮肉は内にいっぱい蔵していた。外国のアマチュアもDN局の休息の報に驚くことだろう。OMもYLもひとしく》

朝日新聞の援助は昭和8年末の38号まで続いた。 (「ハム半世紀」香山晃著 p.77〜78 電波実験社より抜粋)

 

JARL NEWS 1937年10月号 第66号より


国防無線隊 関東防空演習参加 

昭和12年(1937年)9月関東防空演習参加 国防無線隊 演習開始前日の明治神宮参拝。JARL NEWS 1937年12月 第67号より

9月17、18、19日施行の関東防空演習参加のJARL盟員51名を以って編成せられた国防無線隊(愛国無線通信隊は東部防衛司令部の以降により国防無線隊と改称)は、J2GX八木太郎氏を隊長として東部防衛司令部並びに逓信関係各位のご尽力と東京朝日新聞社および日本電気株式会社の物質上のご援助並びに陸軍通信学校教官、佐々木中佐殿の熱誠なるご指導を得て無事好成績を以ってその任務を全うすることができた。

ここに関係各位の絶大なるご後援並びに隊員諸兄の労および種々の点でお骨折り下さった賛助員梶井謙一氏に対し深く感謝の意を表すると共に今後もなお関係各位のご後援を得て国防無線隊が我が国家興隆とアマチュアラヂオの発展に対し貢献せんことを切望する次第である。



盟員移動及び新施設許可


[廃止]    J2GV 柳瀬二郎  J2LS 松島 洸         J3FS 井上吉之助
[移転許可] J2IX  鈴木千代乃
[移転]    J2KT 芳野季文  MX2B 永野 多景志

JARL QSL Service

JARL盟員より海外へのQSLは、Card一枚に付き2銭の割にて2銭郵券を添え
             
              東京市淀橋区西大久保 1丁目440
                          J2GX 八木 太郎

へお送りくだされば、QSLサーヴィスを致します。

JARL NEWS原稿

無線に関する実験研究、JARLやアマチュアラヂオに対する希望、笑い話等どしどしご投稿ください。JARL NEWS誌上へ掲載の分に対しは現JARL NEWS誌の三分の一頁に付きJARL盟費一ヶ月分の割にて盟費代用券を贈呈いたします。なお、採否の権能は編集幹事にお任せください。ご寄稿ご希望の方は、
              東京市目黒区三田40 J2IS 三田義治
お申し越し下されば、JARL NEWS用原稿用紙をお送りいたします。

 
アメリカ在住の日本人アマチュアラジオ局 K.F.Iwata W6FZY

 

送信機 受信機
 

J2CG 林太郎 ミュージアム(4)
 

1931-1979に活躍されたJ2CG 故林太郎さんの遺品の一部をYAHOOオークションで落札された岩岡氏(JG1AKM)のご好意により「QRA BOOK」 「QSLカード」 「戦前のJARL NEWS」など貴重な資料をQTC-Japan.comに寄贈いただきましたので、その中から珍しいカードを順次ご紹介して参ります。

 
J2CM 松田孝輔さんのQSLカード 
 三重県渡海郡 1933年5月10日の交信
J3FB 和泉治俊さんのQSLカード
 神戸市林田区 1935年3月23日の交信
 
J2CG 林太郎氏の水晶送信機と自作振動子 電気通信大学・歴史資料館蔵(JARL寄贈)
 
 

[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
「JARLNEWS 1937年10月号」第66号 J2CG 林太郎氏の遺品から(JG1AKM岩岡氏提供)

編注:故人を付すること並びに
コールサインにEXをつけることを省略しています。

 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.12.10
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005