72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第7回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J4CF、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GXJ6CPJ2GWJ2KQ、WA6GAL、J3DEJ3FK、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZJ4CIJ2CCJ4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取工業学校施設、MX2A、J4CO、J4CP、J2IXJ2LWK6CQVXU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、J4CG
*色つきコールサインはご紹介済み 

J6CP 安藤一弥野さんのシャック (昭和 8年3月20〜昭和11年12月26日 当時、新潟県新組村)


J2LW 井上 武さんのシャック
 (昭和10年 1月23日〜昭和16年 2月21日)

 
     
 
昭和 8年(1933年)はどんな時代か?
 
JARL NEWS 1937年3月号 第60号

軍靴とどろく中で

紅一点も参加

内務省は昭和 8年1月、大がかりな共産党弾圧に乗り出し、12府県でシンパ約千五百人を検挙した。赤化思想の浸透を防ぐのが、帝国を安泰に導く道と信じられていた。ハムにとっても恐ろしい時代だった。

無用と思われるアンテナで通信している−となると、特高警察の検挙目標にあげられる可能性があった。この年の7月、愛国無線隊が結成された。
放送協会技術部のJ1ED島茂雄さん、旧制高校生のJ1DP多田正信さん、東大電気科のJ1FT森本重武さん、古河電工 のJ1EI林一太郎さんたち32人がメンバー。

関東グループで構成された通信隊は 8月 9日から 3日間、東京を中心に行われた関東防空演習に初参加した。大久保一億陸軍中佐から協力要請があり、数方向の通信網に分かれて防空通信を担当した。

翌 9年秋の関東特別大演習で、ハムの活動はさらにエスカレート、新聞には「大和なでしこも側面から協力」と報じた。愛国無線通信隊の中に、紅一点のJ2KU尾台妙子さんが参加したからだ。このときも陸軍兵器学校教官の大久保中佐からJARLに正式要請があり、関東支部員14人が協力した。

統監部一般拝観掛となり、当時としては異例の観閲式を"実況放送”する役目をこなした。 尾台さんほか、J2HZ大島正臣さん(明大生)、J2IA藤尾八十治さん(会社員)、J2KA氏家敬尚さん(学生)、J2KD本間曄さん(学生)、J2KF斎藤博さん(学生)、J2KN奥山正さん(学生)、J2KS栗山晴二さん、J2KP沢崎憲一さん(学生)などで占められていた。

一行は二班に分かれ、11月 8日、上野駅を出発して佐野の旅館に落ち着き、先行していた大久保中佐らから当日の分担を命じられた。 9、10両日は予行演習。11日午前、白馬「白雪」に乗馬の天皇陛下を迎え、岡崎山で演習が始まった。無線隊員は陛下から10メートルぐらいのところで、演習の模様を放送した。はじめ緊張のあまり身体がふるえ、満足なアナウンスができなかったという。

次いで12日、高崎に移動し彼我入り乱れての白兵戦や、騎兵隊、戦車隊の遭遇戦が展開され、壮烈さに身をふるわせて放送した。陸軍提供の無線機を使い、発電機を回したり、ダブルボタン型マイクでしゃべったりして協力した。 (「ハム半世紀」香山晃著 p.72〜p.74 電波実験社より抜粋)

 
JARL NEWS 1937年3月号 第60号 巻頭言より


偶 感 J2GR 笠原功一

2年ほど前のことであったが、私はある席上で何事によらず「なんのためにやっているのか」という認識なしに行うことは無意味ではなかろうか。そして、アマチュアラジオは「なんのためにやっているのかと」問題を少々僭越ながらお話したことがあった。そして結局次のようなことがラジオアマチュア存在の意義の一つとして取り上げ得るのではないかというようなことになった。即ち
昭和 4年(1929年)頃の笠原功一氏のシャック 「アマチュア無線のあゆみ」 p.135 JARL

(1)ラジオアマチュアの周囲、大きくいえば社会に科学的な空気を流出散布すること。
(2)国民的外交的の効果。
(3)広い意味にも狭い意味にも国防的の効果。

これらはいずれも一見甚だ大がかりな申しようの如くであるが、ラジオアマチュアたらんものは少なくともこのくらいの自信と誇り持ちたいという気持ちを多分にあって、このように申したのだった。

さて、現時いささか流行語化したものに科学日本とオリンピックとそして非常時とがある。いずれも日常の新聞雑誌、街頭の談話にたえず行われる語である。流行語というものもある場合一般の関心または必需をしめしていることがあるという点で簡単に見過ごせないものがある。

そこで私は前記の三つのアマチュアラジオ存在の意義とこの三つの流行語とをそれぞれ組み合わせて考えて見たのである。「科学日本」の語は大科学者の現れることを希望する語としてよりも一般大衆の科学的関心の向上を希望する方に重点を有す語のように思われる。

「オリンピック」は日本の優勝ということに対してよりもむしろ他国民同志のへだてのない交友文化的の交渉といったものに対しての希望と解すべきは論を待たない。

流行語だから重視せよと申しては不可であろうけれど我々ラジオアマチュアがいっそう明確な意識をもってその道に精進を励むべきのときのように感じるのである。−J2GR− (編注:現代仮名遣いに改めました)

 
J2KQ(JF1ERP) 清岡久麿さん 昭和 9年5月26日開局 当時、渋谷区宇田川町
 

J2KQ清岡さんのシャック 昭和 9年5月26日開局

右がJAIA事務局長時代の清岡さん(JF1ERP)
 

■J4CG 近木 尚さんと家族 昭和 6年9月5日〜昭和10年5月7日 当時、丸亀市地方

 
↑J2CG林太郎さんに宛てたQSLカード

裏面に次のようなメッセージがありました。

どうもありがとうございました。とてもBF 1 Keyでさぞお聞き苦しかったことと存じます。今後ともどうぞよろしく願います。

BFなものですがフォトを同封いたします。ご笑納くださいませ。新しいフォトを目下製作中です。できましたらお送りします。 昭和7年(1932年)9月18日
 

J2CI J2CC J4CJ のシャック

 
J2CC 宮沢友良さん(長野県諏訪郡) 戦前の信越地区での免許第1号。後にJ1GD、戦後はJR0DDVを取得

J2CI 北沢俊三さんは大正2年生まれ、日大工学部時代に免許を取り、当時は19歳だった

J4CJ 大前 茂さんのシャック
 
J2CG 林太郎 ミュージアム(2)
 

1931-1979に活躍されたJ2CG 故林太郎さんの遺品の一部をYAHOOオークションで落札された岩岡氏(JG1AKM)のご好意により「QRA BOOK」 「QSLカード」 「戦前のJARL NEWS」など貴重な資料をQTC-Japan.comに寄贈いただきましたので、その中から珍しいカードを順次ご紹介して参ります。

 
J2CD 久米綱三さんのQSLカード
(名古屋市南町)
昭和5年(1930年)10月21日開局 名古屋鉄道局 明治28年12月3日生まれ。 
J2CE 広間守彦さんのQSLカード(裏面) 
表にOMEDETOとJ2CEのコールサインと1933 の文字が印刷されている。アイボールQSOか、お祝い用か?
J1EQ 長田祝太郎さんのQSLカード
(浜松市常磐町) 昭和6年(1931年)3月25日開局、明治44年9月22日生まれ。1932年3月15日の交信。 当時は珍しい二つ折りのカード。
 
 

[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
「JARLNEWS 1932年11月号」 J2CG 林太郎氏の遺品から(JG1AKM岩岡氏提供

編注:故人並びに
コールサインにEXをつけることを省略しています。

 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.09.15
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005