72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第6回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J4CF、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GX、J6CP、J2GW、J2KQ、WA6GAL、J3DEJ3FK、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZ、J4CI、J2CC、J4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取工業学校施設、MX2A、J4CO、J4CP、J2IX、J2LW、K6CQVXU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、その他。
*色つきコールサインはご紹介済み 

昭和10年(1935年)J3FK 脇本照郎さんの送信機とシャック

写真の裏面に1935年7月12日の日付がある

昭和10年の脇本照郎氏(J3FK)の送信機(上)向こう側が7.100MHz用で47-46-210-203H、手前が14.200MHz用で59-46-210-860の構成。
(当時、大阪府小坂町)

 
     
 
昭和 7年(1932年)はどんな時代か?
 
JARL NEWS 1932年11月号(J2CG遺品より)*

軍靴とどろく中で

良識派の巻頭言

第一回の防空通信は成功したが、ハムの間では異論もあった。昭和7年(1932年)9月のJARLニュースは、巻頭言でこの問題にふれ、軍事目的への参加に一石を投じた。

《吾人はひとしく君国のため忠良な臣民であることを願うものであり、定刻のためいかなるご奉公も辞するものではない。有事に備える国防措置大いに可なりである。しかしすでにこれはアマチュア・ラジオの分野ではなく、また連盟として団体行動をもってタッチすべきでもない。国民として、団体としても国家へのご奉公であるのみならず、吾人実験局は国家の必要に際しては公共せらるるは法規上定められた当然の義務である。

軍事行動とアマチュア・ラジオは全く切り離して考えなければならない問題である。吾人の軍事行動参加には、第一に逓信ならびに軍部当局よりの公式な命令を待ってのち団結し誠意をもって努力すべきで、いたずらに私的行動はつつしむべきである》

「私的行動を自粛せよ」という背景には、軍部の思いつきに乗ぜられるな−という意味がこめられていた。防空通信の成果に気をよくした軍部は、JARLに愛国通信隊の結成を迫ってきた。ハムたちが自力でコツコツ築き上げた組織を、軍用通信の予備軍として活用しようとの意図が読みとれ、議論が分かれた。

"祖国のため”という大義名分がある以上、だれも表立って反対はできなかった。むしろ積極的に参加を希望するものの方が多かったという。 一つには国内情勢であり、他のひとつは、防空通信に加わると無制限運用が可能だったからであろう。

しかしJARLをあげて協力するには抵抗があった。ハムの自由意志で結成されたものを転用させるわけにはいかないとする良識派があり、この巻頭言となったのである。
(以上、「ハム半世紀」香山晃著 p.71〜p.72 電波実験社より抜粋)

 
JARL NEWS 第31号 November 1932 の巻頭言 


アマチュアの心得 遠慮深さということは必要ではないでしょうか? J1EO 島 茂雄

島茂雄さん(J1EO、J2HN)早稲田大学卒、NHK研究所長、後にソニーの常務・専務・顧問を歴任された(週刊BEACON 関東の戦前のハムたち(2)から)

僕たちが実験し、研究して行こうということは、アマチュアがという名が示すとおり、アマチュアらしく愉快にやって行こうという訳で、何もはじめから僕らの研究の結果をもって直ちに無線工学界に大奇興をしようなどという大抱負を持っている次第ではないんだろうと僕は思う。

むしろ私たちのする実験、研究は他人を益するよりも、第一は自分を益する方が大きいのではないかと始終そう思う。 だから僕たちの研究は、もちろんその結果は大切なことには相違ないが、研究をするということそれ自身が一番勉強になるわけだ。だから僕たちの研究題目は何でもよいことだと思う。

しかし僕たちは元来アマチュアであって専門家じゃないんだ、という遠慮深さだけは持っていたいと思う。僕たちの研究は発表することが最後の目的ではない、それよりも自分自身を育て上げて行くということこそが大切なことなのではないだろうか。 この春、関西地方を見学して、同地の諸氏の実に種々立派な御研究に精進されるのを拝見してまことに心強く感じかつ内心かえりみて甚だお恥ずかしく感じた次第であった。

しかし二三の方々からある人々について「あの人はQSO専門だ!」というほとんどさげすみに近い批評の言葉を聞くにおよんで 「これは放っておいてはいけないことではなかろうか」という気持ちのわいてくるのを禁ずることができなかった。そこで一石を投ずるわけである。

前にも言ったとおり、僕たちの研究は元来アマチュアとしての研究であって発表のための研究ではないのだから、発表しないからといって研究が進んでいないと誰がいうことができ得よう。アンテナを高くしたら遠くへ行くようになったということ、フィルターをよくしたらばいかにQRNを通して遠くへ行くようになったか言うことは、いかにも数量的結果を導き出すことに困難を与える。しかしこの体験は自分でも知らないうちに大きな勉強になっているに相違ない。あいつは水晶を百六十枚も磨いたそうだが一頁の発表もしないじゃないかという方に申し上げる、よろしいそれでは君と一つ磨き比べをしようと。

鎌倉山集会記念撮影(by J1EE)  (後列左より) J1DO J1EA J1DH J1FR J1EM J1EY 佐藤  (前列同) J1EO J1EE J1EI J1FD J1FM J3CC J1FV J1EC (JN31号)

僕たちは立派な研究所の所員でもなく、世界的の指導教授の膝下でやっているわけでもない。むしろ自分一人の独創力をもって独自の境地を開拓する愉快さを味わうのが僕たちの研究をする唯一の理由なのだ。それが先人のやったと同じことになってもそのようなことは問題ではない、要するに創作に違いない。

発表するしないということは 問題ではない。コイルが大きすぎても良くないし小さすぎても良くないというような結論ならばいわゆるQSO専門家はすでに無言のうちに体得しているであろう。実際使用状態の数万倍の電圧を加えた結果をもって検波作用の優劣を論ずるよりは、受話器を耳に当てる方が正確な比較を示すであろう。

ただ一つの回路状態にのみ注目して、一般の結果を断じ、あきらめるならば科学の進歩は止まるであろう。しかも僕たちはこれらの発表を是認している。それはなぜかと言えば僕たちはアマチュアだからだ。

僕たちは昨年はじめた人は昨年はじめた人として、今年はじめた人はまたそれなみに、各々それぞれの立場をもって研究しているのだ。要するに僕たちはアマチュアなのだ。だから僕たちはアマチュアの遠慮深さをもって何事にも早すぎる独断をしないで、またアマチュアの遠慮深さもってお互いに尊敬し合って一緒に愉快にそれぞれの研究に力を注いで行こうではないか。 
(注:再掲載に当たり現代の漢字と仮名遣いに改めた)

 

■J4CJ 大前 茂さん(当時、広島県三川村)

 

J4CJ のシャック (1935年5月26日)

J4EA宅にて 左からJ4EA、J4CJ、J4CM、K6CQV
 

J4CF 松原 正さんのシャックと友人たち(当時、高松市天神前)

 
J4CF宅庭にて 左からJ4CM, J4CF、J4EA、K6CQV、J4CJ (1935年5月27日) (上)J4CF 松原さんのシャック(1935年5月27日)
(下)J4CF宅にて左からK6CQV J4CJ J4CM J4CF
 
J2CG 林太郎 ミュージアム(1)

1931-1979に活躍されたJ2CG 故林太郎さんの遺品の一部をYAHOOオークションで落札された岩岡氏(JG1AKM)のご好意により「QRA BOOK」 「QSLカード」 「戦前のJARL NEWS」など貴重な資料をQTC-Japan.comに寄贈いただきましたので、その中から珍しいカードを順次ご紹介して参ります。

 
J2CG 林太郎さんのQSLカード
(長野県岡谷市天王町)
昭和6年(1931年)9月15日開局 生糸製造業 明治38年7月5日生まれ 昭和54年(1979年)没 昭和6年(1931年)4月3日、JARLの第1回全国大会に出席。
JI1DN 杉田倭夫さんのQSLカード 
交信日は1930年10月14日、それから2年後の1932年9月8日死去された。我が国でのハムのサイレンとキー第一号であった。1933年10月、妹の千代乃さんがYL局第一号として誕生した。当初、兄と同じJ1DNで免許、後年J2IXに変更。
J3CF 菊池喜充さんのQSLカード
(大阪市堂島中) 昭和6年(1931年)4月3日、JARLの第1回全国大会が名古屋市中村公園記念館で開かれ盟員 31人が出席したが、この中のお一人。JARL創立から昭和16年まで役員を務められた。
J3CS 山本信一さんのQSLカード
(大阪市東区糸屋町) 昭和6年(1931年)4月3日、JARLの第1回全国大会に出席。
JARL創立から昭和16年まで役員を務められた。 1931年1月3日の交信。
 
 
[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
「JARLNEWS 1932年11月号」 J2CG 林太郎氏の遺品から(JG1AKM岩岡氏提供)
島茂雄氏写真  週刊BEACON 関東の戦前のハムたち(2)
 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.09.01
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005