72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第5回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GX、J6CP、J2GW、J2KQ、WA6GAL、J3DE、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZ、J4CI、J2CC、J4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取工業学校施設、MX2A、J4CO、J4CP、J2IX、J2LW、K6CQVXU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、その他。
*色つきコールサインはご紹介済み 

J4CL 西山 始さんとそのシャック(丸亀市葭町)


友人たちとの交流


丸亀安田銀行にて左から J4CF松原さん、old J4CH遠山さん、J4CL西山さん、J4EA岡本さん
このドアを開けたら?賑やか、爽快、Hw? の添え書きがある。 (編注: 背景の建物は銀行だろうか)
右の写真:J4CJ 大前さんのシャックにて左からJ4CF松原さん、J4EA岡本さん、J4CJ大前さん

(1935年7月29日撮影)


 
     
 
昭和 7年(1932年)はどんな時代だったか?
 
J4CF 松原正さんのシャック
軍靴とどろく中で
 
「敵機、四国上空を通過」

昭和初年、日本は軍国主義への急坂をころげ落ちていった。第一次世界大戦で海外市場の確保を迫られ、軍事力を背景にして大陸政策に乗り出したからだ。満州独立、政党政治の崩壊。こうした中でアマチュア無線もまた「富国強兵」の波をまともにかぶる運命をたどった。

「運用時間の制限には泣かされるね。やっとコンタクトできたと思うと、チョンになる」
「まったくだ、一回のQSOが二時間という根拠がわからん」

当時のハムの夢は、常時QSOだった。制限時間をオーバーできない悩みがつきまとった。関西グループのミーティングでも、よくそれが話題になった。 「どうせのことなら防空通信をやったらどうだろうか。これなら逓信当局も文句がいえないだろうし・・・」

口を切ったのはJ3DA小沢匡 四郎さん、歩兵連隊所属の陸軍大尉である。 「そいつは面白いかもしれないな。訓練非常通信にすればいいだろう。まだ日本では非常通信の経験がないので、ちょうどいい機会だと思うよ」

「やろう、やろう。この辺でハムの存在を宣伝するのにもってこいだ」
居合わせたハムの大多数が乗り気になった。こうして初の防空通信計画が進められた。昭和7年(1932年)3月2日朝「敵機、四国上空を通過」の第一報が発せられた。高松市でラジオ屋に勤めているJ4CF松原正さんが、休日をとって参加したものだ。

この第一報はただちに和歌山市のJ3DE宮井宗一郎さんに送られた。宮井さんは大阪毎日新聞社の電信課に籍を置くオペレーター。この知らせはすぐ待機している名古屋−彦根−京都−神戸のハムへ、リレー式に伝わった。「商都大阪に敵機が来襲した」という想定で、伊丹の本部に詰めていた小沢大尉は、防空通信の成果に満足であった。

提案はしたものの、趣味の域を出ないアマチュア無線でどこまでやれるか、やきもきしていた。それが一糸乱れぬ統制のもとに活躍する姿を見て「これはいける。一朝有事の際、立派に国防無線の重責をになうことができる」との確信を深めたという。  (以上、「ハム半世紀」香山晃著 p.70〜p.71 電波実験社より抜粋)
 
■J3EF 山内延夫さん(大阪市東淀川区)
 

J3EF 山内さん

J4EA 岡本さんにあてたJ3EF 山内さんのシャック
 

XU5KT Wilson Siaoさん(中国)

 
XU5KT Wilson Siaoのサインが見える 写真の裏に「名前を教えて」と記されている
 
昭和9年度(1934年)アマチュア無線局分布
 
エリア
電信 電話
電話
受信のみ
JARL会員
J1 (東京逓信局管内)
J2 (名古屋逓信局管内)
J3 (大阪逓信局管内)
J4 (広島逓信局管内)
J5 (熊本逓信局管内)
J6 (仙台逓信局管内)
J7 (樺太及北海道逓信局管内)
J8 (朝鮮及関東州逓信局管内*)
J9 (南洋及台湾逓信局管内*)
67
9
49
7
7
14
9
0
0

2
3
0
0
0
1
0
0
0

4
2
0
3
1
3
2
0
0
73
14
49
10
8
18
11
0
0
66
13
46
6
7
16
9
0
0
総  計 
162
6
15
183
163
*太平洋戦争終結前に日本の行政の及んだ区域。朝鮮は現在の韓国及び北朝鮮、関東州は中国の遼東半島、南洋は赤道以北に散在したカロリン、マリアナ、マーシャル諸島らを指す。台湾は現在の区域。(「アマチュア無線のあゆみ」p.121 矢木太郎氏(JH1WIX、ex J1DO)”私の履歴書”)
 
[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.7.26
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005