72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第4回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜてアマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J2EA、J6CO、J4CT、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CGJ4CLJ3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GX、J6CP、J2GW、J2KQ、WA6GAL、J3DE、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZ、J4CI、J2CC、J4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取米子工業学校施設、MX2AJ4CJ
J4CF、J4CO、J4CP、J2IX、J2LW、K6CQV、XU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、その他。

*色つきコールサイン:写真掲載済み 

森進一氏(J2KJ )のWAC記念とシャック


昭和11年(1936年)から昭和15年(1940年) 

昭和10年(1935年)代に入るやアマチュア無線技術の近代化が進み、今日の姿に近くなってきた。当時の状況を笠原功一氏(J2GR)に語っていただこう。この論文は手紙の形式で、昭和11年(1936年)当時の様子を伝えているもので、相手はおそらく磯英治氏(ex 1SO)を想定して書かれたものと思われる。「無線と實験」(誠文堂新光社発行)昭和11年2月号に”世界に燦(さん)たる我が国アマチュア・ラジオの現在を語る”と題して掲載された。

第1信 =省略=
第2信 前文省略 我が国で最初のWAC--御存知でせう? 世界6大洲と通信した局の事です--が出来てから7年になります。1昨年、許可実験局数対WAC証獲得者数比例に於いて、世界一の成績を得たJARLは昨年は20人近くの新しいWACを出した筈です。未だ今の所明確な事は申せませんが、この分だと昨年も1昨年同様世界一の成績ではないかと思ふのです。一寸痛快な事でせう?

尚、特に書き添えたいのは10米のWACのことです。昨年の秋、日本にも10米のみでWACになった人が出ました。(斯波邦夫氏(J2HJ)のこと。) これは世界で第2番目位の事だと思ひます。アマチュアの数は決して多くありませんが、一般に成績は良ろしいと申せませう。そうでした。言ひ忘れましたが、今では女性のアマチュアが2人(杉田千代乃氏(J1IX)と尾台妙子氏(J2KU)、後に昭和15年8月に福田登美子氏(J3FD)が許可をとり戦前のYL局は3局となった)も出来ました。
これもJARLの発展を彩る一点景として嬉しいものではないでしょうか? =後略=

「アマチュ無線のあゆみ」 p.135〜140 JARLから抜粋

 
     
 
昭和9年(1934年)はどんな時代?
 
J3CX 河野正一氏について

田母上栄氏(J7CG、J2PS、MX3H、JA1ATF)は「CQ」昭和34年1月号(CQ出版社)の”私のりれき書”で次のように語っている。

昭和9年(1934年)函館の大火で本州と北海道の連絡は落石無電局のみとなり、救助関係の重要連絡が途絶し、北海道庁始め関係方面の困り様は一方ならぬものであった。その結果北海道庁の実験局の準備委員の木村氏より、なんとか内務省と連絡とって協力してくれないかと依頼があった。

田米上栄氏(JA1ATF)
J7CG局は意を決して引き受けることにし、早速運用時間外であるのも承知でJ1AB(東京警視庁)とJ1AD(埼玉県庁)を呼んだが応答となし、=中略= その後3日間非常通信を続けた。このときQRMする局があるとJ5CC 堀口文雄氏、J3CX 河野正一氏等が注意して通信が円滑に行われるようにくれたりして御協力下さった。 「アマチュ無線のあゆみ」 p.122〜124 JARLから抜粋
 
河野正一氏(J3CX)のシャック
 
河野正一氏(J3CX)のシャック
 


京都放送局(JOOK)の野球チーム 左から5人目が河野正一氏(J3CX)

 
J4EA、岡本良雄さんと友人たちの交流
呉軍港市にて 前列K6CQV 後列左よりJ4EA、J4CF、J4CJ、K6CRV (1935年7月31日撮影) ハワイ K6CQVのシャック
 
[参考文献]
「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」、「アマチュア無線のあゆみV」JARL
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.6.10
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005