72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第3回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJ、J7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J2EA、J6CO、J4CT、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CG
J4CLJ3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GX、J6CP、J2GW、J2KQ、WA6GAL、J3DE、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZ、J4CI、J2CC、J4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取米子工業学校施設、MX2A、J4CO、J4CP、J2IX、J2LW、K6CQV、XU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRU、J7CG、J5CM、VK3ERS、その他。

*色つきコールサイン:写真掲載済み 

江戸重富氏(J3DZ、J2DO、JA9CX )のシャック


戦時下のJARLと盟員 JARL盟員も相次ぐ徴用や応召で実働できる人員は減少する一方で、幹事になる人も無い有様であった。したがって、開戦を待たずにその組織は無いに等しい状態となったが、本部は実質的には香取光世氏(J2OV)宅(東京市城東区亀戸3丁目244番地)にあった。=中略=

なお、上述の2局とは別のケースとして調和16年12月の停止措置が行われたあとも、延伸願が認められたケースがあった。江戸重富氏(J3DZ、J2DO、JA9CX)は昭和17年1月10日および昭和18年1月29日付で出願し、その度に延伸許可がおりて、昭和19年3月4日まで延伸が認められたが、昭和18年7月1日付業放無第785号で名古屋逓信局長からの使用停止命令を受け、その後は延伸を断念した由で、これらの記録は現在も保管されている。

戦争の長期化と共に物資の窮乏はいよいよ深刻となった。一般からの金属類の回収が行われ、危険を無視して橋の欄干まで取り外される始末であった。このような状況下で、逓信当局はJARL盟員に無線機器のの献納を呼びかけた。=後略= (「アマチュ無線のあゆみ」 p.196 JARLから抜粋)



 
     
 
昭和12年(1937年)はどんな時代だったか?
 
MARL(満州)結成さる


 
昭和12年(1937年)12月10日、満州国アマチュア無線連盟(MARL)が結成された。「JARL NEWS」第71号(昭和13年7月号)は次のように伝えている。


友邦満州国にも機運至って、この程MARL(満州国短波アマチュア無線連盟)が結成され、近い中に多数の局が許可を得る筈である。今のところ時に応じてMARL奉天支部報を発行し、MARLの内容が整ひ次第NEWSを定期的に刊行すること。尚奉天支部事務所及QSL宛名は下記の如く決定した。
 奉天支部:奉天市平安通り20番地 青島達丸氏方  QSL宛先:奉天中央郵便局私書箱23号

田母上栄氏(J7CG、JA1ATF)は当時の模様を「CQ」昭和34年2月号掲載の”私のりれき書”で次のように述べている。
 
MARLの結成

話は前後するが、昭和12年12月に満州の各局が寄集まり、満州国アマチュア無線連盟(MARL)を結成し、会長に小沢匡四郎(MX1A)、幹事に松井義正氏(MX3A)と小生(MX3H)があたる事になった。MARLの大きな仕事として、満州国は日本と異なり、あくまでも実験局でなくアマチュア局で行くための運動を行う事であった。幸いにも交通部(逓信省と同じ)当局に理解して頂いて、アマチュア局となり、運用時間も常時とし、電力も入力1kW迄入れ得るようになった。そこでMX1のコール・エリヤを作らねばならなくなり、新京府の東半分をこれに当て、MX3と大同大街を挟んでMX1が生まれ、MX1Aが1局出来たのである。=後略=

田母上栄氏(J7CG、JA1ATF)とシャック 昭和9年函館の大火で非常通信を行ったJ7CG局のシャック


■函館大火と非常通信

田母上栄氏(J7CG、J2PS、MX3H、JA1ATF)は「CQ」昭和34年1月号(CQ出版社)の”私のりれき書”で次のように語っている。

局の運命をかけた非常通信
昭和 9年(1934年) まだ雪も解けやらぬ 3月21日、折からの強風の中、漁家一軒から発した火により函館市の90%が灰になった。函館の大火についてはご存知の方も多いことだと思う。

この時に運が悪く海底電線の中継所も火災を受け全焼し、そのため本州と北海道の連絡は落石無電局のみとなり、救助関係の重要連絡が途絶し、北海道庁始め関係方面の困り様は一方ならぬものであった。その結果北海道庁の実験局の準備委員の木村氏より、なんとか内務省と連絡をとって協力してくれないかと依頼があった。

J4EA 岡本良雄氏(左)とJ3CX 河野正一氏(右)が記念撮影( 昭和 9年5月29日) 編注:函館大火からほぼ2ヵ月後に撮られたもの

小生は今日と違い非常通信も目的外通信として処罰される時代であったので、一寸ためらったが然し私のアマチュア無線はスタートの時から、善意に満ちた他人の好意により育って今日に到ったことを思い、又冬の寒空の罹災者の事を思い、意を決して引き受ける事にし、早速運用時間がであるのも承知で(当時は午前3回午後3回運用時間が決められていた)、J1AB(東京警視庁)とJ1AD(埼玉県庁)を呼んだが応答なし、これはどうしても駄目かとあきらめにかかったら、突然J1ABが呼んできた。

後でわかった事だが小生が余り夢中で時間外にもかかわらず前記2局を呼んでいるので、これを傍受したJ1DR(鉾立舜一氏)が有線でJ1ABに連絡してくれたからであった。

小生が呼び出しを始めてから2時間以上してから、とにかくJ1ABと連絡出来たので早速被害状況や急を要する救助物資の発送依頼等の電文を送ったが、J1ABから応答がない。これは駄目かと思って受信機のダイヤルを回すと、今度はJ1ADが呼んで来て、J1AB局は故障したので、J1ABは受信したので、J1ABは受信して内務省と有線で連絡し、返事及びJ7CG宛ての電文はJ1ADが送ると言って来たので胸を撫で降ろした処に、札幌逓信局の係員が来て送信を中止しろと運用停止命令書を示されたが、小生はなんとか有線が開通する迄見逃してくれと北海道庁の係員ともども頼んだ。

余り熱心に頼んだので、係官もやむなくそれではコールを言わないで、続行する事にして交渉成立し難を切り抜け、その後3日間非常通信を続けた。この非常通信中の両局にQRMする局があるとJ5CC堀口文雄氏、J3CX河野正一氏等が注意してくれたりして御協力くださった。=後略=

(以上、アマチュア無線のあゆみ JARL p.122〜p.124より抜粋)

 
■MARL結成・・・MX2A、MX2B
 
後列左よりMX2B永野多景志氏、MX2A小沢匡四郎氏 前列左よりJ4EA岡本氏の従兄弟、ひとりおいて右端がK6CQV
羅津にJ8CL大西千秋さん(陸軍司令部電信所長)がいた。大西さんは応召して広島電信隊にはいったのがきっかけとなり、満州で電信所長のとき、朝鮮茂山電信所長だったJ8CC田中勇さんにハムのコーチを受けた。早速XU8COのコールサインを使ってQSOしていたところ、逓信局に御用となった。
「軍隊で通信実験したい」
といって逃れ、正式に出願をすすめられた。ある参謀から「スパイと疑われるぞ」とおどされたが、「満州で小沢少佐がMX1Aで出ている」と頼み込み許可をとった。

ツェップアンテナで14メガサイクルに出ると、猛烈なパイルアップ、カードはすべてダイレクトで送った。そのころ活躍していた人にJ3FJ湯浅楠敬さん、J8CD長滝良蔵医師がいた。
 
MX2Aのシャック
満州にもアクティブなハムがいた。MX2B永野多景志さんたちで、仕事がら満州電電や満鉄の関係者 が多かった。奉天で昭和13年、アマチュア無線の連合体としてMARL(満州国短波無線連盟)が発足した。本部を 奉天市平安通り20、奉天中央郵便局私書箱23号青島達丸さん方の置き、機関紙などを発行した。

国内では防空演習への参加が続いた。昭和11年10月、愛知、岐阜両県下で行われた防空演習にJ2CN大田寛一さんら十人が防空無線隊として参加。同年北海道での陸軍特別大演習にJ2MN西丸政吉さんたち8人が愛国無線隊と名乗って協力した。 隊長がJ2MJ小沢少佐、隊員が西丸さんのほかJ7CG田母上さん、J7CR嵯峨昊さん、J3FK塚本照郎さん、J4CN大津武義さん、J5CC堀口さん、それに受信局の内藤勇二さんであった。

ハムの参加した背景に「非常時」という危機感が働いたことも見逃せない。昭和12年9月、東部防衛司令部の行った防空演習に51人という多数のハムが、国防無線通信隊として参加している。 次いで12年11月の第三師団管区防空演習に、東海市部員十人が愛国防空無線隊の名称で参加し、さらに14年10月と15年10月の関東防空演習にも国防無線隊で名を連ねた。

 

MX2Bのシャック

MX2B 永野多景志氏

 
軍部の息のかかった通信では、制限時間外に公然と実験ができるという魅力があった。このメリットが純真なハムの心をひきつけたのも事実であろう。 たまりかねた逓信省は昭和13年12月、私設無線電信電話規則を改正し「「実験のための通信のほか、逓信大臣の指定(防空など)した通信が行うことができる」 とした。JARL NEWSの昭和14年2月号は、この問題を次のように受け止めている。

《逓信大臣の指定があったとしても、自分はアマチュアラジオを非常用に活用できると言い切れる人が何人いるでしょうか。和文コードの熟達はいうまでもなく、電報送受の大体のことを飲み込んでおく必要がありましょう》(要約)

(以上「ハム半世紀」香山晃 電波実験社 p.80〜81 より抜粋)

MX2Bのシャック(昭和10年2月5日撮影) 写真の裏面に852 RS228 852 211-DX3 865×2 112A の記載がある

この写真を撮るためにヒゲをのばしたというMX2B永野氏
 
[参考文献]
「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」、「アマチュア無線のあゆみV」JARL
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.5.8
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005