72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第11回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-

 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J4CF、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DPJ3EM、J1DO、J2GXJ6CO
J6CPJ2GWJ2KQJ2HD、WA6GAL、J3DEJ3FK、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZJ4CIJ2CCJ4CJ、J3FI、J2KP、MX2B鳥取工業学校施設MX2A、J4CO、J4CP、J2IXJ2LWK6CQVXU5KTK6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、J4CG

*色つきコールサインはご紹介済み 

J3DP橋詰与惣次郎さんのシャック

(滋賀県彦根)

J3EF山内延夫さんのシャック



(大阪市東淀川区)1934年

 
     
 
昭和13年(1938年)はどんな時代か?
 
香山 晃著 電波実験社(昭和51年初版)

風にそよぐ電波

■MARL結成

羅津にJ8CL大西千秋さん(陸軍司令部電信所長)がいた。大西さんは応召して広島電信隊にはいったのがきっかけとなり、満州で電信所長のとき、朝鮮茂山電信所長だったJ8CC田中勇さんにハムのコーチを受けた。早速XU3COのコールサインを使ってQSOしていたところ、逓信省に御用となった。

「軍隊で通信実験をしたい」といって逃れ、正式に出願をすすめられた。ある参謀から「スパイと疑われるぞ」とおどかされたが「満州で小沢少佐がMX1Aで出ている」と頼み込み許可をとった。

ツェップアンテナで14メガサイクルに出ると、猛烈なパイルアップ、カードはすべてダイレクトで送った。そのころ活躍していた人にJ3FJ湯浅楠敬さん、J8CD長滝良蔵医師がいた。

満州にもアクティブなハムがいた。MX2B永野武志さんたちで、仕事がら満州電電や満鉄の関係者が多かった。奉天で昭和13年、アマチュア無線の連合体としてMARL(満州国短波無線連盟)が発足した。本部を奉天市平安通20、奉天中央郵便局私書箱23号青島達丸さん方に置き、機関紙などを発行した。

国内では防空演習への参加が続いた。昭和11年10月、愛知、岐阜両県下で行われた防空演習にJ2CN太田寛一さんら十人が防空無線隊として参加。同年北海道での陸軍特別大演習にJ2MN西丸政吉さんたち8人が愛国無線隊と名乗って協力した。

隊長がJ2MJ小沢少佐、隊員が西丸さんのほかJ7CG田母上さん、J7CR嵯峨昊 さん、J3FK塚本照郎さん、J4CN大津武義さん、J5CC堀口さん、それに受信局の内藤勇二さんであった。
ハムの参加した背景に「非常時」という危機感が働いたことも見逃せない。昭和12年9月、東部防衛司令部の行った防空演習には、実に51人という多数のハムが、国防通信隊として参加している。 次いで12年11月の第3師団管区防空演習に、東海支部員10人が愛国防空無線隊の名称で参加し、さらに14年10月と15年10月の関東防空演習にも国防無線隊で名を連ねた。

軍部の息の掛かった通信では、制限時間外に公然と実験ができるという魅力があった。このメリットが純真なハムの心をひきつけたのも事実であろう。たまりかねた逓信省は昭和13年12月、私設無線電信電話規則を改正し「実験のための通信のほか、逓信大臣の指定(防空など)した通信を行うことができる」とした。JARL NEWSの昭和14年2月号は、この問題を次のように受け止めている。

《逓信大臣の指定があったとしても、自分はアマチュアラジオを非常用に活用できると言い切れる人が何人いるでしょうか。和文コードの熟達はいうまでもなく、電報送受の大体のことを飲み込んでおく必要がありましょう》(要約)

(「ハム半世紀」香山晃著 p.80〜81 電波実験社より抜粋)絶版

 

「ハム半世紀」著者略歴
香山 晃 本名:梶本俔良(かじもと・ちから) 昭和2年大分県に生まれる 31年読売新聞大阪本社に入社 大分支局、報道部を経て西部本社連絡部勤務 32年JA6UU開局 元JARL通信運用委員

 

JARL NEWS 1939年 FEBRUARY 第78号より


私設無線電信電話規則改正に関して - J2JJ  大河内 正陽 -

「私設無線電信電話規則改正に関して」と題したJ2JJ 大河内さんの記事が掲載されたJARL NEWS 1939年2月号 第78号

昭和13年12月26日付を以って規則改正が行われました。逓信局よりの書類によってすでにご承知でありましょうが、主要の点は、
1.私設無線電信電話に使用し得る電波型式の種類を7種類に改め、これが定義をそれぞれ改められたること。(第16条)

2.実験用私設無線電信電話は実験のための照復のほか特に逓信大臣に於いて指定する通信に於いて指定する通信にこれを使用し得ることとなりたること。(第49条)

3.実験用私設無線電信電話による電波の発射に当たり調整符号の送信は10秒間に制限せられたること。(第57号)

の3項目です。この中我々にとって特に重要なる改正は第2の49条の改正です。即ち逓信大臣に於いて指定があるならば実験以外のなんらかの目的に対しても通信することができるのです。

一例を挙げるなら今まで防空演習参加に際しても変則的の方法をとらざるを得なかった我々も、この改正によってもし逓信大臣の指定を得るならば堂々と演習通信を行い得ることになったのです。

ここに於いて我々は非常時に於けるアマチュアラジオに対する覚悟をさらに明確に自覚せねばなりますまい。逓信大臣の指定があったとして、非常時に直面したとして自分はアマチュアラジオを非常用とし活用できると言い切れる人が現在一体何人いるでしょう。

和文コードの熟達は言うまでもないこと、電報送受の大体の要領を飲み込んでおくことも必要でしょう、平時からコンテストその他による訓練、演習も大切でしょう。要するにこの規則改正よって明確に提示された、なさなければならない準備に対して我々は計画を立てて行かねばならないのです。

 (編注:現代仮名遣いに変更しました)

 
J2CG 林太郎 ミュージアム(4)
 

1931-1979に活躍されたJ2CG 故林太郎さんの遺品の一部をYAHOOオークションで落札された岩岡氏(JG1AKM)のご好意により「QRA BOOK」 「QSLカード」 「戦前のJARL NEWS」など貴重な資料をQTC-Japan.comに寄贈いただきましたので、その中から珍しいカードを順次ご紹介して参ります。

 
J6CG 菱沼益男さんのQSLカード 
 1931年
J6DO 栗林幸生さんのQSLカード
  1936年 9月14日の交信証
 
 

[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
「JARLNEWS 1937年10月号」第66号 J2CG 林太郎氏の遺品から(JG1AKM岩岡氏提供)

編注:故人を付すること並びに
コールサインにEXをつけることを省略しています。

 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.6.3
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2006