72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第10回]
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-

 
     
 


いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。

すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

▼植田さんの手紙から抜粋

私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJJ7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J1EA、J6CO、J4CT、J4CF、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EM、J1DO、J2GXJ6CO
J6CPJ2GWJ2KQJ2HD、WA6GAL、J3DEJ3FK、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FFJ2HZJ4CIJ2CCJ4CJ、J3FI、J2KP、MX2B鳥取工業学校施設MX2A、J4CO、J4CP、J2IXJ2LWK6CQVXU5KTK6AKP、EA3DY、K6CRUK4CQV、J5CM、VK3ERS、J4CG

*色つきコールサインはご紹介済み 

J2HE(ex J1EK)柴田知雄尾さん(左)とJ6CO新保勝夫さん(右)のシャック

天井にまで貼り付けたQSLカードが印象的!(1932年の撮影)

J2HD(ex J1EA)橋詰春雄さんのシャック


 
     
 
昭和6年(1931年)はどんな時代か?
 
JARL NEWS 1937年APRIL 第61号

風にそよぐ電波

Gメンがアンカバー

軍国主義の台頭は大陸政策の拡大を招き、多くの人たちが朝鮮、満州に雄飛して行った。資源小国のたどった道だが、この中にハムも含まれていた。

青森出身の高田保太郎さんもその一人。昭和4年に平壌地方逓信局に配属された。学生のころからラジオいじりが好きだったので、短波受信機を組み立ててハバロフスクの音楽放送を聞いているうち、アマチュア無線を知った。
翌年QST誌を読みかじって三球受信機へ進み、7メガサイクルで内地のJ7CB橋本数太郎さん、J2CB山口喜七さんのCWを聞いていて、ついに電波を出したくなった。

昭和6年の夏、強力に入感していたCWに応答した。相手は、XU8、上海のハムだった。長い間、胸につかえていたしこりが、いっぺんに取れたようなさわやかさを味わった。

余生をかってJ3DE宮井さん、J5CC堀口さんと交信できた。QTHやQRAを聞かれ、ためらいもせず本名を明かした。アンカバーで自分のコールサインはJ8CAと勝手につけたものだった。

カードがすぐに届いた。アンカバーを中止して受信だけにとどめ、毎夜QSLカードを出してながめた。罪の意識といくぶんの後ろめたさがあったが、自分の電波で内地と交信したというスリル、冒険心の方が強かった。

「おい、高田君、局長が呼んでいるぞ」
仕事は市外線路試験係、局長から声のかかることは滅多にない職場だ。
「ハテ、何事だろう?」
部屋に入った高田さんに対し、局長はなにもいわず一通の書類を見せた。それは交信記録だった。全身から血の引く思いがした。
「身に覚えがあるかね」
「はい、申し訳ありません。つい」
「ついということはないだろう。いやしくも君は不法無線の監督者の一員ではないか」
こっぴどくしかられた上、一ヶ月の減給処分になった。毎晩のようにビリヤードに通い、ハムを忘れようとつとめた。

それでもラジオいじりは止められず、エリミネーター(交流電源)受信機を作った。これなら充電の必要もない。ワッチしてみると、みんなCWから電話に進んでいた。昭和9年の夏、朝鮮にも正式許可の方針が決まった。

翌年出願、10年に許可が下りた。J8CF、鎮南浦から主に14メガサイクルに出て、3ヶ月でWACを完成した。南米アルゼンチンに友だちができ、毎日午後4時半にスケジュールを組んだ。定刻になると
「ハロー、ハスタロー」
と呼んで来る。

双方とも英語はブロークン、気おくれなく交信することができる。これを聞いた神戸のJ3EM森進さんが、文例を記入したカンニングペーパーをプレゼントした。それを壁に張り、QSOのたびに、あてはまりそうな文例を探して読み上げた。古きよき時代で、これで結構、用が足せた。ただ内地のOMから「君は英語がうまくなったね」とひやかされるのに閉口したという。 昭和14年、羅津に転勤、不法無線の取締りが本職になった。因果はめぐる・・・の感慨を新たにした。

(「ハム半世紀」香山晃著 p.78〜80 電波実験社より抜粋)

 

JARL NEWS 1937年 MAY 第62号より


M X 訪 問 記 (2) - J3FJ  湯浅 楠敬-

J8CD氏宅前で CF氏、奥さん、CD氏、永野氏、3FJ 小生案内中足をくじいたのです。決して生まれつきでありませんよ、(永野)

MX2B家に在っては送信機にへばりついたままである。外国で聴くJのSigsは非常に面白い。大阪で聴くのとは違った音色で入っている。中にはエコーを引き気味なJ2のSigsさえある。特にJ3のOM方のSigsにはいうに言われぬ懐かしさがある。J3FJのSigsを探したが、不思議にも入らぬ。残念なことである。

Jの午後12時、MXの午後11時を限りに床に就く。「2Bさんお休み」と言ってから話が続く。内地のこと、OM方のこと、そしてラジオの話−ローパワーからハイパワーにかけて−、よくこれだけ話すことがあるものだと感心するほどである。時計が2時を打つ。山ほどの話題を明日の楽しみに残して眠りに入る。

MX2A様のお宅は2B兄のすぐ近くであり「オイ」と呼べば「なんじゃ」と答えるほどであるのに「何じゃ」とお声がない。早速二人で押しかけると2A様は少々身体を壊されてベッドの中でQSTをご覧あそばされていた。

MXの初めてのアマチュア2A様には「MXアマチュアの歴史」をお聞きした。MXにはJと違った生い立ちがありなかなか面白い。「日本満州アマチュア史」なんて面白い本ではあるまいか。2A様のシャックには大体QSTに載せられた写真と同じであり、その整然さ、送受コントロールのFBさには教えられるところが多い。

2B兄のシャックには正に研究所の感じで、あちらこちらにトランスミッターやハイパワー真空管がごろごろしていた。それらの球がよく働くものばかりであるところちょっと内地と違う。「九杯目にはそっと出し」ながら2B宅にへばりつくこと正に半月。これではならじと本渓湖に別れを告げて2B兄と共に奉天へと向かう。奉天ではex AC3Tの青島氏、ex AC4LKの小西氏の両氏にお会いできて誠に愉快であった。両氏とも始末書を引き換えに永遠にそれらのコールとおさらばを告げられた方々である。

今のところMXでは2A、2Bの他には許可をくださらぬ模様であると承った。両氏は「時の来るのをおとなしく待ちますよ」と寂しく笑った。MX2C、MX3A等々の出現する聞くときMXにはおとなしく待たれた方々が相当に多いらしい。「虎は野に放つよりは檻の中に入れてこれを見るべし」とはFJ一個人の愚見である。

奉天にて 
左より永野、青島、湯浅、小西
舞い上がる砂で口も目も開けぬ砂漠見物を名残に満州旅行の幕を閉じることにして、朝鮮J8CD氏のシャックを襲うべくプランを立てる。2B兄「わしも行く」と言って二人掛りで攻め寄せたにはFBなる腕とかっぷくあるおつむで平壌十里四方有名なるCD氏もたじたじとなさる。

翌日はCD氏所有のダットサン二台に分乗し一台はCD氏、一台は奥様操縦で鎮南浦へJ8CF氏を迎えに行く。J8CF氏はローパワーながらFBなシャックをお持ちであり、小生の知る限りおいて最もCondxのFBな地である。

QRNNに悩まされ通しの小生にはうらやましいやら残念やら。CD氏宅へ帰って「一杯飲もう」と言うておるところへ京城J8CB氏お越しになる。何でも野球試合にご出場のため来宅された由、FJ誠に幸運児である。

実際アマチュアが五人集まれば、あえて女人に引けをとらぬと確信するほどににぎやかなものである。最近JARL本部並みに支部大変アクティブなりとお褒めのお言葉にあずかる。誰かNEWSは集まるものに非ずして集めるものなりと言われた。正に当事者の味わうべき一言。

J8の皆様のご近況、ご研究、ご意見等に話がはずみ、釜山行11時の夜行にダットサンで駆けつけてやっと乗るという始末だった。別れるとなるとどうもセンチになってくる。ことに一ヶ月寝食を共にした2B兄にはお別れの挨拶さえできかねた。汽車が動き出してからあわてて皆様にTnxの連発を始める。皆様の姿が小さくなり、平壌駅が小さくなり、そして見えなくなった。なんだか弓のようだ。

奉天で平壌のご親切、ご友情を次から次へと想い出して限りがない。汽車は無心で走っておる。思えばFBな旅行であった。私は心より皆様が満州、朝鮮のシャック訪問に押しかけられんことをお薦めする。美しい思い出は一生胸を離れないであろう。 (編注:現代仮名遣いに変更しました)


 
J2CG 林太郎 ミュージアム(4)
 

1931-1979に活躍されたJ2CG 故林太郎さんの遺品の一部をYAHOOオークションで落札された岩岡氏(JG1AKM)のご好意により「QRA BOOK」 「QSLカード」 「戦前のJARL NEWS」など貴重な資料をQTC-Japan.comに寄贈いただきましたので、その中から珍しいカードを順次ご紹介して参ります。

 
J3DY 熊野紋次郎さんのQSLカード 
 実験無線の許可を返上の挨拶?
J5CG 栗林幸生さんのQSLカード
  1932年 2月6日の交信証
 
 

[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」 日本アマチュア無線連盟50年史編集委員会編
「日本アマチュア無線外史」 JA1CA 岡本次雄、JA1AR 木賀忠雄 共著 電波実験社
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
「JARLNEWS 1937年10月号」第66号 J2CG 林太郎氏の遺品から(JG1AKM岩岡氏提供)

編注:故人を付すること並びに
コールサインにEXをつけることを省略しています。

 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.3.10
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2006