移動無線のパイオニアが語る
 
(1953〜1963)
        
 
     
  約50年前の1959年10月、JA1YF/石川源光さん(故人)、JA1OS/柴田俊生さん(故人),JA1AC/村井洪さん(故人)の音頭で「モービルハムクラブ」=MHCが誕生しました。51MHz帯FMモードを使った本格的なモービルハムの登場です。

当時の無線機はRT‐70、RT‐66、,67、68、PRC‐6〜10、BC‐1000、BC‐1335、VRC‐2、FRC‐20などの米軍からの放出品がほとんどで、中でもRT‐70が圧倒的多数を占めました。出力電力は0.5Wと小出力のため送信管 2E24、6146、829Bなどでブースターを製作して、DC‐DCコンバーターやバイブレーター、ロータリーコンバーターなどで
B電圧を供給しました。

PRC‐6で交信中のJA1DWI/山田豊雄さん(SK)。(1960年頃)

車はMHCの名簿から拾い上げるとダットサン、プリンス、オースチン、ルノー、スバル360、ダッヂ、,ヒルマン、MG、フォード、オペルなど、往時を偲ぶ名車がズラリ並んでいます。MHCは後にJMHC(Japan Mobile Ham Club)日本モービルハムクラブと名称を変えてモービルハムの爆発的な普及の原動力となりました。


JA1DWI/山田豊雄さんのコリンズKWM‐2を搭載したモービルシャック。 (1962年頃)
 
     
 
 

JMHC、日本モービルハムクラブが発足したのが1961年4月、会長は山田豊雄さん/JA1DWI)。後にJMHC東京が「東京オールド」と名称を変更しました。

 
この“東京オールド”(事務局/JA1AT/横瀬薫さん)は、1959年〜当時、米軍放出の無線機を乗用車に搭載してモービルハムを始めたメンバーが年一回集まり親睦会を開いているが、「モービルハム草創期」をパイオニアの皆さんに語って頂きました。  山田(JA1DWI)さん(SK)は『放出のRT‐70やPRC‐6、BC‐1000の改造機に832や829Bのブースターを併用して、当時のハイテク最先端を走っていました。ブースターのケースを板金屋に造らせたら、寸法を誤り球の角が当たって収まらないのでヤスリで削り、やっと完成しました。そして電源オン、結果は申し上げる必要ないほどよく働きました。』
 
PRC‐10(38〜54.9MHz)車載小型FM送受信機。
JA1AOU/近藤栄一さん所蔵
米軍放出品のRT‐70(47MHz〜58.4MHz)車載用FM送受信機。JA1EQI/藤田進さん所蔵
 
JMHCが企画した51MHz FMトランシーバー・キットの開発者JA1AQA/渋谷さん。

やがてハイテク最前線はトランジスタに移り、JMHC東京の有志は50MHzトランシーバーの基板を完成しました。 この頃、第1回全国大会(昭和41年8月20日、蒲郡)があり、この基板を持って参加し、入手希望の予約を取りメーカー品より安かったので注文が殺到しました。

組み立ては市島徳一(故人・JA1GNQ)さん、渋谷昇三(JA1AQA/JA1FFY)さんが一晩で組み上げ、近藤栄一(JA1AOU)さんは、「いつも運び屋だった」と当時を懐かしく振り返っています。
 
BC‐1000は周波数の上限が48MHz、51MHzに変更するには、同調回路のチタコンを減らすと52MHzまで簡単に上げられました。感度がいまいちなので受信トップの1T4の代わりに6AK5に入れ替えたら結果は上々でした。もちろんフィラメント回路に30オームを挿入して6AK5のヒーターに対応したのはいうまでもありません。間もなくディスクリの1A3が断線したので1N34を代用して修復。これは柴田俊生(JA1OS、故人)さんが語る苦心談です。
 
(左)JMHCが編集・執筆した無線と実験の増刊号「モービル・移動無線の技術」誠文堂新光社刊 と「'72‐'73JMHC/モービルハムコールブック」電波実験社刊を所蔵するJA1ID/倉本さん(SK)。 (右)ヒルマンのリアバンパーに51MHzの1/4波長(1.5m)ステンレスホイップを装着しています。
 
ヒルマンのハンドル右のスペースにRT‐70をセッティングしたモービル局。JA1ID/倉本次彦さん。
 
携帯用小型トランシーバPRC‐6で通信中のカッコいい姿はJA1ID,倉本次彦さん。
 
1962年、JARLは各バンドに非常通信周波数を指定しました。FM:29.0〜29.2MHzと51.0〜51.2MHz、AM:28.1〜28.3MHzと50.4MHz〜50.6MHz。「非常通信の行われている時にこれらの周波数内で無駄なQSOをしないように」と申し合わせています。
 
1961年、同グループは毎月のように<遠乗会>を楽しみました。銚子(5月)、軽井沢(6月)、箱根(9月)、吾妻スカイライン(10月)、1962年1月(鎌倉・江ノ島)、3月(水戸)……ザッという音ともにスケルチが開いてFM特有のクリアーな音声が飛び込んでくる。車とアマチュア無線の楽しさを倍増したモービルハムの原点がここにありました。交通情報のやり取りにはじまり、見知らぬ土地の案内、旅館の手配までハム仲間は友情に満ちていました。
 
JA1HM/林秀夫さんのQSLカード。 ;ルノーと4分の1波長のホイップをにぎるJA1HM/林さん。
 
自動車ととアマチュア無線をドッキングしたモービルハムの仲間たちは、クラブ組織を東京・城南(JA1HX)、城西(JA1YF)、城東(JA1AEW)、三多摩(JA1JTB)、横浜(JA1BLN)、地方区(JA3RF)に分けてそれぞれに責任者をおいたのが後にJMHCを冠したクラブが誕生するきっかけになりました。  同年4月の総会で周波数偏移を討議して「JMHCの規格として2MHz台のクリスタルを24逓倍して±15kHzの周波数偏移を得る」と決定しました。
 
タクシー無線の払い下げ品
 
この頃、車載無線機の花形だった米軍放出品が品不足となり、これに変ってタクシー無線の払い下げ品が各地に出回りはじめました。JMHCメンバーの搭載機種別使用率で、70%以上の高率を示したナショナル製のFM‐60‐10、周波数は54MHz〜62MHzあるいは62MHz〜68MHz用の2種類で水晶制御周波数変調方式の無線機でした。 1963年9月、JMHCはこれまでの51MHz 1チャンネルからサブチャンネルに51.2MHzおよび54MHz付近を提案しました。いよいよ多チャンネル化と全国的な普及に拍車が掛かりました。
 
出典:モービルハム 1998年2月号 p.19〜22
資料提供:東京オールド(事務局 JA1AT)
 
 
 
QTC-JAPAN.COM 2010.12.05
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2010