QTC-JAPAN.COM創刊 2周年特別取材 Ham Radio 2002 in Friedrichshafen

[HAM RADIO 2002 第 2報]
[メーカー展示見て歩き・・・入場者は約2万人!]
[ひと味違うEUのフリーマーケット]
[ホテルの部屋からインターネットに接続]
[HAM RADIO 印象記 by JA1CVF]
[ツェッペリン100周年記念アワード]
 
     
 

■速報・ヨーロッパ最大のハムショー28日開幕

[フリードリヒスハーフェン発]第一報
ヨーロッパ最大のハムショーHam Radio 2002は、にフリードリヒスハーフェンのメッセを会場に予定通り6月28日10時に開幕しました。運営の一切を同市メッセ事務局が担当し、DARC(ドイツアマチュア無線クラブ)が後援という形をとっています。 フリードリヒスハーフェンはスイス国境に隣接するドイツ南部、ヨーロッパのほぼ中心に位置するために隣接する各国のアマチュア無線家が参加しやすい仕組みなっています。

入場料は1日7ユーロ(約800円)、3日間通しで13ユーロ(約1500円)です。初日のチケット売り場は大勢の人で埋まり、入場者が辛抱強く待っている様子を眺めながらQTC-Japanの取材陣はプレスセンターに直行してミィディアの登録を済ませ、PRESSカードを胸に着けて会場に乗り込みました。

会場構成はキャンピングカー、フリーマーケット、メーカー&販売店コーナー、各国アマチュア無線団体とクラブブース、コンピュータ関連コーナーに分けられます。中でもユニークなのはキャンピングコーナーです。巨大な飛行機の格納庫のような建物に本格的なキャンピングカーやワゴン車などがぎっしりと収まり、寝泊りしながらアマチュア無線の運用ができ、そのモービルシャックを一般の入場者が見ることも出来るという面白い展示形態をとっていました。

ARRLの筆頭副会長JOELさん、W5ZNからUSドルで書籍を購入。USドルとユーロは等価の扱いでした

東ヨーロッパの国々やロシア、中近東のリビアなどありとあらゆる国からのコールサインと車のナンバーから察するに、安い宿泊代への気配りが伺えてよい印象を持ちました。各国アマチュア無線団体とクラブブースは遠くARRLをはじめ、RSGB、地元のDARCを筆頭にフランス、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペインなど数え切れないほどのアマチュア無線団体が競うようにブースを出していました。
ブースの頭上には国旗が掲げられていてまさしく国際ハムショーの面目躍如!いろいろな言葉が飛び交いエネルギッシュにEyeBall QSOがそこここで展
開されました。

JAIGのDF2CW壱岐さん

ARRLのコーナーでW4RAプライスさん(ARRL元会長、現在IARU会長)が出版物販売の店番?をしているのが微笑ましく思えました。

この後、JAIGDF2CW壱岐さん(ミュンヘン在住30年)から会場となったメッセは今回限りの使用で、次回からは郊外に新設される施設に受け継がれると聞きました。今回の規模は最盛期の半分程度に縮小されたといいますが、フリーマーケットを加えたスペースは広々としていて一日では到底見て回ることができません。 明日の土曜日は近隣諸国のハム達がバスをチャーターして団体で乗り込んでくるため混雑を極める・・・とJAIGの皆さんからお聞きしました。多数の国のアマチュアが参加するハムの祭典は明日がピークを迎えます。
ただいま続報を作成中です。(取材:JA1FUY)  

 
     
 
販売ブースとフリーマーケットが大人気・・・高周波関連のパーツが豊富!

ロシアをはじめとする東欧諸国のアマチュアが軍用機や高周波関連のパーツを多数持ち込んでフリーマーケットを盛り上げているのが印象的。トランシーバーやアンテナ関係は日本の製品が多く、ハムフェア並みの出展ブースが並んでいると思えば間違いない。値段はデイトンハムベンションと変わらない感じです。
   
ロシアや東欧諸国から持ち込まれた新品のバキュームコンデンサなど豊富な高周波関連のパーツがフリーマーケットにあふれていました。 アンテナやアクセサリーを売るお店はハムフェアの風景と変わらない品そろえ。Ham Rdiio 2002特別価格に財布の紐もゆるくなり勝ち!
 

   
クラシックなつくりが目を引く鉱石ラジオのキット(97ユーロ)。このブースでは大小の方鉛鉱を3〜6ユーロでばら売りしていました。 オーストラリアEMTRON社のリニアアンプDXシーズがヨーロッパで好評!社長のルディさんが自らPRに務めていました。写真は最上級のDX-3!
■ニューモデルにお目にかかれるのもHam Radio 2002
ICOMがIC-7400やIC-910H、IC-7560PROU、YAESUはFT-897、KENWOODはTS-2000やB2000などを展示して来場者の注目を集めていました。ほかにALINCO、AORなど有力メーカーの展示即売がありました。
   
KENWOOD B2000 トランシーバーを熱心に見入る青年アマチュア デイトンハムベンションに続いて発表のYAESU FT-897 トランシーバー
 
■YU1NRにQTC-JAPAN SSTVコンテストの副賞を手渡す!
贈呈式に臨んだYU1NRの友人、YZ7AA(左)とJA1FUY(右)。右側後方にIARU会長のW4RAが写っている珍しい写真になりました。
2002年のQTC-JAPAN SSTVコンテストで第1位に輝いたYU1NR RatkoさんにHam Radio 2002の会場内で副賞(Kewood TH-K7)を手渡しました。

あいにくRatkoさんがHam Radio 2002にこられませんでしたので、友人のYZ7AAに副賞を託しました。待ち合わせ場所のARRLのブース前で贈呈式(?)を行いました。Ratkoさんは数々のコンテストに参加されて優勝の経験のある猛者ですが、獲得した副賞のトランシーバーなどが通関上の問題で手元に届かないトラブルがあると聞いて、今回の会場での手渡しを企画して首尾よく友人のYZ7AAに託することができました。

どのバンド&モードが好きなの?と聞いてみたら
なんといってもHFバンドだね、ローカルの連中はVHFがいいというけど・・・TS-940でSSBをやっているよ』と気軽に話してくれました。
YZ7AAは大勢の仲間とともにHam Radio 2002にやってきましたが、贈呈式もそこそこにDXCCのカードチェッキングに忙しくて落ち着かず再会を約束して別れました。

by JA1FUY
 
■お勧めDiscover HAM LIFE  コラム82〜84=Ham Radio 2002もご覧ください。
 
QTC-JAPAN.COM 2002.06.28

(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001