HAM FAIR 2004  August 21〜22, 2004

2004/08/25 Updated
 
     
 

8月21日(土)、東京・江東区の国際展示場「東京ビッグサイト西2ホール」に午前9時過ぎから、”ハムフェア2003”の入場を待つアマチュアの長い列ができました。午前9時45分、主催者のJARL原昌三会長(JA1AN)の歓迎の挨拶があり、JAIA河原春郎会長(ケンウッド社長)ほか海外からの来賓によるテープカットが行われ、待ちかねた約千人の入場が始まりました。


入場者に配布の”公式ガイドブック” B5判本文2色刷り16頁 掲載内容は会場案内図やクラブ・グループ、JAIA専門会員一覧など。

■”ハムフェア2004”のにぎやかな幕開け

「電波で楽しむニューメディア」のキャッチフレーズのもとに「JARLコーナー」12、「ビジネスコーナー」25、「クラブコーナー」136、「純粋展示・発表コーナー」37、「JAIAコーナー」4の合計計214小間の出展がありました。2日間の入場者は27,000人(主催者発表)と発表されました。

JAIAコーナーにはアイコム、ケンウッド、第一電波工業、コメットの4社が出展しました。ほかにアルインコ、スタンダード、エフティアイ、ルソー、マキ電機などメーカー各社による製品展示が行われました。

イベントコーナーでは、 21日(土):「D-STARの使い方と楽しみ方」、「南極ドームふじ 8J1RF局運用報告」、「Amateur radio activities in Scandinavian Countries」、「尼中無線局のインターネット・コントロール」、「表彰式 自作品コンテスト/絵画コンクール」が行われ、会場には多数のアマチュアが参加しました。


22日(日):
「アマチュア無線のデジタルネットワークから見たD-STAR」、「3B9Cロドリゲス島DXぺディション報告」「ARRLアワードガイダンス」「アンテナナライザ大研究」「表彰式 関東UHFコンテスト」が予定されています。

即日発表3・4アマ国家試験
:日本無線協会が実施する国家試験が東京ビッグサイト会議棟で行われました。午前9時から受け付けられ、午前と午後の2回3アマと4アマの試験が行われ、試験終了の約1時間後に合否が発表されました。
ほかにJARLモールス電信技能検定JARD選抜試験(3級アマ短縮コース)が行われました。

インプレッション:
「ハムフェア2004」の大きな看板がかかる入場門を前に今年も大勢のアマチュアが長い列を作り開場を待っていました。IARUやReg3の役員など来賓が見守る中、JARL原会長(JA1AN)の歓迎の挨拶とテープカットが行われて10時に入場が始まりました。正面から入場するとすぐにアイコム、ケンウッド、スタンダードの華やかな展示ブースに出会います。

今回はアイコムがデジタルトランシーバー2機種とIC-756PROVを出展、スタンダードはYAESU FTDX9000とSTANDARD 
FT-60の新製品を中心に出展、ケンウッドはTS-480シリーズとTM-D700などを展示して人気を集めていました。また、イベントコーナーのプログラムがいつになく充実していて午前2回、午後2回の講演会がほぼ満席にして大勢のアマチュアが熱心に聴き入っていました。

クラブ展示ではJASTAのUSB接続によるMMSSTVインターフェース、USBIF4CW (USBポート接続型アマチュア無線用インターフェース)、W3FFアンテナ(移動用小型軽量アンテナ) 、EHアンテナ(エフアール・ラボ)、KENWOOD(TS-480シリーズ徹底解説集)、「DXの歴史」JA1BWA高橋敏夫著・月刊ファイブナイン刊などが興味を引きました。

 
     
 
ハムフェア記念局は 8J1A サフィックスが一文字の短いコールサイン

8J1A ハムフェア2004の特別記念局。サフィックスが1文字から5文字まで使えるようになって実現した短いコールサインです。DXぺディションやコンテスト向きかもしれません。

イベントコーナーの「アマチュア無線局のインターネット・コントロール」の講演の様子(講師はJAIA技術委員会/潟Pンウッド・池田卓史さん)
 
アイコム(ICOM)  IC-756PROV ID-1 ID-800 新製品ラッシュ!
アイコムは144/430MHzデュオバンド20WデジタルトランシーバーID-800、1200MHzデジタルトランシーバーID-1、HFオールバンド100WトランシーバーIC-756PROVなど新製品を発表しました。

IC-756PROV IC-7800の設計で培った桁違いの耐歪み特性テクノロジーを惜しげもなくフィードバックしたハイエンド技術の血統。

 
ケンウッド(KENWOOD)  TS-480 TM-D700が宇宙でも活躍中!
ケンウッド TS-480シリーズをARCP-480ソフトを使いパソコン制御を実演して人気を集めていました。LANやWANなどを用いて離れた場所から無線機を操作することも可能。

ケンウッドのブースに飾られた「TM-D700が宇宙で活躍中」の説明が誇らしげな使用状況の写真と説明パネルに目がとまりました。

 
スタンダード(STANDARD YAESU)  FT DX 9000MP FT-60など新製品がずらり
STANDARDYAESUの2ブランドを持つスタンダードのブース 発売されたばかりの144/430MHzFMデュアルバンドハンディのFT-60(5W)が並んでいました。 YAESUブランドのHF/50MHzトランシーバーFTDX9000MPと専用電源(参考出品)がありました。
 

JASTAのコーナーに「USBポートからMMSSTVが接続できるキット 」を展示

田辺さん(JA3WZT)が設計開発のUSB2PTTインターフェース Audio のIN/OUTはパソコン本体のモノを使用するタイプでPTT出力を取り出す簡易インターフェース。 USB4MMSSTVインターフェース 同じく田辺さんの設計になるパソコンとはUSBケーブル1本のみで接続してMMSSTV、MMRTTYに使えるインターフェースです。
JASTAのコンテスト係の田辺さんが開発したUSB2PTTとUSB4MMSSTVインターフェースを手にしてパチリ! JASTAのブース 手前右はJA2HYD山越さん、その奥にJA1XVY平野さん、そして手前左からJA8AUQ、JR8BCH酒井さん夫妻がなにやら楽しげに語らっています。

JA9COB 蓮沼さんのショップ あのBIRDが豊富な品揃えで!

あの有名なBIRDがそろっていてデイトン・ハムベンションのブースと見間違うような豊富な出品で驚かせてくれました。 JA9COB いろいろなバードをそろえてご満悦の蓮沼さん。確かな目利きが出来るから集められる品ぞろえでしょう。

JA1BWA 高橋さん「DXの歴史」を上梓

高橋さん(JA1BWA)の書下ろしの「DXの歴史」が出版されました。「DXスタイルの変遷とパソコン」、過去50年間のJA局DXコンテスト 歴代上位一覧、DXCC #1 & Honor Roll List 2004、など最新情報を網羅。

月刊ファイブナイン創刊20周年記念出版
DXの歴史」高橋敏夫著
B5判 258頁 定価 2,500円 詳しくはこちらをご覧ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/takahashi/

JANET/JAIG親睦会に31名が集結!JANET創立25周年を祝う

ラグチュー 左からJR0DLU、JA3AER、KH6JA

記念撮影 新橋の銀座ライオンでJANET/JAIGの懇親会(この写真をクリックで拡大)TNX JA1FY

宴もたけなわ 銀座ライオン新橋店はJR新橋から近いせいもあってこのときハムの3グループが隣り合わせの部屋で懇親会が開かれていました。

JANET創立25周年 荒川さん(JA3AER)による塚原さん(N2JA)たちとJANETを結成当時の話に耳を傾けました。今年がちょうど25周年目にあたるということでした。

 

Eyeball QSO

JA1NZD アマチュア無線大好きのアツデン鰍フ佐藤社長にばったりお会いして近況を伺いました。 

JA3FA アイコム鰍フ井上社長と一緒にカメラに収まったJA1FUY(右)

JA1PK 阿部さん 86歳の高齢ながらますますお元気のご様子!

JA3USA 島本さん DXフォーラムにやってきました。IC-7800のレポートに備えてアンテナを取り替えました。

JJ1HKS 元JARL神奈川県支部長の川島さん。7月の北海道ドライブを終えてますますお元気です。

JA1RPK MH誌上で活躍された川名さん。現在はCQで健筆を振るっておられる。左はJF1GUQ日置さん

 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2004.08.23
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001