アマチュア無線フェスティバル
 

  August 25-26, 2007 Tokyo Bigsite

 
     
 

■31回目を迎えたハムの祭典

猛暑が続く8月25日(土)、朝からぐんぐん気温が上昇し35℃を超えると予想される中、アマチュア無線の愛好家が全国各地から集まってきました。ゆりかもめの国際展示場正門を下りて徒歩3分、東京ビッグサイト西2ホールはすぐそこ。開会式は9時45分から、入場券を買う列と入場を待つ列がどんどん伸びました。JARL原会長(JA1AN)、JAIA井上会長(JA3FA)、IARU第3地域議長のVK3KIマイケル・オーエン氏 らによりテープカットが行われ、入場が始まりました。

今回のキャッチフレーズは「あなたも帰りはモールス仲間」ということで、モールス電信に関する展示や催事を実施しました。A1クラブのモールスの講演、印字機によるm-留守送信の腕試しなど。プロジェクトBIG-DISH運用報告として、8N1EMEの通信実験の計画から実施までを展示したイベントコーナー、メンバーによる運用報告が行われました。

会場はA〜Dの4つのブロックがあり、A−01〜17、B -01〜20、C001〜106、J-01〜44の計187小間の展示がありました。むだをそぎ落とした運営が目につくハムフェアではありますが、××協議会、××協会の閑散としたブースに工夫がほしいところ。

JASTA(日本アマチュアSSTV協会」のコーナーに立ち寄ったとき、ボードに「あなたも帰りにはSSTV仲間」というキャッチ・フレーズを見つけました。これは2007年のメイン・キャッチフレーズの「あなたも帰りはモールス仲間」の流用ということで、関係者の遊び心が見えておもしろかった。アマチュアの象徴ともいうべきモールス電信は廃れてほしくないし、愛好者の育成に懸命なのは分かるが、モードごとに愛好者が居るわけで、ひとつのモードだけにスポットライトを当てるのは、どうなんかなぁという思いがあり、アマチュア無線愛好者の減少が目立つ中、このままでいいはずがないという危機感もあります。


気になったのは、エスカレータをくだり西2ホールに入るあたりで、ハンドマイク&スピーカーを片手にチケット売り場等の案内をしている人がいるが、アレは騒音以外の何物でもない。昨年までは地声で同じ内容を繰り返し案内をしてうるさいと思っていたら、今年はハンドマイク&スピーカーの使用で余計に耳障りに感じた。 主催者側に再考を促したいひとつだ。記念局8J1AでサンプルQSLカードをもらいたいと申し出ると、「さっきまであったけど、いまはない」どこへ行けばもらえますかに、「分からない」という。本間さんの時代はこんなことはなかった。実行委員会のだれそれに言おうと思ったが、運営能力の低さにあきれて止めにした。


自作品コンテストでは、《既定部門》最優秀賞に低消費電力7MHzQRP CW
トランシーバー(JH2ECU)、優秀第一席・ワンパック1.9MHzCWトランシーバー(JA1SLR)、優秀第三席・7MHzQRPCWトランシーバー(JE1UCI)ほか、《自由部門》最優秀賞(総務大臣表彰)・6mQRPpAMポケットトランシーバー(JR8DAG)、優秀賞第一席・携帯用QRP Gunn ATVトランシーバー(JA1AKA)、優秀賞第二席・2.4Gz帯平面アレーアンテナ(JO1SSF)、優秀賞第三席・430MHzFM/AMトランシーバー(JG6DFK)ほかが入賞しました。

恒例の絵画コンクール に最優秀賞(総務大臣表彰)・五月女美由紀(17歳)が受賞しました。工作教室では、オリジナルモールス練習機(2,500円)、IC高感度ラジオ(1,800円)、ICぴかぴかペンダント(1,000円)、電波チェッカー(1,500円)が用意され、その場で半田ごてを使って親子で工作を楽しむ姿が見られました。

 
     
 
おもしろいもの見つけた!−JASTAブース−

来場者がノートパソコン を持参してきてOS/VISTA上でもMMSSTVが動くと 実証してくれるシーンもありました。写真はそのときのシーンです。TNX JA1XVY

SSTV用USBインターフェース 26日(日曜日)は、JA3WZT/1田辺さんがアイデアをくすぐるインターフェイスを持ってきてくれました。 真空管、LSI、シリコンTr、ゲルマTr等を使って 製作したものです。真空管の下に青色のLEDを 使って幻想的な雰囲気をかもしだしています。TNX JA1XVY
 
JA1BU 小野さん元気に復帰! −小野さんからのメール−
小野さんから写真と共にお元気なメールが寄せられました。TNX JA1BU、JA1JJV


『 28.640MHzの小野です。ご無沙汰しました。 昨年、天国入管では現世修行未了、地獄入管では悪行記録不備(どこかの大臣並みにコピーを使ったのでhi)で、いずれも入国拒否に遭い強制送還され、今年は現世を彷徨っています。

25日に健康講座を聴きに池袋に行った帰りに湘南急行なる列車に乗って大崎に直行し、りんかい線でハムフェア会場に行き、15時半から17時までうろついて来ました。 全くフラリと行ったのに、7名の旧28.640MHzモービルメンバーと会えました。JA1CVF岡田さん、JA1CWW鶴岡さん、JA1JJV小栗さん、JR1TKT久村さん、JN1CDD小森さん、JA4DUH貞広さん、exJA0PDW(現JA1になりましたがコールサイン失念))。

貞広さんはわざわざ徳山から来たそうですし、 皆さんやはり筋金入りのモノズキです。 貴兄(JA1FUY)が来て居られたとの話は聞きました。 タコヤキヤさん辺りから届いているかと思いますが、遅ればせながら証拠写真を提出します(足の先まで写っていないので証拠にならないかも知れませんね)。

技術の発達と世の趨勢で、自作無線機では免許はとれず、DXerもインターネットでSKD後に呼ぶ時代ですから、アマチュア無線もSKに近づいているのでしょうか。 近いうちにハムフェアは中国辺りで盛大に行われることになるのでしょうね。 それは構わないとして、タヌキ(JA1BU)の洞穴付近でも配線材料やつまみやミニジャックや豆球などちょっとした部品・材料が手に入らなくなって困っています。パーツ屋、日曜大工コーナー、電気屋が消えて行きます。通販で入手できても運賃・手数料の方が高くて。孫の夏休み教育もやりにくくなりましたね。

 
ACフィルター:Tokin製のデュアル・トロイダルコア使用・極太20アンペアコード 
Qubical Quadクラブのブースで見つけたACフィルター、リーズナブルな価格(3千円)が好ましい一品!
↓ACフィルターの特性 上のフィルターを買うと特性表が付いてきました。
de JA1FUY
 

QTC-JAPAN.COM 2007.08.26
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2000-2007